みとべのできるかな

共働きで子育てしながらインデックス投資してます。ほったらかし投資を目指すはずが脱線だらけ?

投資信託

2013年から始めたインデック投資信託の積立の成績や資産配分(アセットアロケーション)の話です。

【2019年3月のリスク資産と評価損益】経済のビッグタイトルと噂が多すぎて、布団被って寝ていたい

2019年初頭は株価の回復で始まり平和でした。しかし3月からこの先、世界経済は不穏な話がいっぱいです。 2019年1月30日の米連邦公開市場委員会(FRB)利上げ休止の示唆、2月28日の米朝首脳会談の不発、今後の中国経済の不透明、未定のブレグジット ビッグタ…

一括投資の勇気はなく、ブラック・クリスマスから2月まで毎日積立で買い増し増し

2018年はセリングクライマックスっぽい大胆な動きでクリスマスの25日にドドッと下げて、直近ではブラック・クリスマスが大底になりました。 償還した債券を全世界株式に投資 12月から毎日積立して時間分散 ついでにスポット買いもした ホールドして毎日積立…

あの日見たニッセイシリーズの信託報酬引下げをDCニッセイ外国株式ではまだ知らない。

半年以上前の話ですが、2018年6月29日に<購入・換金手数料なし>ニッセイ6ファンドの信託報酬の引下げが発表されました。 対象ファンドと変更後の信託報酬(年率、税抜) 2018年7月13日(金)からニッセイ新興国株式インデックスファンド:0.189%ニッセイ…

シンプルでストレスが少ない、ほったらかし投資には全世界株式の投資信託が丁度いい理由

この10年で、インデックス投資信託の信託報酬の引き下げが進んで、どんどん低コストになりました。 長期投資するのに良い環境になったと思います。 数年、インデックス投資を続ける中で、どんな理由で積み立てる投資信託を選んできたか、これからどのタイプ…

世界株安の中、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)へ投資信託の乗り換え。気分は大掃除

2018年から、国内、先進国、新興国のそれぞれの株式の投資信託を初めてバラ買いしました。 ご存じの通り、2018年はボラティリティが高く、相場は上下に動き、そして年末は株安がどんどん進んでいます。 そんな中、私は保有する投資信託の整理をしてました。 …

人生初の盛り上がり。楽天スーパーポイントで投資信託を買う(マイルからの交換では買えない)

楽天証券で楽天スーパーポイントで投資ができます。 1ポイント=1円として投資信託を買うことができます。 (他のポイントから交換した楽天スーパーポイントは対象外、期間限定ポイントは対象外) 私にとっては、まさにポイントのパラダイムシフト発生です…

【2019年1月の資産運用ルール】書いてまとめて、普段の生活では投資はあえて忘れたい

【2019年1月更新】 インデックス投資をして5年目、ようやく資産運用の方針が定まってきました。 これからも、世界に分散するインデックス投資信託をバイ&ホールドすることで、資産運用を続けようと思います。 現在の、我が家の資産運用ルールをまとめてみ…

投資信託ポイントに釣られて楽天カードに再入会、私のクレカは5枚で年会費1160円

社会人になって初めてのクレジットカードを申し込んで数日後、 職場に「みとべさんはお勤めですか?」と電話があって、事務から転送がきました。 在職確認が来るなんて知らなかったのでビックリしました。 そこから何枚かクレジットカードを作りましたが、職…

【2018年11月の評価損益】複数の証券口座を合わせて、影の脇役である評価損益(%)を計算してみた

2013年の秋ぐらいからインデックス投資を始めました。 今は2018年の秋なので、丸5年投資を続けて、ようやくリスク資産(ほぼ株式)が増えてきました。 ブログに評価損益(%)を記録しよう マネックスの資産管理ツールで地域別の投資割合はわかる マネック…

【2018年11月の資産配分】10月末から11月上旬に追加投資。目標アセアロのしっぽが見えてきた

資産配分の確認は毎年5月と11月にやってます。 全体のリバランスは1年に1回、5月にする予定。 11月は大きなずれがないか、資産配分(アセットアロケーション)をチェックする月です。 2018年10月末から11月上旬に追加投資 10月の下旬に大き目の調整があっ…

これからはブログの資産配分と損益は割合を主役に。最大損失の金額はしっかり把握する

このブログは自分の資産運用の記録をつけて、振り返りに使ったり、今後の方針を決めるのに役立っています。 去年の記事を読み返してみると、あ、今考えてること、前にも一回悩んでる、と発見することがあります。 過去にこんな事あったっけ?と自分の事にな…

【久しぶりに含み損に突入】インデックス投資での評価額の損益はそんなに気にならない

2018年の10月後半は、今年3回目?ぐらいの大きな相場の下落が起こっています。 投資のメイン口座、SBI証券のトータル・リターンが0.55%になって、あっと言う間に総合計が含み損=マイナスに突入しました。 2016年3月以来、久しぶりの総合計の含み損です。 久…

【2019年のつみたてNISAの投資方針】老後まで取っておく投資の一番美味しいところ

つみたてNISAは2018年にスタートしました。 NISAって何かと言うと少額投資非課税制度です。 つみたてNISAの押しポイントは 普通の人が=専門のくわしい知識がなくても 少額から=100円からOK、お金持ちじゃなくてもできるよ 長期の資産運用をして=分散して…

【SBIポイントサイトの新規会員登録】投信マイレージで貯めたSBIポイントの有効期限は毎年1月

SBI証券では、ほとんどの投資信託で、その保有額に応じた投信マイレージのSBIポイントが付きます。 買付金額じゃなくて、保有している投資信託についてポイントが付与されます。 SBIポイントってこんな感じ↓ 信託報酬が0.3%を超える普通コストの投資信託は、…

SBI証券の投信マイレージのポイント付与率は0.2%から0.03%の間、毎月ほぼ15日に付与、有効期限はピッタリ3年じゃないよ

2017年2月1日からSBI証券の投信マイレージサービスがパワーアップしました。 投資信託を買うと、ほとんどの投資信託で、その保有額に応じた投信マイレージのSBIポイントが付きます。 積み立てる金額や毎月の買付金額じゃないです、保有している投信について…

【つみたてNISAで変則のスポット購入】買付余力不足に注意、年に2回は証券口座をチェックしよう

つみたてNISAがスタートして1年の半分以上が過ぎました。 つみたてNISAは年間40万円まで非課税で投資できます。40万円の投資可能枠は余っても、翌年には繰り越せません。 SBI証券で投資信託の買付取引履歴を見ていたら、なんと、5月は買付余力不足で、つみ…

2018年7月の投資信託のポートフォリオと保有コスト おしゃれランチ2回分ぐらい

2013年からインデックス投資で投資信託を買っています。 だいぶ金額も増えてきたので、どんな投資信託をどれぐらい買っているか=ポートフォリオ、と、信託報酬や予測される実質コストから保有コストを確認しようと思います。 2018年7月の投資信託のポートフ…

資産全体に対する株式のリスク資産の割合を見直す、積立投資を再開しました

2018年の6月から7月の頭にかけて、国内、先進国、新興国の株価は下落しており、とくに国内と新興国の下げが目立っています。 株式クラスの割合を増やしてから1か月、どれぐらい不安になるのかな?と思っていましたが、保有資産については特に不安に思うこと…

海外ETFの定期買付の設定方法(毎週、毎月、数か月おきの買付)、VTの最低買付金額は?

2018年3月10日からSBI証券で米国株式・ETF(上場投資信託)の定期買付サービスがスタートしました。 海外ETFが自動で積立できるようになって、買付がとても簡単になりました。 初めて、海外ETFのVT(バンガード・トータル・ワールド・ストック)を買ってみよ…

【国内ETFの手数料が無料】楽天証券の手数料0円ETF、カブコムのフリーETF、10万円以下ならSBI証券など

【2019年4月追記】 ETF(上場投資信託) のうち、国内ETFは手数料無料で取引できるサービスが多くなってとても嬉しいです。 ETFは市場が開いている時間に、個別株式のように指値、成行などの条件を付けてリアルタイムで取引ができます。 国内ETFは日本国内の証…

【2018年5月の資産配分】予期せぬことが起こった反動で、大きな投資方針が決まる

5月はソーシャルレンディングで貸し倒れ(の可能性)にショックを受けました。 何やってるんだろうと嫌になり、自分ができる合理的な投資をしよう!!と、あらためて投資方針を見直しました。 www.mitove2.com 資産の洗い出しをして、リスク資産の割合をどう…

ニッセイ外国株式インデックスをiDeCo(個人型確定拠出年金)で6ヶ月運用してみた損益

【2018年10月14日追記】 2017年に、夫の職場で個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)の説明があり、夫がiDeCoに興味を持ったのがキッカケで、私(妻)もiDeCoを始めました。 個人年金の初めの一歩、iDeCoの宝箱で夢を貯めよう - みとべのできるかな iDeCoでは…

2018年4月上旬までの特定口座の複数日積立と毎日積立&NISA口座の毎月積立と一括投資

2018年もあっという間に4分の1がすぎた。 SBI証券で、国内、先進国、新興国の株式クラス100%の投資信託を積み立てている。 積み立てる方法が色々選べるので、いろいろ試している。 特定口座で複数日の積立、毎日買う積立。 自分(妻)のつみたてNISA口座で…

【個人年金その6】個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金を年単位の拠出に変えて、年2回にしてみた

【2018年10月14日追記】 2017年10月からSBI証券でiDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)を始めました。 1か月の掛金は上限の1万2千円を毎月、拠出しています。ニッセイ 外国株式インデックスファンドを100%で積み立てしてます。 前回は、iDeCo口座が開設され…

5年後の2022年には保有資産の半分を株式クラスに投資したい

10年後は長すぎる、5年後の2022年を目指したい 2018年からの我が家の積立投資は年間で200万円を計画しています。さらに私のiDeCoで拠出する年間14万4千円もあります。 全額、100%株式クラスの予定。 この積立を10年続ければ、保有資産の半分を株式クラスに…

【無料で簡単で自動】家族の複数の口座やリスク資産をマネックス証券のMONEX ONEで一括管理

投資をしていると家族の人数分、管理する銀行や証券口座が増えます。 夫婦それぞれの課税口座、つみたてNISA、iDeCo、子どもの未成年口座やジュニアNISAなど。 どの証券口座にいくらの株式や投資信託のリスク資産を持っているか、個人や世帯としていくらの金…

つみたてNISAのメリットは「投資への心理的ハードルを下げられる」こと

2017年までの積み立て投資の振り返り 年間120万円が非課税になる一般NISAで、世界経済インデックスファンド(株式vs債券:1vs1)5万円、ニッセイ日経平均インデックスファンド1万円、ニッセイ外国債券インデックスファンド1万円を積立してました。 一般…

【初めての投資⑤】つみたてNISAの反則技?スポット購入で40万円を一括投資してみる

つみたてNISAを始めるために、夫名義の証券口座を開設して資金を入金しました。 www.mitove2.com 積み立てるファンドは全世界株式クラス 年間の上限額40万で、夫のつみたてNISAで積み立てるファンドは、「EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド…

【初めての投資④】妻から夫の別名義の証券口座に直接、振込みは不可、返金の組戻は有料

つみたてNISAを始めるために、夫名義の証券口座を新しく開設しました。 www.mitove2.com 必ず証券口座と振込依頼人の名義は同一で Web申し込みから6週間ぐらいで、夫のつみたてNISAの口座が開設されました。 年間上限の積立金額、40万円の費用は、世帯の貯金…

【初めての投資③】つみたてNISAの口座開設まで6週間、ハイブリッド預金の設定

つみたてNISAを始めようと、夫のSBI証券口座をWeb申し込みで開設しました。 この時点では取引はまだできません。 www.mitove2.com 本人限定受取郵便が届くと特定口座は使える Webでの口座開設後に、数日で「口座開設手続完了のご案内」の書類が本人限定受取…