みとべのできるかな

インデックス投資(株も)やってます。

【FIREの記事】手取りの半分を貯めると40代でリタイアできるかも

山崎元先生のFIREの記事が面白かったです。FIRE(Financial Independence, Retire Early)=経済的自立と早期退職ってことで、FIREなんて気にしてない人も、読んでみたら面白いと思います。

面白くて稼げる仕事は目指さない

いきなりですが、共感できない点について「面白くて稼げる仕事をしよう」という意見です。

「FIREに憧れる投資家がいると聞いたときに、率直に思ったのは、「そんなに仕事がつまらないのでは、大変だろうな」ということだった。

~面白いと感じられる仕事ができていて、十分稼げるなら、急いでリタイアする理由は無い。~

media.rakuten-sec.net

そもそも、「面白くて稼げる仕事を選んで、続ける」って皆がそうなりたいわけじゃないのと、簡単にできることじゃないから、FIREの希望があるわけで。

感覚のずれがありそう。上位の能力高い系の人が「やりがいがあって面白い仕事」って思っても、他の一般人からしたら「技術も責任も処理量も多いつらい仕事」になっちゃうみたいな。

20年以上は働いて、凡庸な自分が平均年収以上を稼ぎ続けてみた感想は、社会的に必要だから発生するけど、つまらなさそうな仕事って意外とお金になるってことです。

面白そうな仕事は競争相手も多いので、稼ぐには作戦と能力が必要です。例えば、自分が他の人より抜きんでるか、安くてもいいからたくさんやるとか。ライバルが多いところは避けて、つまらなそうな仕事からお金になるものを選ぶと、無理しすぎず稼げて凡庸な自分にはしっくりきます

個人的な感想では「(識者や能力高い系の人がよく言う)みんな、面白くて稼げる仕事を目指そうよ」という意見には賛成できない。凡人がそれを目指すと、結局は稼げない、脱落する人の方が多くなるということです。

凡人がFIREしたいなら、悠長に面白さを目指してる場合ではない。

f:id:mitove2:20190315053136p:plain

数字がわかりやすい

論点4からのFIREについての貯蓄と投資期間の説明が具体的で、問題点もわかりやすいです。

具体的な金額で考えると、手取り所得が500万円で、生活費が250万円で、毎年250万円を投資に回すと、18年で6,250万円を超え、6,250万円の4%は250万円なので、「生活費250万円相当のFIRE」が達成される。

 

  • 手取りの半分を貯金して年4%で投資で増やすと40代でFIREできるかもしれない
  • 手取りの2割で貯金と投資だと、人的資本の成長にお金もかけられるし、60代で資産ができて老後が安心、バランス良いかも

数字と情報がまとまっていてスッキリしました。なるほど、私は手取りの半分は貯金をずっと意識してきたから、40代で資産が大きくなったんですね。

共感できない記事も好き

記事もブログも「そうだよね~わかる~」って共感できる内容はスラスラ読めて楽しいです。

でも、個人的には共感できない記事もブログも好きです。自分の感覚との違いなのか、考え方か、経験の違いか。共感できない時に何が引っかかったのか、立ち止まって考えると楽しいです。

2年後には現職を退職予定なので、経済的自立ってすごい興味があります。仕事辞めたら子ども達の習い事の月謝とかどうしよう(汗)。

論点と数字がわかりやすい記事で、FIREを目指す人も目指してない人にも面白いと思います。お勧めです。

「FIRE」について考える7つの論点 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア