みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、わくわく英語を学んで、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

iDeCo(イデコ)

個人型確定抽出年金のニックネーム。2017年から夫婦ともにスタート。

投資の本【世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました】普通の人が実践できる投資のコツがいっぱい

インデックス投資でも投資ブロガーとしても大先輩のNightWalker(ナイトウォーカー)さんが本を出版された。 タイトルは 「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」、表紙は白地にイラストが描かれたシンプルなデザインで、投資本の「ギラ…

【iDeCo半年の損益】初回抽出が9月までなら年末調整に間に合うので確定申告が不要

2017年に、夫の職場で個人型確定抽出年金(iDeCo:イデコ)の説明があり、夫がiDeCoに興味を持ったのがキッカケで、私(妻)もiDeCoを始めた。 個人年金の初めの一歩、iDeCoの宝箱で夢を貯めよう - みとべのできるかな iDeCoでは、抽出された掛金が、その年…

投資信託の信託報酬と隠れた実質コストは長期投資に重要

現物の株は売買に手数料を払うが、保有するのは無料でコストゼロ。 反対に、インデックス投資信託は買う時の手数料=販売手数料はほとんどがゼロ(ノーロード)だけど、保有している間は手数料を払う。それが信託報酬。 投資信託の信託報酬はどんどん低コス…

【個人年金その6】iDeCoの年単位抽出は希望する抽出月を電話口でいきなり聞かれる

2017年10月からSBI証券でiDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)を始めた。1か月の掛金は上限の1万2千円を毎月、抽出している。 2018年1月からiDeCoの掛金を年単位で抽出できるようになった。 メリットは、抽出に毎月かかる国民年金基金連合会手数料103円が、…

【個人年金その5】iDeCo口座にログインして初期設定と掛金の配分割合を決める

2017年10月に年金基金からiDeCo(個人型確定抽出年金)に加入できたよ#の書類が届いた。 数日遅れてSBI証券からiDeCoのIDとパスワードのハガキも届いた。 初期設定のためにSBI証券のiDeCo口座を押すと、SBIベネフィット・システムズの加入者サイトへのログイ…

【個人年金その4】5ヶ月かかってiDeCoに加入、次は夫に投資レクチャーか?!

iDeCoとNISAを合せてイーサの住人になる 2017年5月にiDeCoに入ろうと決めて、7月にSBI証券へ申し込み書類を発送したが、不備で返送され、8月に再度送付。 10月になって、国民年金機構から個人型年金掛金引落のお知らせが郵送された。 iDeCoのIDやパスワード…

個人年金その3、個人払込はiDeCo掛金を給料天引きにできない

iDeCoをどこの証券会社でするか 今のところは、確定抽出年金用の証券口座は、iDeCoの運営管理手数料が無料なSBI証券か楽天証券のどっちか選べばいいと思う。 自分は楽天グループのファンじゃないし、もとからSBI証券がメイン口座&NISAなので、SBI証券から申…

個人年金その2、iDeCoの手数料はゼロじゃないし専業主婦にはおススメしない

2017年から誰でも加入できるようなったiDeCo(個人型確定拠出年金)。 だけど実際には、仕事の収入が続くか?、60歳までに使うお金の準備はできているか?、など、いくつかポイントがあり、誰でも入ればいいと言うわけじゃない。 特に、女子は結婚・出産・子…

個人年金の初めの一歩、iDeCoの宝箱で夢を貯めよう

我が家はギリギリ30代のアラフォー夫婦で、夫は正社員だが退職金がほとんどない。 今の会社で定年まで勤めるはずなので、個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入してほしいと思っていた。 2017年から制度が変わったせいか、夫の会社でも企業型の確定拠出年金(DC…