みとべのできるかな

リーマンショックで冬眠するも復活。共働きでインデックス投資(株も)を続けてます。最近は子供たちの教育と自分のスキルアップに悩んでます。

2020年4月から個人向け国債購入のキャッシュバックキャンペーンが中止になった理由

個人向け国債の購入キャンペーンはたまに利用してます。個人向け国債10年は、私の低リスク投資の主役です。

大手の国債キャンペーンが消えた

時々、個人向け国債10年の購入キャッシュバックキャンペーンを使ってましたが、2020年4月から大手の国債キャンペーンが一斉になくなりました。

個人向け国債 - 銀行定期預金で資産運用

大和も野村もSMBC日興も、一斉に国債キャンペーンが中止になったのは初めてです。

詳しい理由はわかりません。

国債の金利は低いですが、国債を買うと購入金額に合わせて現金orポイントがもらえるキャンペーンは、利率0.1~0.4%ぐらいで、定期預金よりお得。

キャッシュバックの資金元は、財務省が証券会社に渡す個人向け国債の販売手数料です。個人向け国債10年なら10年満期分の一括手数料が証券会社に来て、それをキャッシュバックとして顧客にあげちゃう仕組みです。

f:id:mitove2:20170919063435p:plain

個人は満期分の手数料をもらえて、購入から1年経過すると解約できます。

途中解約なので、直近2回の利子は没収されるペナルティがありますが、低金利なのでちょっと差し引かれるだけです。

途中売却を防ぐために、財務省が国債の販売手数料を減らして、それとは別に残高の0.02%分の管理手数料を払うことになったとブルームバーグの記事にありました。

個人向け国債販売に急ブレーキ、新型コロナや現金還元中止で8割減 - Bloomberg

しかも、財務省がくれる販売手数料がこれまでは10年分の一括だったのが、毎年の分割に変わったという噂があります。つまり0.4%の販売手数料なら0.04%(10分の1)を毎年渡す感じ。

そうだとすると今までの高還元のキャッシュバックキャンペーンは事実上、終了かもしれません。

マイナー証券でまだやってる

2020年4月5月は、大手じゃない一部のマイナー証券会社はキャッシュバックキャンペーンやってました

証券会社は、キャンペーンで資金を集めて、もし1年後以降に国債を解約するなら、別の投資商品を買って欲しいのが本音です。そのまま資金移動されたら利益にならないですよね。

今まで国債は大和や野村の大手か、SBIか楽天のネット証券で買ったことがあり、別商品を買わせるような強い売り込みはありませんでした。

解約は電話が必要ですが、事務的にあっさり終わります。

一方で、大手じゃないマイナー証券会社で国債は買ったことがありません。使い勝手がいいのか、資金移動がスムーズにできるのか、押しの強い売り込みがあるのかどうか、わかりません

マイナー証券のなかには、関東の一部地域にしか店舗がなく、口座開設から入出金の手数料や手間がどうなるのか気になります。

口座が増えると管理が面倒になるので、今のところ、マイナー証券に口座を新規開設するのは止めておくことにしました

実際に証券口座を開いてはいないので、あくまで個人の判断です。大手証券会社とはまた違うメリットがマイナー証券会社にはあるかもしれません。

低リスク商品が悩ましい

投資は半分を株式、もう半分を国債や短期の定期預金で運用しています。

いつも使ってる楽天やSBIで、国債購入キャンペーンが0.2%か0.3%なら利用したいです。

国内はマイナス金利政策なので、国債も定期預金もずっと低金利。

国債購入キャンペーンがなくなったら、国債を買う手間と1年以上の資金拘束に見合わないと思います。

そうすると、国債の代わりとして、無リスク資産の候補は、楽天銀行のマネーブリッジ普通預金0.11%、あおぞら銀行bankの普通預金0.2%。5年定期だけどオリックス銀行のeダイレクト定期預金や新生銀行のパワーダイレクト定期預金。

低リスク商品は外国債券(先進国)の為替ヘッジあり、などが候補かなと思います。

投資用の資金で、株とのリバランスに使いたいから、1年以上の資金拘束は避けたい、でも数か月の定期預金だと資金移動がめんどい‥

低リスク商品は何を買うか、悩ましいです。