みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

二人目の高齢出産の心配 退職しようと思ったけど開き直ることにした

早いもので2017年も半分が過ぎた。

2016年ぐらいから雑用や人間関係のトラブルで仕事へのやる気がどんどん下がって、年度末の忙しさが加わってメンタルがすごいやられた。

そんな時に、年間評価が良くないので2018年の更新が危ういという事を上司から告げられ、もうダメだ―と落ち込んだ。

2017年4月の年度初めから、人間関係が落ち着いて、学生インターンの世話もしながら、本職に集中できるようになってきた。

 

夏だしやったるでー、評価アップじゃ、と思った矢先。

 

f:id:mitove2:20170710060048p:plain

 

 

吐いた。そしてだるい。

f:id:mitove2:20170710060106p:plain

なんか前も同じようなことがあったなと思ったら。

 

赤ちゃんがいらっしゃっていた。

f:id:mitove2:20170710060134p:plain

 

二人目は欲しいと思っていたので、とても嬉しい。

 

でも、その日から色々考えて頭の中がぐるぐるする。

まず、心配なのが高齢出産。出産予定日はギリギリ30代、母児ともにリスクが高い。

 

次に仕事。

妊娠の初めは不安定なので、特に海外出張はできない。

海外での企業紹介‥‥、断って、別の人に代わってもらうしかない。

 

年明けまでは体調が良ければ働けるが、産休はもちろん必要、年度末は産休中になる。

仕事は6月ぐらまで少し余裕があって、これからどんどん忙しくなって年度末がピークになる、産休の分を前倒しで進めることができるだろうか。

昨日は、デスクワークで半日ぐらい難しい作業をすると眩暈がした。

仕事が予定通りに進まないことを見越して、上司とは出産前に退職することを相談したほうがいいんじゃないか。

 

そうだ、後任を探してもらって、すっぱり退職しよう、と、1週間前に思った。

f:id:mitove2:20170710060635p:plain

 

 

そしてしばらく、また、考えた。

赤ちゃんが大事なのはいいとして、このまま仕事を辞めて、それで自分がいいのか。

仕事でやりたいことはまだある。

仕事を辞めたとして、出産したらすぐには再就職できない。同じ職種に一生付けないかもしれない。

初めて家にいて育児に専念する生活が数年、いやずっと続くかもしれない。同居しているので、日中ずっと家にいたら少し気を使いそうだ。

上の子は保育園から幼稚園に移動になるだろう。

 

家にいて育児に専念するのは想像がつかないし、今のところ、自分がそうしたいとは思えない。子供はしっかり育てようと思うけど、それとこれとは別の話と思える。

 

家族が増えても経済的な心配はあまりない。

ただ、ここで、退職を前提に相談していいのか。

 

どうせ、評価が悪ければ、次の更新はない。つまり、どっちにしろ退職になる。

やるだけやってみて、自分や子供に負担がかかりすぎたり、どうしようもなくなったら退職すればいいや。

 

そもそも、妊娠が続くとも限らない。妊娠の初めは残念なことになることが多い。そして、安定期以降に胎児に異常が見つかるリスクも、若い時より高い(不吉ですみません)。仕事によるストレスも軽くないけど、高齢のリスクは、それ以上にあると思う。

夫はたいして高齢出産のリスクについて心配していないっぽい。でも夫に「高齢だから不安だー」って言われても困るし、そうだよね、優しく気遣ってもらえるのが一番だ。

 

人生の一大イベントって自分の力じゃどうにもならないことが多い。

 

なるようになる仕事を続ける前提で相談して、あとは上司の裁量にまかせよう、と、心の中では開き直ってしまった。

まずは、職場に早々に報告しないとね。