みとべのできるかな

共働きで子育てしながらインデックス投資してます。ほったらかし投資を目指すはずが脱線だらけ?

投資信託

2013年から始めたインデック投資信託の積立の成績や資産配分(アセットアロケーション)の話です。

投信ブロガーが選ぶ!ファンドオブイヤー2019に投票しました

ファンドオブイヤー 2019年も11月に入って残り2か月、時間経つの早すぎて焦る。 投信ブロガーが選ぶ!ファンドオブイヤー2019に投票しました。2017年、2018年に続いて3回目の投票。 自称投信ブロガーです、よろしくです。 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Y…

【2019年11月の資産配分】丸6年でアセアロ完成、ゴールじゃないよスタートだよ

11月は資産配分=アセットアロケーションのチェックの月です。 もう1年終わるのか、どうなってるんだ、早い。 丸6年で株が50%に増えた 投資している商品 地域の比率は自動で調整 カウチポテトのパロディ ゴールじゃなくてスタート 丸6年で株が50%に増えた …

【アセアロ変更】新興国株式のオーバーウェイトから時価総額の全世界株式へチェンジ!

インデックス投資信託の中で全世界株式というタイプがあって、世界の時価総額の比率だと、国内、先進国、新興国の投資割合はだいたい8%、80%、12%です。(2019年時点) 私のアセットアロケーションは、全世界株式に加えて、新興国をオーバーウェイトしていま…

【一般NISAの損益まとめ】投資初心者がストレスの少ない投資で「足るを知る」を実感

日本版の少額投資非課税制度であるNISAが始まったのが2014年 日本初のNISAは、その後に出来たジュニアNISA、つみたてNISAと区別するために、一般NISAと呼ばれています。 私が初心者としてヨチヨチ投資をする中、NISAはありがたい存在でした。 このたび、2019…

【夫婦で対決】つみたてNISA、定額積立とタイミング投資、勝つのはどっち?

我が家はつみたてNISAを夫婦でやっています。1人40万円までなので、2人で80万円、1年間で投資できます。 私(妻)は毎月積立、定額をコツコツ投資、一方で、2018年、夫は40万円一括投資しました。 夫の分を忘れずに2019年も投資しなきゃ、と、たまに思い…

【2019年7月のリスク資産と評価損益】全世界株式の買い増しを再開、相場の動きにおかませ

2019年も後半に入りました。仕事がこれから変則的(平日夕方以降、土曜日出勤あり)になるので、戦々恐々です。 2019年は全世界株式を買い増して、株式の割合を増やしている途中です。 軽自動車の買い替え問題で、7月頭に買い増しを一旦ストップしましたが、…

【6月25日全世界株式の買い増しストップ】数年以内の大きな出費には現金をキープしたい

投資の資産配分を目標に向かって変えている途中で、2019年はずっと全世界株式を買い増し続けていました。 6月で資産配分(アセットアロケーション)のうち、株式の比率は40%とちょっとです。目標は50%。 しかし、現金が必要になるかもしれないので、全世界株…

【ピザロとアセロラ】複数の投資信託をまとめて資産配分と運用成績を分析できる便利ツール

複数の投資信託を積立しているけど、全部まとめた国内、先進国、新興国の投資比率がわからない。投資している全体のうち、米国投資の比率を知りたい。 自分の資産配分と金額で積立投資を続けたら、将来はどのぐらい儲かる可能性があるのか、元本割れはどれぐ…

【2019年5月の資産配分】全世界株式ずっと買い増し中、目標アセアロの背中が見えそう

5月です。資産配分=アセットアロケーションの年に1回の確認とリバランスのまとめの月です。ラッキーバンクで貸し倒れの連絡が来たのが去年の5月でした。あれから1年、あっという間すぎて(年を取るのが)怖い。 資産配分の大切な2つの役割 資産運用に…

【2019年3月のリスク資産と評価損益】経済のビッグタイトルと噂が多すぎて、布団被って寝ていたい

2019年初頭は株価の回復で始まり平和でした。しかし3月からこの先、世界経済は不穏な話がいっぱいです。 2019年1月30日の米連邦公開市場委員会(FRB)利上げ休止の示唆、2月28日の米朝首脳会談の不発、今後の中国経済の不透明、未定のブレグジット ビッグタ…

一括投資の勇気はなく、ブラック・クリスマスから2月まで毎日積立で買い増し増し

2018年はセリングクライマックスっぽい大胆な動きでクリスマスの25日にドドッと下げて、直近ではブラック・クリスマスが大底になりました。 償還した債券を全世界株式に投資 12月から毎日積立して時間分散 ついでにスポット買いもした ホールドして毎日積立…

ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズの信託報酬率の引き下げから4ヶ月、DCニッセイシリーズも引き下げ

【2019年6月更新】 ニッセイ外国株式インデックスファンドは、日本を除く主要先進国の株式に投資する人気の投資信託です。2013年に設定され(スタート)、MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動します。 ニッセイ外国株式インデックス…

シンプルでストレスが少ない、ほったらかし投資には全世界株式の投資信託が丁度いい理由

この10年で、インデックス投資信託の信託報酬の引き下げが進んで、どんどん低コストになりました。 長期投資するのに良い環境になったと思います。 数年、インデックス投資を続ける中で、どんな理由で積み立てる投資信託を選んできたか、これからどのタイプ…

世界株安の中、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)へ投資信託の乗り換え。気分は大掃除

2018年から、国内、先進国、新興国のそれぞれの株式の投資信託を初めてバラ買いしました。 ご存じの通り、2018年はボラティリティが高く、相場は上下に動き、そして年末は株安がどんどん進んでいます。 そんな中、私は保有する投資信託の整理をしてました。 …

人生初の盛り上がり。楽天スーパーポイントで投資信託を買う(マイルからの交換では買えない)

【2019年9月更新】 楽天証券では、楽天スーパーポイントで投資ができます。 1ポイント=1円として投資信託を買うことができます。(2019年10月28日から国内株も買えます) ただし、他のポイント(マイル等)から交換した楽天スーパーポイントは対象外(投…

【2019年1月の資産運用ルール】書いてまとめて、普段の生活で投資はあえて忘れたい

【2019年1月更新】 インデックス投資をして5年目、ようやく資産運用の方針が定まってきました。 これからも、世界に分散するインデックス投資信託をバイ&ホールドすることで、資産運用を続けようと思います。 現在の、我が家の資産運用ルールをまとめてみ…

投資信託ポイントに釣られて楽天カードに再入会、私のクレカは5枚で年会費1160円

社会人になって初めてのクレジットカードを申し込んで数日後、 職場に「みとべさんはお勤めですか?」と電話があって、事務から転送がきました。 在職確認が来るなんて知らなかったのでビックリしました。 そこから何枚かクレジットカードを作りましたが、職…

【2018年11月の評価損益】複数の証券口座を合わせて、評価損益(%)を計算

2013年の秋ぐらいからインデックス投資を始めました。 今は2018年の秋なので、丸5年投資を続けて、ようやくリスク資産(ほぼ株式)が増えてきました。 ブログに評価損益(%)を記録しよう マネックスの資産管理ツールで地域別の投資割合はわかる マネック…

【2018年11月の資産配分】10月末から11月上旬に追加投資。目標アセアロのしっぽが見えてきた

資産配分の確認は毎年5月と11月にやってます。 全体のリバランスは1年に1回、5月にする予定。 11月は大きなずれがないか、資産配分(アセットアロケーション)をチェックする月です。 2018年10月末から11月上旬に追加投資 10月の下旬に大き目の調整があっ…

これからはブログの資産配分と損益は割合を主役に。最大損失の金額はしっかり把握する

このブログは自分の資産運用の記録をつけて、振り返りに使ったり、今後の方針を決めるのに役立っています。 去年の記事を読み返してみると、あ、今考えてること、前にも一回悩んでる、と発見することがあります。 過去にこんな事あったっけ?と自分の事にな…

【久しぶりに含み損に突入】インデックス投資での評価額の損益はそんなに気にならない

2018年の10月後半は、今年3回目?ぐらいの大きな相場の下落が起こっています。 投資のメイン口座、SBI証券のトータル・リターンが0.55%になって、あっと言う間に総合計が含み損=マイナスに突入しました。 2016年3月以来、久しぶりの総合計の含み損です。 久…

【2019年のつみたてNISAの投資方針】老後まで取っておく投資の一番美味しいところ

つみたてNISAは2018年にスタートしました。 NISAって何かと言うと少額投資非課税制度です。 つみたてNISAの押しポイントは 普通の人が=専門のくわしい知識がなくても 少額から=100円からOK、お金持ちじゃなくてもできるよ 長期の資産運用をして=低コスト…

【SBIポイントサイトの新規会員登録】投信マイレージポイントの有効期限は毎年1月

SBI証券では、ほとんどの投資信託で、その保有額に応じた投信マイレージのポイントが付きます。 買付金額じゃなくて、保有している投資信託についてポイントが付与されます。 こんな感じ↓ 信託報酬が0.3%を超える普通コストの投資信託は、SBIポイントの付与…

SBI証券の投信マイレージポイント付与率、毎月ほぼ15日に付与、有効期限はピッタリ3年じゃないよ

【2019年9月更新】 2019年9月からSBI証券の投信マイレージサービスで貰えるポイントが、SBIポイントからTポイントに変わりました。 SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA 投資信託を買うと、ほとんどの投資信託で、その保有額に応じた投信マイレー…

【つみたてNISAで変則のスポット購入】買付余力不足に注意、年に2回は証券口座をチェックしよう

【2019年8月更新】 つみたてNISAがスタートして1年の半分以上が過ぎました。 つみたてNISAは年間40万円まで非課税で投資できます。40万円の投資可能枠は余っても、翌年には繰り越せません。 SBI証券で投資信託の買付取引履歴を見ていたら、なんと、5月は買…

2018年7月の投資信託のポートフォリオと保有コスト おしゃれランチ2回分ぐらい

2013年からインデックス投資で投資信託を買っています。 だいぶ金額も増えてきたので、どんな投資信託をどれぐらい買っているか=ポートフォリオ、と、信託報酬や予測される実質コストから保有コストを確認しようと思います。 2018年7月の投資信託のポートフ…

資産全体に対する株式のリスク資産の割合を見直す、積立投資を再開しました

2018年の6月から7月の頭にかけて、国内、先進国、新興国の株価は下落しており、とくに国内と新興国の下げが目立っています。 株式クラスの割合を増やしてから1か月、どれぐらい不安になるのかな?と思っていましたが、保有資産については特に不安に思うこと…

【SBI証券】海外ETFの定期買付の設定方法。米国株の取引手数料は約定代金の0.45%以下

【2019年7月更新】 2018年3月10日からSBI証券で米国株式・ETF(上場投資信託)の定期買付サービスがスタートしました。 海外ETFが自動で積立できるようになって、買付がとても簡単になりました。 初めて、海外ETFのVT(バンガード・トータル・ワールド・スト…

【国内ETFの手数料が無料】楽天証券の手数料0円ETF、カブコムのフリーETF、10万円以下ならSBI証券など

【2019年4月追記】 ETF(上場投資信託) のうち、国内ETFは手数料無料で取引できるサービスが多くなってとても嬉しいです。 ETFは市場が開いている時間に、個別株式のように指値、成行などの条件を付けてリアルタイムで取引ができます。 国内ETFは日本国内の証…

【2018年5月の資産配分】予期せぬことが起こった反動で、大きな投資方針が決まる

5月はソーシャルレンディングで貸し倒れ(の可能性)にショックを受けました。 何やってるんだろうと嫌になり、自分ができる合理的な投資をしよう!!と、あらためて投資方針を見直しました。 www.mitove2.com 資産の洗い出しをして、リスク資産の割合をどう…