みとべのできるかな

リーマンショックで冬眠するも復活。共働きでインデックス投資(株も)を続けてます。最近は子供たちの教育と自分のスキルアップに悩んでます。

雰囲気で国内ETFの2559(全世界株式)を買って売って右往左往

国内ETFは日本の東証などに上場するので、「国内株」のカテゴリーに分類されており、日中に売買できます。

米国市場がサーキットブレカーを連発して派手に急落したので、その下落を拾いたくて、雰囲気で全世界株式の国内ETFを買ってみたけど目的がわからなくなって結局売ってしまった話です。

全世界株式の国内ETFの株価はいつのもの?

3月はコロナショックで相場が乱高下しており、NYダウは3月9日、12日、16日、18日の4回もサーキットブレーカーを連発、さすがに見慣れました。

日本市場→夜から同じ日のNY市場→明けて翌日の日本市場、とグルグル移り変わるわけですが、海外市場がお休みしている日本市場の日中の全世界株の国内ETFの動きは、何の価なのか?

連動している指数(インデックス)の価に決まってるだろと思うんですが、ようするに、前日のNYダウの大暴落は、翌日の日本の国内ETFには引き継がれてるんだよね?そうだねよ?という疑問です。

www.nikkoam.com

 

次に海外資産を対象にするETFをについて見てみます。

市場が開いている時間帯(9:00~11:00、12:30~15:00(大証15:10))にETFの市場価格が作られます。これは国内資産を対象にするETFと同じです。ただし基準価額の算出は様子が違います。保有資産の評価時点は海外市場の引け値を使って計算されるのですが、時差の関係から、入手できる最新の引け値は前日のものになります。また、海外資産なので為替評価も必要になります。為替の評価時点は日本時間10:00のTTM(電信中値相場)となっています。よって海外資産を対象にするETFは、前日引け値と当日のTTMを使って計算され、ウェブサイトなどで公表されるのが19:00くらいになります。

 

ざっくりと前日の海外市場の引け値は、翌日の国内ETFには取り込まれているようです。

全世界株2559の動き

全世界株の国内ETF「MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信(2559)」を買ってみました。

海外ETFでいいじゃん、なぜわざわざ国内ETFなのかと思う人もいるでしょう

深い理由はありません。なんとなくです、日中に値動きがあってその場で買える国内ETFを買ってみたかったのです。(夜は取引しない派)

f:id:mitove2:20200320144554p:plain

 

急落しすぎ(背筋が寒い)。

一週間の動きに拡大します。

f:id:mitove2:20200320144548p:plain

NYダウのサーキットブレーカー3月12日、16日、18日のところに赤字で「サ」を入れてみました。日付が日本時間なので、米国市場が開いている夜間(日付と日付の間)に「サ」が入ってます。

全世界株式だからNYダウの動きと合わないのは当たり前ですが、うん、前日の急落はなんとなく反映している気がします。しかし、日本の日中に前日の米国の急落を拾うのは無理だとわかりました(当たり前)。

ベンチマークが違うでしょ

MAXIS全世界株式(オール・カントリー)→日本と先進国と新興国の株式市場の総合的指数である「MSCI All Country World Index」の円換算値

NYダウ→アメリカの工業株30銘柄の平均株価指数

この2つは全然違うので、比べるものじゃありません。

米国の急落を拾いたいなら、せめて国内ETFの「MAXIS 米国株式(S&P500)上場投信(2558)」とかにしたほうがよかったですね。

雰囲気で買って、目的が定まっていませんでした

楽天証券で手数料無料で買う

楽天証券はMAXISの東証上場シリーズは売買手数料無料です。

個別株と同じように国内ETFも1口いくらで、何口買うかで売買します。ぴったり金額では買えません。

(投資信託は1円単位で金額ピッタリに買えます、便利ですね)

f:id:mitove2:20200320144551p:plain

株と同じで指値と成行で簡単に買えます。マーケットメイク制度のおかげで値が飛んでいないので売買しやすいです。

成行で買ってみて、そのまま日中下落し、含み損の状態になりました。

3月は何を買っても含み損になっちゃうよね。

外国株にも投資する国内ETFの感想

ETFなら配当があるし、しかも2559の配当は二重課税調整の対象なので、外国税10%が年末に確定申告しなくても控除されます。(投資信託は配当は自動再投資)

国内ETF MAXIS米国株式(S&P500)/全世界株式(オール・カントリー)上場投信の分配金から見る外国税額控除(二重課税調整措置) - しんたろうのお金のはなし

ETFは成行なら注文してすぐ買えるのが良いです。株と同じように日中、その日の値動きで買えるのは気楽です

投資信託は発注してから約定するまで数日間かかかります。長期投資なら数日の値動きは大した問題ではないはずですが、乱高下する相場だと、数日で10%も動いちゃうから気持ちが焦ります

その反面、国内ETFは信託報酬以外の実質コストがあって、指数との連動性、日中の外国株も合わせた値動き、為替の扱いも国内ETFならではのクセがあるなと思いました。(信託報酬以外にコストが発生する(実質コスト)のは投資信託も同じ)

国内ETF2559を買ってみた感想

  • 外国株にも投資する国内ETFや投資信託では、米国市場の急落を拾うのは無理がある。長期投資用に焦らず買っていけばいい
  • 米国の急落を拾うなら素直に海外ETF(VTIやVOO)を買うのがいい、国内の急落は国内株で拾えばいい(もしくは日経平均やTOPIXのETF)

ちょっと考えればわかりそうなことですが、米国のサーキットブレーカー連発に何か焦ってしまいました。

数日で売ってしまう

前日の米国の急落とか拾えるのかな?と思って買った国内ETF。しかし、日中で米国市場の急落を拾うのはそもそも無理がありました。

長期投資なら国内ETFをあえて持つ必要はない(これは個人的な好み)、投資信託でいいな、そう思って、他の投資信託と損益通算のついでに売却して、同じ金額の投資信託を買い直しました。(売るのも手数料無料です)

f:id:mitove2:20200327025133p:plain

日中に成行で売って、20-50株ぐらいずつ値が並んでいるので、70株は2つの株価で売りになりました。確定損失は1万5千円ぐらいです(泣)。

実際はそんなに急いで売る必要はありません。私は管理をシンプルにするために投資信託にまとめているだけで、どちらかと言えば余計な売買です。

私が投資信託をメインにするのは積立&配当の再投資が自動だからです。SBI証券では海外ETFは自動積立できますが、国内ETFはできません。

雰囲気で国内ETFの全世界株式2559を買って売って、同じ金額の投資信託を買い直しました。何をやってるんだとツッコミ所満載ですが、このように相場の乱高下に右往左往しています。