みとべのできるかな

リーマンショックで冬眠するも復活。共働きでインデックス投資(株も)を続けてます。最近は子供たちの教育と自分のスキルアップに悩んでます。

日経平均のインデックスファンドがどんどん低コスト化するから目移りする

国内株式のインデックスファンドを、2013年から積み立てしてます。国内大型株の動きに連動すればいいさと軽く考えており、TOPIXから日経平均に変えて投資信託を積立してます。

その時にいちばん信託報酬が安いファンドを選んでいるので

  • 始めは三井住友TAM-日本株式インデックスe TOPIX(配当込み) (0.4%)
  • 次に、ニッセイ日経225インデックスファンド(0.27%)
  • さらに次に、三井住友TAM-日経225 インデックスe (0.21%)

というようにこれまで3つの投資信託を渡り歩いて、合計で36万円ほど積立しており、損益は+6.5%ぐらいです。乗り換える前の投資信託はそのまま保有して、乗り換え先の投資信託を新しく積立はじめる感じです。

そして、新しく11/21に始まるニッセイ-日経平均インデックスファンド(0.18%)(配当込)の信託報酬の安さに釣られて12月から乗り換える予定です。

どんどん低コスト化するのは嬉しいけど、保有する投資信託の種類がどんどん増えちゃいます。目移りしすぎなんでしょうか