みとべのできるかな

インデックス投資(株も)やってます。

外国株に投資する国内ETFの基準価格はいつ決まる?

国内ETFは全世界とか、米国とか海外に投資していても、日本の市場で取引されるので国内株として日中に売買できます。

これから米国S&P500の国内ETF(2558)を買っていくので、基準価格の決まり方とかメモってみました。

海外株に投資する国内ETFの株価はいつのもの?

ある日の日本市場→夜から未明まで同じ日のNY市場→明けて翌日の日本市場、と日付が移り変わるわけですが、海外市場がお休みしている日本市場の日中の国内ETFの海外株の動きは、何の価なのか?

ようするに、明け方のNYダウが大きく下がった時は、その日の日本の国内ETFにどんな感じで引き継がれるのか?という疑問です。

以下の記事の説明を参考にしました。む、むずかしい。

No.3 ETFの価格について整理しましょう(1)~「市場価格」と「基準価額」 | ETF(上場投資信託)|日興アセットマネジメント

 

外国株に投資する国内ETFの基準価格
海外資産を対象にするETFは、日本時間で投資国によって前日または当日の朝の引け値と当日の午前10時の為替レート(TTM:電信中値相場)計算される。
 

米国だと明け方の引け値がその日の日本市場に引き継がれる、ということです。他の国だと前日の引け値のパターンもあるみたいです。海外市場の場中の急落とかは、もちろん日本の日中の売買には反映できません。

基準価格は、その日の夕方19時ごろに公表だそうです。基準価格??

米国SP&500(2558)

国内ETFの「MAXIS 米国株式(S&P500)上場投信(2558) 」をこれから買っていこうと思っています。

配当がもらえる、日本円で日本株のように手数料無料で買える、外国の2重課税対策がされてる。米国株が最高値から18%ぐらい落ちている。などの理由です。

日中で2558を買うとき、市場価格で買います。お昼ごろのSBI証券の発注画面を見てみると、現在値が14470円、買い気配14550円、試しに引成(終わる時の価で成行買い)で発注すると14520円で買えました。

市場価格は先物指数と為替と需要

米国株に投資する国内ETFの市場価格は、

  • 米国の明け方の引け値を引き継ぎ
  • 米国株の先物指数を取り込み
  • 買いたい人、売りたい人の需要のバランスで上下
  • 為替の動きも併行して取り込む

という状況っぽいです。いっぱいありますね。

東証上場の米株ETFという賢い選択肢 | ETF(上場投資信託)|日興アセットマネジメント

NYダウ先物取引の魅力【先物・オプション取引】 | 商品案内 | 岡三オンライン-岡三証券株式会社が提供するネット証券サービス

市場価格と基準価格

基準価格はその日の夕方に公表されるけど、それとは別に値動きがある市場価格で国内ETFは売買されるみたいです。

株と同じように成行や指値で注文すれば買えるわけですが、日本株と違って、ストップ安とかストップ高とか、海外に投資する国内ETFではめったに起こらなさそうです。ただし、雇用統計などでビッグサプライズが米国市場がお休み中で、米国先物指数を直撃するようなパターンはあると思います。

日本の日中は米国市場がお休み中なので、急変するとした為替のすごい大きな変動も考えられます。つまり安く買いたいなら、円高のほうがいいので、日中のいつ頃、円高になりやすいか、予測して買う人もいるかもしれません。

本当は寝てるはずの海外株に、日本の日中に売買できる国内ETFの仕組みって面白いなと思いました。