みとべのできるかな

リーマンショックで冬眠するも復活。共働きでインデックス投資(株も)を続けてます。最近は子供たちの教育と自分のスキルアップに悩んでます。

【個人年金その8】iDeCoで2年お付き合いしたDCニッセイ外国株とお別れが近い

2017年11月から個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)を始めました。2年2か月たってどうなったでしょうか

イデコはDCニッセイ外国株

イデコではずっとDCニッセイの外国株式インデックスに投資してます。DCは確定拠出年金専用の投資信託です。ニッセイ外国株式とは中身は同じなんだけど、信託報酬も違うので、別の投資信託扱いです。

ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズの信託報酬率の引き下げから4ヶ月、DCニッセイシリーズも引き下げ - みとべのできるかな

1か月の上限12,000円を年2回にわけて拠出して、2020年1月末、損益率は12.5%、4万円ぐらい儲かってます。

年明けは確か18%ぐらい利益があったはずなので、1か月でだいぶ下がってます。新型コロナウイルスが広がり、2020年1月31日、WHOから緊急事態宣言が出ました。

f:id:mitove2:20200130062800p:plain

 

商品タイプは海外株式のDCニッセイの外国株式インデックス。損益率は14.5%で、これは投資信託としての損益で、利益から手数料を引くと、さっき見たiCeCoとしての損益率12.5%になります。

投資信託の損益とiDeCoの損益がそれぞれ見れると、手数料の負担で利益が削られてるのがよくわかります。

一か月で拠出できるのが1万2千円と大きくないので、初期費用も含めて手数料の負担が大きく感じます。なので、拠出は年2回にして、拠出にかかる手数料を節約してます。7月と12月に拠出で、資金が投資されるのは8月と年明けの1月になってます。

f:id:mitove2:20200130062804p:plain

 

5年間の拠出累計と資産残高が見れます。2014から表示されるけど、投資を始めたのは2017年です。

f:id:mitove2:20200130062808p:plain

 

直近1年の推移も見れます。2019年の推移なので、右肩上がり。

f:id:mitove2:20200130062812p:plain

ちゃんと8月と1月に拠出金累計(青い線と丸)が増えているのがわかります。緑色の棒グラフは資産残高なので、拠出した元本+投資の利益です。これから損失になっちゃうことも、もちろんあるでしょう。 

セレクトプランに移行中

今はまだSBI証券のオリジナルプランなんですが、セレクトプランに移行中です。たぶん2月末にはセレクトプランになっているはず。なので、オリジナルプランの記録は今回で最後になると思います。DCニッセイに愛着を感じているので名残惜しい

2019年の後半で調子がよくなり、2020年1月に入って急に失速、下落とあいかわらず相場の上げ下げは急です。

iDeCoの最大のメリットは税金の繰り延べ、年金なので引き出しはずっと先、短期の動きに右往左往しても意味はない、そんなふうに思っていつもは放置、ブログでたまに記録してます。

オリジナルプランの後にでたセレクトプラン、より低コストで長期投資向きな投資信託が選べるらしいです。セレクトプランで何を選ぶか、まだ決めてません。どうしようかしら。