みとべのできるかな

リーマンショックで冬眠するも復活。共働きでインデックス投資(株も)を続けてます。最近は子供たちの教育と自分のスキルアップに悩んでます。

【2019年の家計簿まとめ】2020年は節度を持って遊びましょう

ブログで公開している家計簿は、私(妻)の収入から支払う平日のランチ、交通費、仕事関係、子どものおむつなどの日用品、衣料品、週末の外食費やレジャー、年2回の家族旅行などです。

何に使ったかわからない無駄遣いを減らし、使ってよかったと思える生活をすることを目標に家計管理をしています。

食費や交通費などが変動費、医療や保健や保育園代は固定費の扱いになってます

2019年のブログで公開した変動費の一覧

 マネーフォワードで毎月の支出を管理して、それをエクセルにコピペして保存しています。

f:id:mitove2:20200112050019p:plain


マネーフォワードはクーポンで2020年2月21までプレミアム(有料版)を利用中。無料版に戻る予定なので、データを手元に保存しておかないと、月が替わる毎に、1年前の同じ月のデータは見れなくなるで注意です。

2019年の変動費を比べる

1か月あたりの平均の支出を、目標、2019年、2018年、2017年で比べてみました。

項目 目標 2019年 2018年 2017年
食費 15000 24681 20038 24740
日用品 18000 18588 25177 9183
趣味・娯楽 5000 25146 7162 7976
交際費 2000 2424 11002 4960
交通費 30000 30632 17059 20894
衣服・美容 15000 12455 18047 15534
自動車   13054    
教養・教育 2000 2786 448 545
特別な支出 10000 13824 8503 7581
現金・カード 3000 9 3942 7340
通信費 2000 2150 2227 1894
旅行 25000 40500 19720 23364
合計 127000 186248 133324 124010

 

棒グラフで比べてみます。

f:id:mitove2:20200112050023p:plain

目標の予算と比べる

2019年は大きく目標からオーバーしています。その差月辺り6万円

  • 食費が減らせず予算オーバー
  • 趣味・娯楽で親子スキーを始めて予算5倍オーバー
  • 軽自動車を管理するようになって新予算
  • 旅行が高くついて予算2倍オーバー

減らせて予算内なのは日用品。美容・医療も予算内。

特別費は出張の立替なので、後で戻ってくるので大丈夫。

保育園などの固定費や臨時の住宅費

毎月の変動費以外にも、自分の給与から、家族の医療費やワクチン代、保険料、保育園料、税金などを支払っています。固定費です。

2019年の固定費は、保育料と住宅費が減りました。これは私の努力とは無関係。

  • 住宅では電気配線、ガスコンロ、炊飯器の棚を新しく買い替えました。持家なので家賃はありません。固定資産税は夫が支払。
  • 保育園は2019年10月から保育園料が無料になって、上の子の給食費6600円のみになりました。
  • 医療費は歯科、有料の予防接種代(任意の赤子のワクチン、インフルエンザ予防接種)などです。
  • 保険はここ数年、同じままです。子どもが2人に増えたけど、貯蓄も増えているので、保険は増やさず、むしろ減らしたいです。
  • 税・社会保障には納税や寄付やその他モロモロを含みます。

2019年に使ったお金はいくら?(妻のみ)

年間の総支出、私が1年で使ったお金は299万円です。 

365日で割ると、私は毎日1日で8210円使って生きてます。

項目 金額
変動費  
食費 296168
日用品 223056
趣味・娯楽 301755
交際費 29090
交通費 367580
衣服・美容 149457
健康・医療 33040
自動車 156643
教養・教育 33437
特別な支出 165885
現金・カード 110
通信費 25799
固定費や臨時  
住宅 157460
税・社会保障 78750
保険 138620
保育園 353860
旅行 485999
合計 2996709

 

支出の割合(パーセント)を円グラフにするとこんな感じ

f:id:mitove2:20200112050028p:plain

やはり旅行費と趣味・娯楽がでかい。今年からNEWの自動車も5%になってます。

2020年は節度を持って遊びましょう

円グラフで10%以上の「食費・趣味娯楽・交通費・旅行」は支出が大きいので、節約に気を付けたいです。(保育料は節約できない)

2020年は旅行や趣味など節度をもって遊びたい。大盤振る舞いは禁止です。子供にスキー以外のスポーツか習い事をしてもらおう。

食費、日用品、交通費、美容・衣服は引き続き節約を心がけます。

おむつのアマゾンでまとめ買い、食費は家からおにぎりを持参、交通費はなるべく電車、衣服は無駄に買わない。目の前の1回を節約する気持ちで。

2020年の家計簿の目標

2020年の家計簿、変動費の1か月の目標はこんな感じにしました。自動車や趣味・娯楽を増やして、14万円が目標です。ぬるい目標って思った方、正解。私の節約レベルはぬるめです。

項目 目標
食費 15000
日用品 18000
趣味・娯楽 10000
交際費 2000
交通費 30000
衣服・美容 12000
教養・教育 2000
自動車 12000
特別な支出 10000
現金・カード 3000
通信費 2000
旅行 25000
合計 141000

目指せ予算内

自分にお金を使うぞ

2019年は変動費は増えましたが、住宅や保育料などの固定費が減ったので、支出全体は2018年より50万円ぐらい減りました。(350万円→299万円)

しかし、固定費は勝手に減っただけなので、毎月の変動費をもうちょっと減らしたいと思います。

増えたのが親子スキーで夫と子が行ってるので、私は1回も行ってません。旅行は私と家族みんなの楽しみ。

皆の楽しみはだいじですが、大盤振る舞いしないように、節度をもって遊びたいです。

「食費・趣味娯楽・交通費・旅行」は支出が大きいので節約に気を付けます。生活費は節約を心がけますが、自分にもお金を使うようにしたい。お母さんだって欲しいものがあるからね。