みとべのできるかな

共働きで子育てしながらインデックス投資してます。ほったらかし投資を目指すはずが脱線だらけ?

あの日見たニッセイシリーズの信託報酬引下げをDCニッセイ外国株式ではまだ知らない。

半年以上前の話ですが、2018年6月29日に<購入・換金手数料なし>ニッセイ6ファンドの信託報酬の引下げが発表されました。

対象ファンドと変更後の信託報酬(年率、税抜)

2018年7月13日(金)から
ニッセイ新興国株式インデックスファンド:0.189%
ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型):0.159%

2018年8月21日(火)から
ニッセイ日経平均インデックスファンド:0.159%
ニッセイ外国株式インデックスファンド:0.109%
ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型):0.159%
ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型):0.159%

https://www.nam.co.jp/news/fpdf/180629_press101.pdf

f:id:mitove2:20180403051908p:plain

これまでに3回あった信託報酬引下げでは、一般のファンドの信託報酬の引下げがあったら、数カ月後にDC専用ファンドも引下げがありました。

今回の4回目の信託報酬引下げから半年以上経ちましたが、DC専用ファンドの信託報酬の引下げはないままです。

DCニッセイ外国株式の信託報酬引下げはないのか?

DCニッセイ外国株式の信託報酬は下がらないかも

2017年からSBI証券のオリジナルプランで個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)でDCニッセイの外国株式インデックスを積み立ててしてます。

DC(確定拠出年金)って付いてる通りDC専用ファンドです。

2019年2月現在、DC専用のほうは信託報酬は0.189%のまま、引下げの発表がありません

半年経っても引下げのお知らせがないので、なんかこのまま引下げなしで放置されそうな予感。

加えて、2018年11月からSBI証券のiDeCoに新しくセレクトプランが登場して、なんとDCじゃないほうの、ニッセイ外国株式インデックスファンド:0.109%が入りました。

DCの専用ファンドは長期に運用して将来の年金を作ることが目的なので、DC専用ファンドは一般のファンドより信託報酬などのコストが低いことが優位性だと思っていました。

ideco.morningstar.co.jp

でもDCじゃないファンドのほうが信託報酬が低い状況で、

そして新しいiDeCoのプランに採用されたのはDCじゃないほうのファンド、

これって、DC専用ニッセイの意味がないという状況、

じゃあDC専用ニッセイの役割って優位性って何なんでしょうか?

セレクトプランに移ったら

信託報酬が低い方にしたければ、新しく登場したセレクトプランに移ればいい、加入者側が動きましょう、というメッセージと思います。

そりゃそうなんですが、iDeCo関係の手続きって面倒なイメージがあって億劫です。

セレクトプランに移って、eMAXIS Slimシリーズもあるのにわざわざニッセイを選ぶでしょうか?

あと数か月待って、DCニッセイ外国株式の信託報酬引下げがないようなら、セレクトプランに移って、ニッセイじゃない投資信託を購入します。

DC専用のファンドの信託報酬を下げることができない特別な理由があるなら、説明してくれもいいんですよ、ニッセイさん。

おまけ 2019年2月は久々のプラス

2017年の秋からiDeCoを初めて、1万2千円/月(上限)拠出で初期費用の手数料の割合負担が大きく、ずっと損益がマイナスだったのが、久しぶりにプラスになりました。

2019年2月22日で87円のプラスです。

手数料を含めずに投資信託のみの評価損益だと4808円のプラスですね、でも60歳まで引き出せないので損益は気にせずにiDeCoは忘れてしまうぐらいが丁度良いです。

ニッセイ外国株式ありがとう。

f:id:mitove2:20190223043905p:plain

画像はマネックス証券の資産管理一括ツールです。


余談「あの日見た~」がHuluでお試し無料中です。

子どもの頃のパワーバランスが成長すると逆転して、でも根本の性格は変わらないので距離感近いとか、微妙な関係が好き。

www.happyon.jp