みとべのできるかな

インデックス投資(株も)やってます。

【我が家の空き家問題】義母の生家なんて譲ってあげればいい

ある日の夜、義父が夫と私に話があると言ってきました。ああ、嫌な予感。

義父は口数は少ないが、気になった事は言うタイプです。ただ、義父が改まって話をしたがる時ほど、どうでもいいorめんどくさいパターン(すみません)

義母の生家=本家を守ってほしい

義父が、死ぬ前に話しておきたい、と相談してきたのは「義母の本家の相続」。ほらね、めんどくさそう。

現在、義母の本家=生家には、義母の妹夫婦が住んでいます。義母の生家は、利便性がそこそこ良い、広めの土地と家です。

義父曰く、

  • 義母の生家の名義は、義母と、義母の妹
  • 本来は、義母(長女)の長男=私の夫、が継ぐべき家
  • 義母の妹と、その娘だけに、土地や家を任せてはいけない

義父母と、義母の妹夫婦が死んだら、義母の息子夫婦(私たち)と、義母の妹の娘夫婦で、相談して土地や家を守るように、できれば息子夫婦(私たち)で、と言いたいらしいです。

私の心の声は即答で「嫌です」。口には出しませんでしたが、今、同居しているこの家だって、管理しなきゃいけないのに、義母の生家の管理なんて無理です。

そして、義母の生家について、直接は関係がない義父がどうして相談してくるのか?、義母に頼まれたのかしら。

夫は、どうでもいいと思っている

口をはさむとややこしくなるので、義父の話は、夫も私も、ふーん、と静かに聞き役になって終わりました。寝る前に、夫と私だけでちょっと話してみたところ

夫「その時になってみないと、わからないよね‥」
私「義母の妹の娘夫婦に、譲ってあげればいいでしょ」

義母の妹は70代の前半で、まだまだピンピンしています。

義母の妹の娘夫婦は50代で、夫の年上の従妹で、夫と私の兄姉貴分な存在です。たまに親戚の集まりで会うと、夫は年の離れた弟のように、可愛がられています。

そんな義母の妹の娘夫婦と、相続でもめるのは精神的にも面倒です。義母の生家の土地も家も、任せて、あげちゃえばいいのだ。

私の意見に夫の反応は薄かったです。先の話だし相続にも興味がないし、どうでもいい雰囲気です。そっとスルーしておくことにしました。

空き家がどんどん増えそうな予感

住む人がいなくなったけど、諸事情で取り壊せない、売り払えない土地や家が増えそうです。

そう言えば、私の母の生家、つまり私の祖父の家も、祖父亡き後、空き家になっています。本家だから、土地も家も守るべきって、叔父叔母の誰かか言って、売り払うこともできず、そう言いながら誰も住まないので、そのまま田んぼ(今は雑草の土地)の中で空き家になっています。

そして、義母の生家も、もし、今住んでいる義母の妹夫婦がいなくなれば、どうなるかわかりません。東京の人気のある土地以外では、日本中で空き家が増えそうだと、肌身に感じました。