みとべのできるかな

インデックス投資(株も)やってます。

【第41回SBI債 利率0.6%】買っちゃった。1日足らずで完売

久しぶりにSBI債を買いました。もう社債買わないって思ってたような気がしますが、そんなことは忘れていて、あんまり深く考えずに買ってました。

1日足らずで完売

第41回SBI債が5月7日金の12時から申込スタートして、夜に注文して、5月8日の夕方、SBI証券のサイトを見たら完売してました。1日足らずで全部売れちゃったんですね。 

詳しい情報は「1億円を貯めてみよう! chapter2」から見れます。

ichiokuen-wo.jp

公式サイトの説明

商品名 SBIホールディングス株式会社 2023/5/25満期 円建社債(第41回SBI債)

発行体SBIホールディングス株式会社

発行体格付BBB+(R&I)

期間 約2年

利率(※1)年0.60%(税引前)年0.478%(税引後)

お申し込み単位(額面)額面10万円以上、10万円単位

売出価格・償還価格 額面金額の100%

当社お申し込み期間(予定)5/7(金)12:00 ~ 5/24(月)14:00

発行日2021/5/24

受渡日2021/5/25

満期償還日(※2)2023/5/25

 債券|SBI証券

 

5月8日時点で完売してます。早かった

f:id:mitove2:20170615044726p:plain

買っちゃった

現在、為替ヘッジありの世界債券を積立してますが、始めたばっかりで、そんなに大きな金額になっておらず、債券のところの、やや低リスク資産の行き場が欲しかったのです。

  • 個人向け国債10年のキャンペーンが減額になった代わり
  • 無担保社債とか、劣後特約が付いてない(良いこと)
  • 格付けがBBB+で、投資適格には入っている
  • 不景気になっても、2年後にSBIは存続してるはず(倒産してないと思う、個人の予測)
  • まだまだ低金利政策は続きそう。国内の円建て商品の中では利回りは高い

ざっくりな説明だと、すごい利回りが高い=債券の条件が悪いことが多い=劣後特約が付いている and/or 投資適格じゃない(ジャンク債)

今回のSBI債は劣後特約はついていない(良いこと)ので、買った理由の一つになります。目論見書は買う前に必ず読むようにしてます。

格付けBBB以上は投資適格ですが、それだけでは判断できず、格付けは目安の一つで、格付けが高いほどデフォルトの確率は下がりますが「リスクが無い」わけではありません。

国内の社債の債務不履行(デフォルト)リスクと資産運用の債券の役割 - みとべのできるかな

買いすぎ注意

1つの企業の社債なので、単体だと分散はできません。デフォルトリスクをそのまま抱えます。

社債の投資信託なら分散しやすい、例えば↓

ノーロード明治安田社債アクティブ <特化型> | 明治安田アセットマネジメント株式会社

SBI債は10万円単位で買えるので、資産のアセットアロケーションの5%以下にしました。最悪、デフォルトしたって破滅はしません。

過去のSBI債は利率1%~2%の時もあって、前回よりも利回りは上がりましたが、これまでのSBI債の中では特別に高い利回りではありません。

それでも1日足らずで完売したので、それだけ欲しい人が多かった、需要があったということになります。個人も法人も買えるし。

今回は、あんまり深く考えずに買ってしまいましたが、本当はしっかり考えてから買いましょう。反省です。