みとべのできるかな

共働きで子育てしながらインデックス投資してます。ほったらかし投資を目指すはずが脱線だらけ?

FX(外国為替証拠金取引)は凝り性の人が向いてる?私の好みじゃなさそう

なんやかんやストレスが貯まって現実逃避から、未体験のFX(外国為替証拠金取引)が気になりました。

有名だし、やってる人多いから面白いのかな?、と思ったのをキッカケに、FXについて調べてみました。

勧誘の広告や儲かる系の情報が多い意味は?

ネットで検索するとFX(外国為替証拠金取引)は簡単だよ儲かるよというネタがたくさんヒットします。

凄腕のトレーダーに〇〇円払えば、必勝法を教えてくれるらしいです。

と、いうことは、勧誘して参加者を集めると、勧誘した人(凄腕トレーダー)やFX業者が儲かる仕組みなのね。

私が書いても説得力はないので、美味しい儲け話を探し中の方は、cisさんの「230億円稼いだ勝つ思考」を読むと面白いですよ。真っ当なマネーリテラシーが書いてあって、驚きました。

ちなみにFXは一般的にはゼロサムゲームです。手数料やスプレッドを考慮すると、期待値はマイナスとまで言われます。(スプレッド=買値と売値の価格差、FX業者により違います)

勧誘記事の多さと期待値から、FXで利益を出し続けるのは難しいイメージを持ちました。

外貨と日本円のチャートの動き

外貨と円の取引をするのがFXです。

米ドル/円、NZドル/円、トルコリラ/円など、FX業者によって取扱い通貨、スワップポイントに違いあります。

短期でも長期でも、円高になるか、円安になるか、予想してポジションを持ちます。

これから円安(ドル高)になる=ドル買い=円売り=ロング=チャートが上がると利益(縦軸が1ドル当たりの円の値)

f:id:mitove2:20191013213958p:plain

これから円高(ドル安)になる=ドル売り=円買い=ショート=チャートが下がると利益(縦軸が1ドル当たりの円の値)

f:id:mitove2:20191013214002p:plain

私にとっての問題点

FXの仕組みを踏まえて、私にとっての問題点をまとめました。

問題点は、あくまで私個人が問題、デメリットだと思うことです。他の人にとってはメリットになる場合もあります。

チャートの動きを予想できない

FXではロングまたはショートでポジションを持って、短期や長期で売買して利益を得ます。

問題点:チャート分析はできない、為替の動きに関係する政情などもチェックしてません。なので、為替のチャートがどっちに動くか分からない

FXをやるには致命的な弱点です。

f:id:mitove2:20191013214006p:plain

スワップポイント狙いは通貨安のリスクあり

売買で利益を上げるんじゃなくて、外貨を長期に保有しづけることによって、円と外貨の金利差=スワップポイントをコツコツもらい続ける戦略があります。

ニュージーランドのスワップポイントは1日当たり70~90円。利回りは2.5~3.5%。

トルコリラはスワップポイントは1日あたり80~120円。利回りは5.57~10.57%。

問題点:高金利通貨、特に新興国通貨は円に対して長期的には下落します。

通貨の売買では損失がでるので、スワップポイントをもらっても、トータルで損失になったら悲惨です。

新興国通貨は、政情が不安定で急落した例が散見されます。

レバレッジを掛けると、借金の恐れあり

レバレッジ10倍だと、10万円の資金で100万円の取引ができます。

100万円分の取引で仮に30%の損益が発生したら、±30万円なので、元本の10万円が、マイナス20万円~プラス40万円になる可能性があります。

問題点:レバレッジによっては元本を下回る損失を受ける。元本を下回ったら追加で資金の入金(追証)が必須

追加で入金できる余裕がある人はまだましですが、全力でFXに突っ込んだ人が、追証になったら、どうやって追加資金を集めるのか?どこから借金するのか?

一般人には恐ろしい話です。

為替相場はいきなり急変

為替相場は常に変動していますが、それに加えて、政治よる口先介入や、政策金利、政情によって急変することがあります。

通説によると、為替は、株と違って法人(ヘッジファンド)とかの操作が入らないので、株より個人が勝ちやすい(らしい)です。真偽は不明。

問題点:経済や政情から、為替の大きな変動が瞬間に起こる。

200万円の利益があったけど、数分後には強制ロスカットまたは追証(資金不足による追加の入金)になる可能性あり。

f:id:mitove2:20191013214009p:plain

寝て起きたら利益が損失に

為替相場は24時間取引可能で、日中仕事が忙しい会社人も夜に取引できます。

問題点:24時間、為替の変動リスクにさらされる。夕方に数百万円あった資金が、為替の急変で朝起きてたら借金になっているかもしれません。

為替急変時のシステムエラー

為替の急変時は、システム処理が追いつかず、損失を限定するためにロスカット(損切ライン)を設定しても、想定より大きな損失が発生することがあります。

システムエラーで決済したい時に注文が受け付けられないとか、

レバレッジを掛けていれば、さらに損失は拡大します。

利益は雑所得

FX利益の課税は雑所得扱いで、株や債券と損益通算できません。年間20万円以上の利益があると確定申告が必要です。

問題点:損益通算できないのは、かなり不便

他の人の経験談や感想

個人の体験談や感想のブログはふむふむとわかりやすいです。

ブログ「こつこつとスマートに暮らそう」から、「そんなに儲からないけど、ロスカットなどのリスクは高い」という感想。

www.kotsu2life.com

 

FXと、バイナリ―について、短いですが体験談が面白いです。

blog.livedoor.jp

 

高金利通貨を逆に売る(ショート=スワップポイントはマイナス)と、どうなるかの検証です。

他の人のコメントも載ってます。

「トルコリラ/円」通貨ペアを各FX系証券会社が取り扱い開始した時期とチャートです。ぶっちゃけロングは全滅です。」というコメントが印象的でした。

www.toretora.com

FXは凝り性向き?

一口にFXと言っても、ポジション、レバレッジ、短期長期、通貨ペア、分割買付、指値、逆指値、2重指値、指値約定後決済指示、多重のロスカット設定など、個人により驚くほど戦略が違うことがわかりました。

高金利通貨による夢のほったらかしスワップポイント生活も有名ですね(高金利通貨は長期に下落するので注意)。

システムトレード(自動売買)も様々なタイプがあって、まるでパズルのように組み合わせて、急落の為替リスクへの防御壁や、為替変動を相殺しようと努力しています。

日本人は投機が好きだからFXも人気がある、とよく聞きますが、それだけじゃなくて、複数の設定を組み合わせて色々できるのが、凝り性の日本人の好みにあってるんじゃないか?と思うようになりました。

ただし、どんなに設定に凝っても、為替相場の変動や急変リスクを完全に回避する方法はなく、ある程度はリスクをコントロール可、という個人的な感想です。(未体験ですが)

為替の利益はあったらラッキー

もし、私がFXをやったらこんなイメージです↓

f:id:mitove2:20191013062412p:plain

為替の動きに一喜一憂しながら、24時間、ストレス高そう。

私は投資はなるべくシンプルに、そんなに凝りたくない派で、チャート分析とかできません。

為替については、海外の株や債券を保有して、為替の利益が乗っかればラッキーぐらいでよさそう。

外国の金利狙いなら、シンプルに外国債券への投資でいいんじゃないか、という気持ち。

好みじゃないので、そっと忘れよう

投資はたくさんのジャンルがあって、以前は、やったことがない投資の中身は想像がつきませんでした。

しかし、最近は知識が増えて、未体験のFXも仕組みをイメージすることができて、今までの経験が役に立ちました。

FXについて調べると、売買はチャート分析ができて、凝り性の人が向いてるし、スワップポイント狙いは通貨下落のリスクが高いことがわかりました。

そして利益が雑所得扱いなのは、大きなデメリットです。

投資はシンプルにほったらかしたい派なので、FXは私の好みじゃない、という結論になり、FXには手を出さずにそっと忘れようと思います。