みとべのできるかな

リーマンショックで冬眠するも復活。共働きでインデックス投資(株も)を続けてます。最近は子供たちの教育と自分のスキルアップに悩んでます。

ドSの女性歯科医に通って歯がピカピカ

投資はしてもしなくても自由ですが、歯は大切にしたほうがいいと思ってます。

久しぶりに歯石取りに行ってきました。

近所に歯科ができた

歩いて数分の近所に歯科クリニックができました。ガラス戸でおしゃれです。二人目を妊娠してから行っていなかったので数年ぶりに歯医者に行きました。

受付もおしゃれなカーブのカウンターです。歯の処置椅子に座ると、女医さんが歯周病のチェックと、歯石取りをしてくれました。(途中で歯科助士の人に交代)

歯の磨き方も教えてくれて、歯間ブラシはSサイズが合っており、下の前と、上の左奥は隙間が多い、デンタルフロスは歯間が見えないところに、動かしながら直角に入れて、などなど、毎日のメンテナンスのコツも丁寧に指導してくれました。

前に通ってた歯医者は古いおじいさん歯科医の所だったので、新しいところもいいもんだと思いました。

深いところの歯石取りもしたほうがいい

1時間半ぐらいで歯石取りが終わったと思ったら、女医さんが「深いところの歯石も取ったほうが、歯周病などの予防になる」と説明してくれました。

ざーと全体の歯石を取っただけでは表の歯石が取れるだけで、奥のほうの歯石は残っているという話です。

奥のほうも取るなら、上下6か所にわけて、6回以上通うとできるらしい。

近いし、1回は30分程度と短いので、週末に通うことになりました。

奥の歯石取り、痛い

歯と歯茎の溝のところを丁寧に歯石を取ることを、「奥の歯石を取る」ということらしいです。機械だけじゃなく、何かとがったもので、「ガリッ」「ガリッ」と取られます。歯間の、たぶん神経が近いところはやたら痛い、「ぐぬぬぬ」と呻くと「がんばって」とはげまされます。

6年以上前に親知らずを抜いてまして、その手間の奥歯は溝が深いので、ゴリゴリされます。普通の歯ブラシでは届かないようになっているらしく、汚れが溜まっているそうです。

うぬぬぬ、痛い

女医さん手加減なし。

年末から2月まで通う

間をあけながら週末に通うこと7回、年末から2月にかけて奥の歯石取りが終わりました。

その間、歯間ブラシをさぼると叱られ、歯ブラシの当てる力が強いと叱られます。

曰く、歯の磨き方はすごく優しく弱く歯の表面に直角にあてるのベスト、多くの人は力を入れすぎて歯の表面(エナメル質)を傷つけている。強く磨けば磨くほど歯がすり減って汚れが付きやすくなる。歯ブラシを斜めとか先端だけ当てるのもダメ、磨けてない上にやっぱり当たるところが強くなりすぎる。自分で自分の歯を削っちゃダメ

自分でその場で手鏡を見ながら歯磨き練習して、その場で叱られます。別に嫌味じゃないので、叱られるのも慣れました。

f:id:mitove2:20200301043337j:plain

私は周りの状況になれちゃう性格なので、土曜日になったらドSの女医さんに会い行く~叱られる~また来週~、とすっかり日常になりました。

結構ピカピカになったので満足ですが、次は同じところに行こうか、それともおじいちゃん歯科医のところに戻るか、ちょっと迷い中。

歯科医の個性って面白いですね。