みとべのできるかな

リーマンショックで冬眠するも復活。共働きでインデックス投資(株も)を続けてます。最近は子供たちの教育と自分のスキルアップに悩んでます。

年金の本【人生100年時代の年金戦略】日本での老後に必読の本

個人型確定拠出年金のiDeC(イデコ)の方針に悩んで、年金の本を読んでみました。

他所様のブログでもお勧めされていた、 「人生100年時代の年金戦略」(著者:田村正之)です。文字がいっぱいで読み切れるか心配でしたが、思ったより読みやすかったです。

本の紹介と目次

日本経済新聞社HP

「あなたの選択」しだいで年金額は大違い!

人生100年時代。2050年には、男性の4人に1人が93歳、女性の4人に1人が98歳まで生きます。長生きの最大の支えが「死ぬまでもらえる公的年金」です。幸せに長生きするために、公的年金のフル活用術を知りましょう!

  • 「最強の受給者」はどんなタイプ?
  • 「繰り下げ、繰り上げ」どっちが正解?
  • パートの「130万の壁超え」の損得は?
  • 70歳まで働くといくら増える?
  • 年金の税金、どう減らす?
  • 運用できちんと増やすDC活用策は?

……など知りたかった答えを一挙紹介!!

目次

序 章 「年金をいくらもらえるか」は自分の選択次第

第Ⅰ章 年金は人生のリスクに備えるお得な総合保険

第Ⅱ章 公的年金、フル活用のための実践術

第Ⅲ章 運用で堅実に増やす--個人型・企業型DC徹底活用

年金の仕組みと基礎から

そもそも年金?働いているから厚生年金?給料天引きで払ってるんだよね?

というぼんやりレベルだったので、年金の基本から学べました。年金の仕組みとか、学校の授業で必須にしたほうがいいと思う。

遺族年金や障害年金の話もあって、働いている人が心身が不調になったら退職前に受診しようとか、それぞれのケースで具体的なアドバイアスがありました。

文章量は多いけど、それに見合うだけの情報量とわかりやすい具体例があります。高齢じゃなくても、若者から中高年の人が参考になる事例がたくさん書いてあります。

全体を通して読むのは最初はしんどいかもしれないので、自分の近いケースだけを読んでもかなり役立つと思います。

マクロ経済は‥‥、なんとなくわかりました。

著者の田村さんは日本経済新聞社の編集委員でもあるので、WEB記事も書いており、わかりやすくてお勧めです。

www.nikkei.com

年金は繰り下げ受給しよう

仕事をしている人でも、フルタイム、パート、年収や社会保険によって受けとる金額が違う、受給年齢を繰り下げたら、何年で元化が取れるのかとか、年金の具体的なシミュレーションがありました。繰り下げとは、65歳で受け取るところを70歳まで受け取らない、年金を受け取る年齢を遅らせることです。

とりあえず年金の受給開始年齢を遅らせる=繰り下げることが重要らしいです。

個人的には、自分は長生きしないような気がして、年金は早めにもらいたい派ですが、こればっかりは予想できないですよね。

確率的には、長生きする可能性のほうが高いから、長生きに備えるためには、年金は繰り下げ受給がお勧めという説明です。

長期投資の説明もコツも具体的

後半は投資のパートになります。

NISAとiDeCoのやり方も、長期投資の説明も重要なポイントがまとまってました。投資の基本も、ネット証券やインデックス投資の知識もこの本で学べちゃいます。

  • 相場に常に留まるべき。相場がすごい上昇した9ヵ月間を逃すと、投資のリターンはかなり悪くなる
  • アセットアロケーションのうち、リスク資産はNISAやiDeCoの非課税の口座で保有したほうがいい
  • でも、その人のリスク許容度の中で投資をする

基本は大事ですね、投資を放置しているうちに忘れちゃう。

本からの出典じゃないですけど、日興アセットマネイジメントの楽読(ラクヨミ)でわかりやすい図があったので紹介します。

f:id:mitove2:20201220110946p:plain

Vol.1622 長期投資のススメ~「Stay Market」の重要性~|日興アセットマネジメント

節税額は計算しよう

iDeCoのおさらいに読み始めた本なので、iDeCoの説明に注目です。

節税額は自分で計算してみましょう。収入により違って、私の場合は所得税と住民税で、拠出額のだいたい20%ぐらいの節税です。

だから、定期預金の元本保証とかでイデコで積立しても、20%毎年、お得になっているということです。

iDeCo始めた頃にやったはずだけど、忘れてました。

かんたん税制優遇シミュレーション|イデコ公式サイト|老後のためにいまできること、iDeCo|国民年金基金連合会

本書でお勧めされているのは中央労働金庫のシミュレーションです。お時間のある時にやってみてください。

イデコの節税シミュレーター|iDeCoスペシャルサイトbyろうきん

日本での老後に必読の本

大人になったら年金を払い続けるので、年金のことを知るには早いほうがいいです。20代で大学の頃「親から自分の年金は自分で払え」と言われて、全然わからず、重要性も知らなかったので、免除申請もせずに放置した苦い思い出があります。

本を読めば免除申請の大切さもわかるし、将来、いかに有利に年金をもらうかのヒントがいっぱいです

覚えるというより、一度読んでおいて、年金でわからないことがあったら、その都度、読んで確かめるのが良いと思います。

iDeCoのおさらいのために読み始めた、「人生100年時代の年金戦略」(田村正之著)。iDeCoの話も参考になったけど、年金の基本の仕組み、自分の年金の金額のイメージ、年金を増やすための工夫、受給の繰り下げの効果など、具体的なイメージがわかる本でした。

ページ数が多いので、Kindleで買って、空き時間にちょっとずつ読むのがお勧めです。日本で暮らし、老後を迎える全ての人に必読の本だと思います。読むチャンスがあって本当によかったです。