みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

インデックスファンドの積立 2017年7月 相場は好調

f:id:mitove2:20170715054806p:plain

2017年7月のインデックスファンドの積み立て状況をまとめてみる。

給与口座から自動引き落としで、自動で投資信託を積み立ててくれるから、ほったらかせることが利点。

パッシブ運用で短期で損益はそんなに大きく上下しないはずだから(理論上)、頻繁に確認する必要はないけど、相場が順調な時の記録として、後で見返す時に参考になるかもしれない、ならないかもしれないけど。

 

パッシブ運用しているインデックス系投資信託

世界経済インデックスファンドと日経平均225クラスは2013年11月に積立を開始した。

全海外株式や新興国株式クラスは2016年の円高と株安の時に新しく積立を追加した。

外国債券は2017年の1月ぐらいから債券クラスの価格が下がってきた時に新しく追加した。

毎月、インデックスファンドを積み立ている金額は18万円。

 

SBI証券の「ポートフォリオ」の画面。この画面で自分が保有している株式・投資信託・債券などの全てのクラスの情報が見れる。

f:id:mitove2:20170715052435p:plain

インデックスファンドは、合計の取得金額が401万円、プラス53万円、+13.2%ぐらい(2017年7月14日〆)

(これとは別に、楽天証券に20万ぐらい)

パッシブ運用のわりにはめずらしく好調、自分的には。

とりあえず、これからも株式、特に外国株式クラスの割合を地道に増やしていこう。

 

投資信託の解約画面が見やすい

この前、リバランスで投資信託を売却した時に、投資信託の解約画面が意外に見やすいことに気が付いた。

「取引」→「投資信託」→「売却」→保有投資信託一覧の「投資信託」

f:id:mitove2:20170715054200p:plain

ファンド名、保有口数、取得単価、基準価格、取得金額、評価額、評価損益がすべて一覧でわかるようになっている。

字も大きい(笑)

頻繁に取引しない自分には、この画面のほうが投資信託は見やすい。

好調な相場がどこまで上がるか、わくわくする。