みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

ラッキーバンクで貸し倒れ(の可能性)に直面して、もっと合理的に投資をしたいと思った

ソーシャルレンディング業者の一つであるラッキーバンクで出資した「第226号ローンファンド 東京都世田谷区×東京都中央区」が貸し倒れ(デフォルト)になるかもしれない。

5月4日に「返済遅延のお知らせ」メールがきた。

【4/17募集】第226号ローンファンド 東京都世田谷区×東京都中央区

【対象となるプロジェクト】

東京都世田谷区不動産担保ローン

※ 東京都中央区不動産担保ローンは、当初の予定どおり利息が支払われております。

【現在の状況】

1K×11戸のプラン付または建築売り2プランを中心に売却へ向け取り組みを行っております。現状、具体的な売却交渉等には至っておりません。また、本件土地は、建物を建築するうえで、擁壁の補強が必要な状況ですが、現状、擁壁工事には着手しておりません。従って、売却価格に補強コストが影響する可能性がございます。

【今後の方針】

本借入人は、本来の返済期限である平成30年5月1日付の利息の支払いを遅滞したため、期限の利益を喪失しました。

弊社といたしましては、今後、本借入人に対し、事業の現況等につき情報開示を求め、また、必要に応じ協議等を行った上で本借入人に対する回収方針を決定し、担保物件の任意売却、抵当権の実行としての競売の実施、貸金返還請求訴訟等の手段により、弊社債権の回収の極大化を図って参ります。

なお、サービサーへの債権売却も、最終的な選択肢にはありますが、現時点では、弊社といたしましては、任意売却または担保権の実行による競売によって債権の回収の極大化を図っていく予定です。

 

第226号ローンファンドの担保については「東京都世田谷区の土地を担保対象不動産としており、199,950,000円の不動産査定評価となります。弊社にて、極度額189,950,000円の第一順位根抵当権を設定します」と説明がある。

f:id:mitove2:20180222160923p:plain

 

メールにある【現在の状況】はファンドの返済遅延の説明なので、今後、このファンドが貸し倒れ(デフォルト)するかどうかはまだわからない。融資がそもそも自転車操業なら、不動産事業者から出資金が戻ってくる可能性は低い

つぎに、世田谷区の土地が第一順位根抵当権で担保になっている。この担保の評価が妥当でラッキーバンクが担保を売却した後に、個人の出資者に返金すれば、「担保付き」の意味があったことになる。

担保が有効か、まったく意味がないものか、今後の対応ではっきりする。

みんなのクレジットでは97%減損という結果になっている。ラッキーバンクの場合はどうなるか気になる。

ソーシャルレンディングのリターンは特に高くない

ソーシャルレンディングに投資した2014年から2017年の間のリターンは約71万円だった。多い時で1千万円程度、出資した。

www.mitove2.com

 

一方で、世界経済インデックスファンド(投資信託)にも2014年から2017年の間で積み立て投資していて、210万円投資してリターンは29万円(NISA口座で非課税)。

仮に課税されたとして、210万円投資してリターンは22万8千円

www.mitove2.com

ソーシャルレンディングとインデックスファンド(投資信託)の積立は 投資としての性質がかなり違うので単純にリターンだけでは比べられないが、自分がやってみた結果では、出資した金額に対する実際に得られた利益から、ソーシャルレンディングは特別に高いリターンになる投資ではなかった

ソーシャルレンディングは業者の信用リスクとファンドの貸し倒れリスクの両方に対応しなければいけない。

そのために、業者もファンドも分散するので手間もかかるし、運用期間の数か月から2年ぐらい置きに、投資するファンドを新しく選ぶ。

条件のいい人気のファンドはすぐに満額成立して募集が終わるので、希望のファンドに投資できるともかぎらない。

出資金を投資できないまま待機させておくと、その期間に得られるリターンはどんどん低くなるので、再投資を効率よくする必要がある。

業者の信用リスク、ファンドに出資する手間とデフォルトのリスクを考えれば、見返りに得られる利益は低く、出資する側にかなり不利と思う。

もっと合理的に投資をしてみよう

ラッキーバンクで貸し倒れの可能性に直面して、もっと合理的に投資をしたいと思った。

現在、インデックスファンド(投資信託)の積立投資を続けている。自分ができる範囲の合理的な投資ってなんだろう、もう1回考えよう。