みとべのできるかな

リーマンショックで冬眠するも復活。共働きでインデックス投資(株も)を続けてます。最近は子供たちの教育と自分のスキルアップに悩んでます。

MSCIコクサイのアメリカが70%に到達、もう米国投資だけでいいかの個人的な考え

先進国株式(日本の除く)のMSCIコクサイ指数のうち、アメリカが70%になりました。

MSCIコクサイ指数に占める米国の比率がはじめて70%を超えました | 投資信託クリニック

全世界株の時価総額平均だと日本、先進国、新興国がおおよそ1vs8vs1なので、アメリカは56%になります。(70%×0.8)

全世界株に投資したらアメリカに56%投資していることになります。何かどんどん増えてるよね?

もう全世界=アメリカになる日も近いし、経済構造もアメリカ1強なら、米国投資100%でいいんじゃないか?その辺どう思うかのまとめです。

結論は、今まで通りひっそり世界に国際分散投資です。

個人的な感想なので、シミュレーションとか分散効果の計算とか理論的な話は出て来ません。

2020年のアメリカ市場の大きさ

2020年1月の世界の相場の大きさのランキングです。アメリカ54%、日本7.7%、中国4%などなど。全世界株ならアメリカ56%投資だから、市場の大きさの54%に近いですね、なるほどー

f:id:mitove2:20200505170841p:plain

• Global stock markets by country 2020 | Statista

 

2018年のアメリカ市場の大きさ

MSCIコクサイ指数のうち、アメリカが70%になったのは初めて、ということで、どんだけ拡大してるのかしらと思って、2年前の2018年をみると、

f:id:mitove2:20200505172952p:plain

How Massive is the U.S. Stock Market Compared to the World?

2018年でアメリカは44.33%、2020年は54%だから、2年で10%、1年で5%増えてます

ってことは、あと4年するとMSCIコクサイの中でアメリカが90%になっちゃうの?

それと、中国が2018年は9.21%で2020年は4%で、半分以下になってるけど、大丈夫?

アメリカ市場拡大の背景

アマゾンとかGoogleとかの有名企業がいくら好調でも、元から大きいアメリカ市場が拡大するには理由がありそうです。

アメリカ市場にある大きな多国籍企業が世界中の利益を吸い上げてる構図は有名です。

2017年の税制改正も手伝って、政治的に世界の利益をアメリカが吸収している状況。

新興国の経済成長→利益が増えるのはアメリカの企業

アメリカ以外の先進国での利益=アメリカの企業の利益(アメリカ以外の先進国の利益は4分の1に低下)

The contraction was largely precipitated by United States multinational enterprises (MNEs) repatriating earnings from abroad, making use of tax reforms introduced by the country in 2017, designed for that purpose.

Hardest hit by the earnings repatriation were developed countries, where flows fell by a quarter to $557 billion - levels last seen in 2004.

~“However, the current trend is more of policy driven than economic cycle driven,” he emphasized.~

unctad.org | Global foreign direct investment slides for third consecutive year

弱肉強食の世界だから別に文句はありません。 

長期でもアメリカ強し

1900年、100年以上前からの世界の時価総額の推移を見てみると、1950-1970年代のほうが、アメリカの割合が高かったように見えます。

長期でもみてもアメリカは強いですね。

f:id:mitove2:20200515034603p:plain

単純に50年以上前の世界情勢とは比べられませんが、まだアメリカの時価総額が高まる余地はあるということでしょうか?

出展「Credit Suisse Global Investment Returns Yearbook 2018」PDF

米国投資100%にする?

答えはNo

アメリカやりすぎ強すぎ、バランス悪すぎ、という個人の感想で、全世界株に投資を続行です。

確率的には、私が投資できる後30年間ぐらいは、アメリカの強さが続いて、米国投資100%のほうが儲かる可能性が高いかな?と思います。

むしろそうなったほうが、全世界株の投資も利益が良さそう(結果オーライ)、世界経済の大柱であるアメリカが転落するようなことがあれば、それこそ大恐慌レベルの混乱が起こるでしょう。

それでも日本に住んで、アジア圏のほうがなじみがあるので、このアメリカ1強の世界が増強すれば、自分の生活が逆に居心地が悪くなりそうです。

MSCIコクサイ指数のうちアメリカが90%超え続けるような世界は私が住みにくそう、という個人的な感覚。

アメリカ以外が成長して利益を得てこそ、周り回ってアメリカも儲かるんじゃない?、アメリカ以外が弱すぎたら、長期的にはアメリカに不利なんじゃない?という感想です。

もっと平たく言うと、アメリカだけが威張り散らす世界は好きじゃない。

みんな頑張れ、だから全世界株の投資を続けます。