みとべのできるかな

リーマンショックで冬眠するも復活。共働きでインデックス投資(株も)を続けてます。最近は子供たちの教育と自分のスキルアップに悩んでます。

投資のコラム

投資について悩んだことや考えたこと、たまに勉強したことの記事です。主力のインデックス投資ネタが多め。

【生活防衛資金を中止】シンプルな資産運用をしたい

生活防衛資金は、投資には使わず、資産配分(アセットアロケーションに)に含めず、追加の待機資金とは別に現金でキープしてました。 生活防衛資金は、相場の暴落でも、不況で失業や災害で無職になっても、平気でいられるように、生活費の約2年分を現金でも…

【復活オメ!!】試行錯誤しても完璧な投資じゃなくても大丈夫

本とかネットで「株の期待リターンは20年以上でならすと、だいたい1年で5%増える、でも予測は難しい」って感じの話やシミュレーションを見るんですが、じゃあ実際やってみたらどうなの?という所が気になります。 この実際やってみた系で10年以上、追いか…

【日本経済新聞のWEB記事】国内の二番底は2020年の年末かも?

日本経済新聞の電子版は、無料会員になると毎月数本の有料記事が読めちゃいます。 コロナショック後の国内の二番底ネタが面白かったのでメモします。 ネタは3つ入り 短期派も長期派も参戦 底割れ(二番底)の確率 個人的な感想 ネタは3つ入り 「出るか「優…

MSCIコクサイのアメリカが70%に到達、もう米国投資だけでいいかの個人的な考え

先進国株式(日本の除く)のMSCIコクサイ指数のうち、アメリカが70%になりました。 MSCIコクサイ指数に占める米国の比率がはじめて70%を超えました | 投資信託クリニック 全世界株の時価総額平均だと日本、先進国、新興国がおおよそ1vs8vs1なので、アメ…

米国生まれ、カナダ育ちのカウチポテト投資(Couch-potato portfolio)

カウチポテト投資は株50%と債券50%の割合で投資する方法で、ブログでもちらほら見かけます。私もカウチポテトやってますので、米国生まれでカナダや日本に広まったカウチポテト投資(Couch-potato portfolio)をおさらいしました。 カウチポテトは愛称 米国で…

【インデックス投資のイメージ】経済成長っぽいものを追いかけて

同じ投資をしていても、人によって自分がやってる投資のイメージは違うもんだなと思うことがあります。インデックス投資7年生の私が持っているイメージを書いてみました。 経済成長っぽいものを追いかけて 初めのころに「国際分散投資で世界の経済成長に投…

【投資をする妻の不安】ゆるく長期投資を続けると夫ものんびり付いてくる

10年以上前から投資ブログを読んでまして、夫婦のうち、夫が主に投資するパターンが圧倒的に多かったです。今は奥さん側が投資に積極的な家庭も増えたと思います。 私はお金に詳しくなかったので、投資を始めたころは不安が大きかったです。これでいいのかな…

【良いお年を】私にとって投資とは何か

お金への興味や将来の不安から、投資を初めて10年以上経ちました。 初めての投資は外貨預金で、手数料のバカ高さ、為替リスクの怖さを味わいました。 数年前からはインデックス投資に落ち着き、丸6年で余裕資金の半分を全世界株式に投資するところまで来ま…

【SBI証券】Tポイントサービスに申込まないと、ポイントもらえないよ(Tカード番号はなくてもいい)

SBI証券ではSBIポイントが終了して、Tポイントになります。 これからもポイントをもらうべく、SBI証券のTポイントサービスに申込みしました。2020年1月31日までに自分で申込みましょう、自動で移行しないので注意。 私はすっかり忘れました。 そして、Tカー…

TSUTAYAでレンタルしてTポイントカード作ったけど、レンタルしなくても作れたらしい

SBI証券のSBIポイントが2019年の12月で終わって、2020年1月からはTポイントサービスの申込みをしないと、新しいポイントがもらえません。(それまで付与されたポイントは使える) さっそく、SBI証券でTポイントサービスの申込みをしました。 Tポイントサービ…

投資に使うかもしれない or 使わないお金の線引きはリスクコントロールに重要

投資しない人も、貯金や定期預金は身近だと思います。 投資するようになると、現金や定期預金まで、投資に使うかもしれない or 使わない資産に分けるようになりました。 投資に使うかもしれないお金は資産配分(アセットアロケーション)に入れます。 投資に…

投資を初めて数年は、最大損失額が1年間の貯金額を超えないようにするのがお勧め

リスクコントロールは投資の肝、その基準になるのが個人のリスク許容度。 どれぐらい損をしても大丈夫なのか?資産が溶けても冷静でいられるか、 2013年から2019年まで投資を続けてみた私の感覚をまとめてみました。 投資を初めて数年は1年間の貯金額が目安…

楽天証券「令和元年の株式市場見通し-不確実性と向き合う傾向と対策」手の中の鳥理論と2050年の王者インド

楽天証券の「令和元年の株式市場見通し-不確実性と向き合う傾向と対策」が面白かったので紹介します。 名証IRエキスポ2019のセミナーで、分散投資とETFの活用を説明するものだと思いますが、その辺は割愛します。(そもそもエキスポにもセミナーにも不参加)…

中途半端なイメージや知識不足のままで配当再投資は止めた方がいい

配当再投資は有名な投資法です。 株やETFを買って配当を貰って、その配当で株やETFを買い増してさらに配当を貰うという流れで配当の再投資を続けます。そうすると複利の効果で雪だるま式に年間配当金額が増えます。 投資先が高配当や連続増配で配当重視だと…

投資を始めたい人におススメの記事や資料をご紹介

私が投資を始めたいと思った時、個人で実際に投資をされているブログを主に参考にしました。 ネットを検索して、たくさんのブログや記事から必要な情報を見つけるのはとても大変でした。 色々記事を読む中で、これは資産形成や投資を始める時に出会いたかっ…

投資信託の積立投資を体感した気持ち、期待しすぎないでバイ&ホールドを続けたい

2013年、2014年のインデックス投資信託の積立を始めたばかりの頃は、よくわからなかったので諦めた感じで期待もしていませんでした。その後の相場の回復を体験して相場の上がり下がりのサイクルを体感。そんなに期待せずにのんびりホールドすれば、そんなに…

2009年から2019年まで運用、繰上償還された日本株ロボット運用投信のカブロボ君達から学ぶこと

2009年に運用が始まった国内の古参のロボット運用投信、日本株ロボット運用投信が2019年3月13日に繰上償還となっていたことを知りました。 (繰上償還:予定されていた信託期間が終了する前に、投資信託の運用が終了してしまうこと) longinv.blog103.fc2.co…

【インデックス投資だけならいつまでも初心者?】投資初心者の弱点は経験が浅いことじゃない

投資初心者って誰なのか? 投資をしたことがない未経験者は「投資の素人」に分類するならば、よく目にする「投資初心者」って誰のことか、「インデックス投資だけしていたらいつまでも投資初心者」って本当なのか、私がイメージする投資初心者についてまとめ…

【投資でもWin-Winが大切】人付き合いが苦手でコミュ力も低いけど、インデックス投資なら何とかなる

投資でもコミュニケーション能力は最強だけど、コミュ力低くて人付き合いが苦手(私です)でもインデックス投資なら何とかなると思った話です。 コミュ力と行動力は投資にも有利 人気ブログ「たぱそうの米国株投資」のたぱぞうさんの記事を読んで、自分の知…

投資も節約も飽きてきたけど、親切な世界中の人が勝手に利益をくれるから問題なし

仕事が嫌になって投資に気持ちが向くようになってからの数年間、私にしてはかなり投資のことを考えたなと思います。 2018年は年間を通して相場の上げ下げがあり、インデックス投資や資産運用の方針を整理したり、よくやったなと思います。 インデックス(指…

投資の本【インデックス投資は勝者のゲーム】投資リターンと投機リターンの合計が株式のトータルリターン

投資信託会社バンガード・グループの創業者兼元会長であり、ボーグル・ファイナンシャル・リサーチ・センターの会長、ジョン・C・ボーグル(John C. Bogle)が書いた「インデックス投資は勝者のゲーム」を読みました。 『マネーと常識~投資信託で勝ち残る道』…

長期投資で経済成長に期待するのは間違い?それでも経済成長に期待する楽天家でいたいと思う

インデックス投資を長期間、20年以上は続けることで世界経済の成長に乗っかろう、と、思っていたところ、「長期投資は経済成長に期待するのは間違い」という記事を見つけて、あれ?何か間違ってたのかしらと、考えてみました。 media.rakuten-sec.net 投資家…

【良いお年を】2018年は家族が増えて、貸し倒れに遭遇して、楽天ポイント投資に盛り上がりました

ブログは、私が忘れっぽいので、ブログに投資で悩んだことや、投資の方針を記録すると、後で確認するのに役立っています。 そして、自分が書いた文章が読んでもらえるのが、ブログは楽しいです。 個人ブログを読むのも好きで、日常では出会うことがない職種…

初心者はフロー(収入)の一部から初めて、ストック(貯金)を投資するのは慣れてから

資産運用をしていると、貯金や貯蓄、つまり蓄えている資産のことを「ストック」呼びます。「ストック」と対になる言葉は「フロー」です。フローは収入などの新しく入ってきたり、使って支出する資金のことです。 ストックは手元に留まっているお金 フローは…

投信ブロガーが選ぶ!ファンドオブイヤー2018に投票しました

ファンドオブイヤー 2017年に続いて2回目、投信ブロガーが選ぶ!ファンドオブイヤーに投票しました。 自称投信ブロガーです、よろしくです。 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018 投票の手順と入力の流れ 2018年9月30日までに投信ブログを開設 自分の…

インデックス投資だけでも立派な投資家、投資が怖い人の下落相場のやり過ごし方

インデックス投資だけだと経験や知識が得られないわけでもなく、インデックス投資だけでも全然オッケー、立派な投資家だと思います。 投資が怖い慎重派の自分に、過去の失敗をふまえて、下落相場のやり過ごし方を書いてみました。 インデックス投資だけでも…

【生活防衛資金はいくら必要?】人生経験からの意気込みで決定

数年前から投資信託や株で投資をしています。 相場に翻弄されて不安になる投資ライフで、心の安心と生活の安全のお守り的な役割をしてくれるのが「生活防衛資金」です。 生活防衛資金は、投資には使わない資金で、本当にイザという非常事態までは、触らずに…

投資の本【マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール】識別のある直観を感じろ。スイス流お金儲けの指南書

「マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール」マックス・ギュンター著をKindle版で読みました。 「公理」だから経済と投資の関連とか、市場法則とかの理屈の本かと思いきや、読んでみた感想は、スイス流お金儲けの指南書でした。 目次 過去の結果は同…

【投資歴の簡単な紹介】初心者が自分に合う投資を見つける方法

私の育った環境では、親や周囲の人には投資のトの字もなく、知り合いに投資を教えてもらう機会もありませんでした。 まさに初心者、知識ゼロ、経験ゼロ、そもそも資産運用、投資、投機、の違いもわけわからん。 興味だけで始まった私の投資ライフは、投資力…

投資信託とベンチマークの乖離率、FTSEグローバルに連動するVTとMSCIオールのトータル・リターンを比べる

【2020年2月更新】 インデックス投資では、市場の経済指標である指数(インデックス)を運用の目安とします。 インデックスとは|金融経済用語集 「ベンチマーク」は投資信託が運用の目安にする指数のことです。 インデックス投資では投資信託がベンチマーク…