みとべのできるかな

インデックス投資(株も)やってます。

フリーランスや副業できる人ってすごいなと思う

ずっと雇われてる身ですが、独立して自分で自由にやってみたいなって思うこともあります。しかし、そもそもフリーランスや自営業とか、あまり知らない世界なので、調べてみたことのメモです。投資とは関係ない話です。

フリーランスは1人で6役

個人でやるとしたらフリーランスは1人で6役ぐらい、すべての仕事のながれを自分が担当する、それってすごい大変そう、という感想になりました。

  1. 仕事を受ける前の営業、打ち合わせ
  2. 時間と経費を予測して価格交渉、契約
  3. いざ仕事になって、完成させて、納品
  4. 報酬を受け取り、契約終了
  5. アフターフォロー
  6. 利益があったら税金を計算、納税

なんか仕事するって3番だけのイメージでしたが、フリーランスになったら6段階すべてやることになると気が付いて驚愕しました。

仕事の環境だって自分であらかじめ整えます。段取りと先読みでスムーズに仕事を進めて、リピーターが付くようにクライアントの期待以上の仕事が求められたりもします。

デメリットや不安

実はスケジューリングやイレギュラー対応が大変そうだなと思っています。サポート&カバーしてくれる人がいないので複数の案件が併行しても全部自分。病気になっても納期があれば簡単には休めない。

どんな緊急事態や病気や事故でも、納期が間に合わなければ個人の信用が低くなってリピート来ないし、最悪、契約違反で報酬なしになるかもしれません。

精神的にも大変&不安定になりやすそうです。全てのながれを単独担当、セカンドチェック、客観的なつっこみ(改善)担当が不在ということで、おひとり様で2重チェックをすることになり、よくない方向に脱線した後、気が付かなったり、軌道修正が大変そうです。

リピーター問題

新しい案件だけでは収入もメンタルも不安定になりそうですから、リピーターや定期的な案件があったほうがよさそうです。でも、そうすると「リピートしたくなるような価値が高い完成物、またはクライアント自身の仕事の負担を減らしてくれるような先回り力」が必要そうです。

note.com

クライアントがフリーランスに仕事を依頼する理由とは

  • レベル①クライアントの仕事を増やさない
  • レベル②クライアントの仕事を減らす
  • レベル③クライアントの仕事を巻き取る

そりゃそうですよね、クライアントが、この人に頼むとすごい助かる、クライアントにメリットがあるって思わせないと、リピーターはつかないです。

フリーランス白書

フリーランスの仕事について、年収は200万円程度、仕事は人脈からが多く、職種はクリエィテブやWEB系が多いです。

wizpara.com

フリーランスは増えてる?

ランサーズのフリーランス実態調査では、フリーランスが増えている、といっても、「フリーランス」の中身にけっこう違いがあることがわかります

  • 会社に頼らないプロフェッショナルなフリーランスの増加
  • 時間に余裕ができ副業・複業を開始する人の増加
  • すきま時間を使って仕事をする主婦・主夫の急増

「フリーランスが増えている」は本当か? 統計データをもとに検証 - Workship MAGAZINE(ワークシップマガジン)

意外だったのが、フリーランスには「すきま時間を使っての副業」も含まれるんですね。

フリーランスで生き残れる気がしない

自分で仕事を選べる自由さ、上手くいけば高収入、すきま時間の活用(副業)などのイメージですが、やっぱり現実は厳しそうです。

仕事は人脈から、200万円ぐらいの収入の人が多い、社会保障の不安、などなど。

自由の対価に大きな不安を抱えるのは避けたいと思うと、報酬が時間と手間に比例するような作業系・作品系はそこそこ大変な感じです。

才能や、デザインが得意とか好きとか、向いてる人はいいけど、私はクリエィテブじゃないしデザイン系とかセンスもないです。

税理士や行政書士などの士業でもないので、そんな場合は、仕組みを作って時短や手間を効率化して利益を出すとか、不動産系とか、競争相手が少ないような特殊な技能系とか、差別化、効率化、工夫しないとフリーランスでは生き残れそうもない、仕事もらえないな、というちょっと後ろ向きな感想です。

フリーランスや副業できる人ってめっちゃすごいと思います。