みとべのできるかな

インデックス投資(株も)やってます。

共働きは根性論でやると早死にするかもしれない

平日で仕事が休みだったので、友人宅に遊びにいってお茶してました。お昼過ぎに友人の子供が小学校から元気よく帰ってきました。友人の親子がおやつや会話をして、その子は近所の子と遊ぶと言って出かけて行きました。

そんな普通の光景に、私は何とも言えないうらやましさを感じて、ちょっと目で追っちゃいました。

それは私が子供の頃、親が放課後に家にはいない、おやつを用意して待ってくれたことなんてない、共働き家庭だったからでしょう。

経済的なメリットだけが強調されるのは心配

最近は「共働き希望」の人が増えたような気がします。とくに男性から。時代は変わりますね。

ちょと前に話題になった「専業主婦は2億円損をする」という本を例にすると、専業主婦の経済的なデメリット、それは言い換えると、共働きの経済的なメリットだけが大きく注目されていました

実家も、私自身も共働きの家庭の身として、経済的なメリットだけがやたら強調された「共働きが良い、希望する」話は、女性(妻)の負担が大きすぎることが心配です

結婚して仕事があってもなくても、友人・知人の彼女たちはとてもがんばっています。

妻の方に家事・育児の負担が偏り、さらに仕事もするような共働きなら、夫を甘やかしているだけなので、いっそのこと夫の稼ぎの一馬力でがんばったほうが、不公平感が少なく、家族が健全に生活できると思う、というの本音です。 

根性論でやると早死にする

どうしも経済的な理由があったり、仕事が好きだったり、事情は色々あると思うけど、共働きは妻や夫の片方が無理にがんばって根性論でやると、早死にするレベルの負担になります

f:id:mitove2:20170821063210p:plain

本人が感じている以上の負担が共働きにはあるので、身も心も辛すぎて、それでもがんばっちゃうから、下手したら寿命を縮めて早死にします。

当たり前ですが、共働きなら、妻がパートだとしても、夫は家事・育児を率先してやるべきだし、家事代行などの外注サービス、ベビーシッターetc。使えるものは何でも使って、家族がなるべく疲れないような仕組み作りが必要です

「夫がゴミ出しをする」といったちょっとしお手伝いの感覚では成り立ちません

片方の負担が大きすぎる共働きは、家庭がブラック企業になっただけで、がんばれてる間はいいけど、ちょっとしたことでバランスを崩し、しわ寄せはやっぱり女性(妻)のほうに行くことが多いでしょう。

30代前後の若いうちに体は動くでしょうが、無理したつけは40すぎると表にでます。下手したら早死にします。

夫が自分の行動を変えず、家族の負担を少なくする仕組みを作らずに、妻が働きさえすれば「共働きの経済的メリットが受けられる」と思っている夫がいたら、それは妻を早死にさせることだと思っています。