みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、わくわく英語を学んで、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

つみたてNISAを途中から始める人でも投資可能期間は2037年で終わり

つみたてNISAのおさらい

積み立てる投資信託

つみたてNISAは安定的な資産形成を目指すことが目的の非課税制度です。

つみたてNISAの対象となる投資信託は、長期・積立・分散投資に適した商品となるように、低コスト(販売手数料が0円(ノーロード)で、信託報酬も低い商品)、毎月分配型でない(頻繁に分配金が支払われない)商品などの法令上の条件が設けられています。「つみたてNISA早わかりガイドブック」の公表について:金融庁

  • つみたてNISAのスタートは2018年、平成30年。
  • 投資可能な期間、つまり投資信託を積み立てることができるのは2018年から2037年(平成30-49年)で、購入した投資信託は非課税で20年間運用できる。
  • 年間の投資額は最大で40万円で、翌年に持越しはできない。20年間積み立てれば40万円×20年間で800万円が非課税で運用できる。
  • 1人で1口座を開設できて、運用で得た利益・分配金は全額非課税。
  • 上場株式投資信託(ETF)も対象商品、購入手数料は必要になる。

 

金融庁さんに質問

金融庁の資料や説明を見て、わからないことがあったので関係者に質問してみました。

2019年以降の途中からつみたてNISAに参加する場合と、買った投資信託が21年目にどうなるか? あくまで今の法律ではという前提で、

  • 例えば、2018年に購入した投資信託は、2037年末まで非課税口座で運用できて、翌年の2038年からは強制的に課税口座に移管になる。ロールオーバーはない。
  • 2037年までが投資可能期間なので、2018年はつみたてNISAをやらない人が2019年からつみたてNISAを始めたら、投資可能期間は19年に短くなる。2023年から始めたら、投資期間は15年間に短くなる。2030年から始めたら‥以下、同じ。
  • つみたてNISAを初めて、途中の数年だけ積立を止めても、投資可能期間は延長されない、2037年(平成49年)まで。

    f:id:mitove2:20171128122429p:plain

    金融庁のサイトと資料より一部抜粋

まとめると

ようするに今の法律では、「つみたてNISAで投資信託を買えるのは、途中から参加しても、休んでも、どんな条件でも2037年(平成49年)まで」と、金融庁の人から回答でした(感謝)。

ここにも説明がありました→つみたてNISA Q&A : 金融庁

つみたてNISAの恒久化への要望は多いですが、どうなるかはわかりません。

でもそれは、この制度に参加すると決めた以上、心配しても仕方ないと思います。

f:id:mitove2:20171128031731p:plain

つみたてNISAで投資信託を買えるのは、いつから参加しても2037年まで

 

2018年から一般NISAか、つみたてNISAか

2018年までは一般NISAが使えるので、つみたてNISAは2019年から始めようと思っていました。

でも、上記のような話を聞いて、特に一般NISAを続ける理由がなくなりました。

来年からは、私はつみたてNISAを始めようと思います。

一般NISA口座は、含み益があるうちに利益確定することにします。

このまま2019年も株高が続いて、結果、売り急いで利確が速かったなと後悔するかもしれません。

反対に2019年は、大きな調整が来て、一般NISAの120万円があれば全部、株安時に仕込めたのにと後悔したりするかもしれません。

色々なパターンが予想されますが、相場の予想はあてになりません

ほとんどの経済の専門家が2017年の秋からの株高を予想できなかったし、そして自分も予想できません。

結局、先の事なんてわからない。

損益通算ができず、非課税期間が5年間の一般NISAは、利益のある時に利確しようと思います。