みとべのできるかな

インデックス投資(株も)やってます。

【2023年で制度廃止】同居嫁がジュニアNISAも始めました。

我が家はつみたてNISAもイデコも数年以上やってまして、そしてジュニアNISAも始めることになりました。義実家に同居、夫も含めて周りに投資リテラシーまったくなしの孤軍奮闘(?)でなんとかここまできました。

子ども名義でギャンブルという誤解

ようやくジュニアNISA始めました。ジュニアNISAは、子どもの名前での証券口座で投資をすることになる、というのがハードルが高かったです。

20年運用すれば元本割れ、損をする確率が低くなるとは言え「投資に絶対はない」「長期投資でも損をする可能性がある」ことは、忘れないように投資をしています。

投資をしない一般の人は、投資=危ないもの、ギャンブル、というイメージが強く、子ども名義の口座を使って親がギャンブルを始めた、と誤解されるリスクがあります。欲深すぎる親が子どもの将来のためのお金まで投資に突っ込む、っていうイメージです。まったくの誤解ですけど、世間のイメージってそんな感じなのかも。

投資力ゼロの夫と義父母

夫はよく言えば貯金は無理にはしない派、わりと使っちゃいますが、競馬やパチンコ、タバコとかは一切やりません。コーヒー豆や高めのお菓子や漫画、サブスクにちょこちょこ使って喜ぶ、毎日幸せタイプです。ある意味うらやましい性格です。

義父母はみごとな質素倹約タイプです。おやつと本以外、趣味もなそうで、心配になるぐらいです。

頭が良いとか悪いとか、マネーリテラシーの知識がどうのこうのより、もとの性格と生まれ育った環境により、投資なんて自分には関係がないし、関係する気にもなれない、という人たちです。実は、日本で投資をしない人は、このタイプは多いのかも、と思ってます。

同居の義父母にすぐバレ

義実家をちょっとリフォームして完全同居なので、日中届く郵便物は義父母がポストから出します。ていねいに、私宛の封筒(主に株主優待(汗))はリビングの机の端っこに積んで置いてくれます(積まなくていいですよ‥)。

ジュニアNISAになったら〇〇証券の封筒で、子ども名義の書類が届くわけです。私が投資をしていることはすでにばれているので、「ありゃ?嫁の投資の封筒だけじゃなく、孫の名前になったぞ」とすぐにバレます。

義叔母に家のことが筒抜け

姉妹の仲の良さはうらやましい限りです。コロナ禍前は、義母の妹=義叔母は、週に1-2回は我が家にきて、楽しそうに義母とおしゃべりしていました。ドライブ先のお土産とかのついでに、お互いが思うことを取り留めもなく話します。内緒にする、という概念が存在しないので、義母が思い出す我が家の出来事はそのまま義叔母に筒抜けです。

そして、義叔母と近場に住んでるその娘(既婚者、夫のいとこ)の情報も筒抜けで、昨日渡したおかずの種類、3日前に義叔母さんの娘さんが作った夕飯、バイト先で注意されこと(愚痴)、などなんでもかんでも出てきます。

つまり、こちらの情報も筒抜けです。

ジュニアNISAはハードルが高い

自分名義の投資は、最悪、私が汚名を被ればいいですが、子ども名義となるそれだけでは済まないこともあるでしょう。子ども名義の投資って周りの目が厳しくなるし、家族や親族との関係が悪くなると実生活の被害は大きく、ハードルが高いです。

  • 夫と義父母は投資から縁遠い
  • 完全同居なので義父母には子ども名義の投資が速攻でバレる
  • 子ども名義で嫁がギャンブルを始めたと誤解される
  • 誤解がなくても、我が家の情報は義叔母に筒抜け
  • 遠方から嫁いで、夫の親戚に囲まれた他人の女性は自分ひとり

こんな状況だったので、長らくジュニアNISAを始める気になれませんでした。

状況が大きく変わる

そんな状況だったので、ジュニアNISAは無理に始めなくてもかまわないと思っていました。

コロナ禍になって、義叔母が来ることが少なくなって、持病の悪化もあり、今は義母と義叔母の交流がなくなりました。姉妹の交流がなくなるのは寂しいですが、状況が変わりました。

また、ジュニアNISAの廃止が2023年に決まって、制度が廃止されたら18歳未満でも口座から資金が引き出せるようになりました。

ジュニアNISAのポイント : 金融庁

ジュニアNISAに呼ばれてる

無理に押し通すという気持ちはなくても、状況が変わって、ジュニアNISAの18歳までの引き出し制限もなくなる予定で、マイナンバーカードの第2弾キャンペーンが始まって、「ジュニアNISAに呼ばれてる」と思いました。

2022年と2023年に合わせて160万円、非課税枠で投資ができて、金額も丁度いいなと思いました。もし20年後も利益がなくても、万が一、損があっても、インデックス投資なら金額の大きさから言っても大失敗にはならないでしょう。

投資を始められるようになる、その切っ掛けは、周りの環境が変わって、無理しなくてもできるようになるタイミングが、イデコの時にもありました。

焦らなくても、ゆっくり基礎知識と、種銭を作っておけば、環境が変わって、無理しなくても始められるタイミングが来ることもあるんだな、という体験でした。