みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

結婚式の直前 なんと2人とも無職

10年ぐらい前の話なので時効だから書いてみる。

入籍した後、2人とも無職の時期があって、そのまま結婚式直前まで無職だった。

 

自分は結婚&退職して、遠方の旦那の職場付近に引っ越してきたので、再就職をねらって資格の勉強をしていた。だから、無職だった。

旦那は、2つ目のブラック企業で働いていて、結婚したから、余計にがまんしてがんばって、返ってメンタルをやられ始めたので、入籍して数か月後に退職した。

でも、旦那はまだ本格的な鬱とかではなくて、メンタルがぎりぎりセーフなうちに会社を辞めることができて、本当に良かったと思う。

ブラック企業ダメ、よくない。

 

入籍した数か月後に2人とも無職だったので、結婚式は挙げず、写真撮って終わりにしようと思っていた。

だけど、旦那が一人っ子で義理の両親も結婚式を楽しみにしており、説明だけ聞きにいったブライダルフェアーであっさり流され、「簡単な式は挙げようか~」となった。

うちら夫婦は流されやすい。

楽しいことは好きなので、ブライダルプランナーのお姉さんにうまいこと乗せられて、気が付けば「お色直しもイベントもある、一般的なイメージな結婚式」をすることになっていた。

ブライダルプランナーの勝ち。

f:id:mitove2:20170508154846p:plain

 自分に貯金があったので、生活も結婚式も、流されながらも困窮すことなく、やることができた。自分の再就職も、まあ何とかなると思っていた。

ちなみに旦那は貯金はほぼゼロだった。薄給なのと、そもそも貯金という意識がない。

旦那には、「焦って3つ目のブラック企業に再就職したらダメ、長い目で続けられる職場を探して応募したほうがいいよ」

と話合い、好きなように一人旅や遊びに行ってメンタルを回復してもらった。その後、偶然に、結婚式直前の3週間前に再就職先が見つかった。

旦那は今もその職場で働いている。給料は高くないが、労働環境はまあまあ悪くないと思う。

 

同じ夫婦でも、千差万別のパターンがある。ただの思い出話だけど、この状況で気持ちに余裕があったのは、お互いを信じていたから、という照れくさい気持ちだけでなく、「貯金があった」からだと思う。

 

 

旦那の個性を信じていた。思いやりがあって真面目、メンタルが回復すれば、自分で再就職先を探すと信じた。

自分に貯金があった、この先も稼ぐことはできると思った。

 

結婚式は、人生の一大イベントだから、計画をしているうちに、それが最優先になる。
無職はつらいから、どこでもいいから再就職先に申し込む。
相方が薄給だったり、貯金がないと、不安になる。

目先にあるイベントや不安に気持ちは捕らわれるのは仕方がないけど、幸せになるために、目先のことはたいして重要ではない。

 

目先のことに捕らわれないようするのに、お互いを信じることと、やっぱり「お金」がいる。

貯金がないと生活もイベントもできないので、まず何をおいても働くことが最優先になり、長期的な視野を持てない。

 

目先のことに捕らわれず、長い目で見て、家族で幸せになる。このために貯金は大事だと思っている。もちろんお互いを思いやる気持ちも欠かせない。