みとべのできるかな

共働きで子育てしながらインデックス投資してます。ほったらかし投資を目指すはずが脱線だらけ?

保育園の保育料(子供2人分)は、幼児教育無償化でどれぐらい安くなるか、計算してみた

【2019年10月更新】

フルタイム(時短なし)の共働き家庭である我が家は、現在、2人の子どもが認可保育園に入っています。

東京じゃない、地方都市に住んでいます。

2人ともゼロ歳から始めは認可外保育園に入って、次に認可保育園に移動しました。

2019年10月から始まる幼児教育無償化で、我が家がの保育料がいくら節約できるか予想してみました。

国が定める保育料金の基本ルール

まずは国が定める保育園料の基本ルールです。

  • 住民税額(≒世帯年収)で決まる
  • 9月に前年度住民税から当年度住民税基準に切り替え
  • 子どもの人数で割引あり(自治体により違う)
  • 認可保育園の方が認可外保育園より安い(場合が多い)
  • 2019年10月から3歳から5歳の幼児教育が無償(NEW)
  • 延長料金は別途請求
  • 保育料は国が定める上限額の範囲で、それぞれの自治体(市町村)が決める

2019年10月より3歳から幼児教育無償化(制限あり)

いよいよ2019年の10月から幼稚園や保育園の利用料金が無償化されます。

国が公表している幼児教育無償化のイメージ(下の図)を参考にすると、

共働きorシングル家庭において所得の制限なく、認可保育園で3歳から全額無料です。

認可外保育園は月額3.7万円まで無料と制限があり、認可外保育園の場合は保育料金の一部負担が残りそうです。

共働きorシングル家庭or専業主婦(夫)家庭において幼稚園なら月額2.57万円まで無料、

共働きorシングル家庭において幼稚園+預かり保育を含めると月額3.7万円まで無料(専業主婦(夫)家庭は有料)。 

この条件なら認可保育園と幼稚園のほとんどが3歳以降は全額無料、認可外保育園は負担は軽くなるけど一部有料かもしれない、というイメージです。(保育料の高い私立の幼稚園とかは、一部有料でしょう)

f:id:mitove2:20190130053022p:plain

https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kodomo_mushouka/pdf/h300531_houkoku.pdf

同じ年収でも自治体により保育料金が違う

同じ世帯年収でも住んでいる自治体によって保育料は違います、保育料金は地方より東京が安い傾向があります。(絶対ではない)

保育料がどの程度になるのかは住んでいる自治体の平均年収により違います。

例えば、同じ年収800万円の世帯が、東京と地方、違う地域に住んでいるとして、

  • 東京だと、周辺地域の平均世帯年収が高めなので、世帯年収800万円は高収入とはみなされません。
  • 反対に、大都市じゃない地方だと、周辺地域の平均世帯年収は低めなので、世帯年収800万円でも高収入とみなされます。

だから同じ年収でも保育料は住んでいる自治体(市町村)によってかなり違いがあります。

あくまで、その住んでる地域の、周りと比較して高いか低いかっていう、ローカルな基準を元に保育料は決まります。

地方に住んでいる我が家よりも、世帯年収が多くて東京に住んでいる世帯のほうが保育料が安いケースをしばしばみかけます。

第2子の保育料の推移

認可外保育園での一時保育

仕事復帰前でしたが認可外の保育園をキープするためにゼロ歳で一時保育に行きました。

しかし、哺乳瓶とミルクを嫌がって、毎回、予定より短い数時間で帰され、なんのかんのと数回しか預けられなかったです。

1か月で数回の一時保育の保育料は合計で16200円でした。

新設の認可保育園に移動

仕事復帰と同時に新しくできた認可保育園になんとか入ることができました。

上の子が保育園にいると、下の子は第2子半額の対象なので保育料が半額です。

わあーい。

保育料は半額で2万4千円、けっこう高い。

なんと春から第2子無料

私の住んでいる市ではこの春から制限なしで保育園の保育料が第2子全額無料になるようです。

すごいぞ、無料だ。

この先の保育料を予想してみる

気になって、認可保育園に子ども2人が通い続けることを前提に、この先の保育料を予想してみました。

まずは上の子

ゼロ歳で入園してからの保育料はこんな感じです。

(図は適当なフリーハンドなのでおおよそで見てください)

f:id:mitove2:20171010185958p:plain

上の子の保育料の記事はコチラ↓

産休・育休後の復帰は保育料が高い、年の差があると第2子半額も受けられない - みとべのできるかな

現在は自治体の保育料の基準が改定されて月3万3千円です。

2019年4月から、前年の産休育休による私の収入激減が反映されて、保育料も減るはずなので月1万7千円になる予想です、たぶん

→訂正:4月からも保育料は3万円3千円と同じままでした、前年の収入が反映されるのは9月以降です。2019年9月の保育料は2万4千円に下がりました。

そして幼児教育無償化のおかげで2019年10月から2020年3月までの半年間は我が家は保育料ゼロ円になります。

→訂正:2019年10月から保育料が無償化されて、給食費の一部は保護者負担になりました。5歳年長で月6千円ぐらい。

来年、上の子は卒園して小学校に入学します。

給食費や園バスなどは有料

幼児教育無償化が始まる前に、保育園からお知らせが来て、給食費の一部は保護者負担となることを知りました。

ネットで検索すると、給食費も8千円だったり、園バスがあるところはさらに上乗せして、月当たり1万円以上の費用が発生したり、それぞれの幼稚園・保育園、その自治体によって、幅があることがわかります。

今まで違うのは、幼児教育無償化の対象となる3歳以降は、幼稚園・保育園に支払うお金は、世帯年収と関係がなくなり、高収入世帯(自治体により基準が違う)でも数千円から1万+αになる、ということです。

ちなみに、時間外の保育料は、幼児教育無償化とは関係がなく、今までと同じ金額で、別途費用が発生します。

そして下の子

下の子は2019年4月から1歳クラス(1歳になっており、これから2歳誕生日をむかえる)です。

第2子無料のおかげで、2019年4月から2020年3月まで保育料は無料です。

2020年4月からは上の子が小学生になってカウントされなくなるので、下の子は第2子無料の対象から外れます、悲しい。

2歳クラスに入る2020年4月から5万5千円(予想)、1年間で66万円の保育料(汗)。

3歳の誕生日を迎えた後の4歳クラスでは保育料無償化の対象になるので保育料(予想だと3万円3千円)は無料になります。

その後、卒園するまで保育料は無料です。(ただし、月数千円の給食費は発生)

f:id:mitove2:20190201030801p:plain

2人合わせた保育料の推移

下の子の年齢に、上の子の保育料を合わせた今後の予想はこんな感じになりました。

(図は適当なフリーハンドなのでおおよそで見てください)

f:id:mitove2:20190201030758p:plain

なにこの上下落差、アップダウンがすごい

図にしてみると、

  • 2019年4月から保育料が安くなって、10月から半年は保育料は無料。(ただし、年長は月6千円の給食費が発生
  • 2020年4月から1年間は保育料が満額で復活する(下の子が第2子無料の対象外になるから)
  • 2022年4月からその先はずっと保育料が無料(ただし、年中から年長は月数千円の給食費が発生

ということがわかりました。

保育料無償化によりいくら安くなる?

上の子は月2万4千円が半年間無料、ただし月6千円の給食費が発生するので、差引月当たり1万8千円の節約、半年の合計で10万8千円の節約です。

下の子は3万3千円(予想)が4歳5歳クラスの2年間無料、ただし月6千円(予想)の給食費が発生するので、差引月当たり2万7千円、2年間の合計で64万円8千円の節約です。

ということで、保育料無償化のおかげで我が家は子供2人合わせて75万6千円(予想)、節約できる予想です。

ただしこれは私が現在の収入を維持して、下の子が小学校に入るまで働き続けることが前提の計算です。

そこまで働く自信はまったくありません、取らぬ狸の皮算用ですね。

まとめ 保育料のアップダウンがすごい

  • ゼロ歳から2歳までは自治体ルールや2人の年の差によって保育料のアップダウンがすごい
  • 年の差が少ない方が第2子半額や無料の恩恵を受けやすい
  • 高い保育料を払っている(高収入や地方住み)ほど無償化の恩恵を受ける
  • 3歳以降は保育料は無料になるが、給食費の一部負担が発生、世帯年収によらず月当たり数千円~1万円前後の負担
  • 我が家の場合は75万円ぐらいが無償化で安くなる、かもしれない(地方住みで子供2人の場合)

今後も自治体の基準の改定などにより変更される可能性があるので、あくまで現時点の予想になります。 

予想通りになるでしょうか?ちょっと楽しみ