みとべのできるかな

共働きで子育てしながらインデックス投資してます。ほったらかし投資を目指すはずが脱線だらけ?

長期投資で経済成長に期待するのは間違い?それでも経済成長に期待する楽天家でいたいと思う

インデックス投資を長期間、20年以上は続けることで世界経済の成長に乗っかろう、と、思っていたところ、
長期投資は経済成長に期待するのは間違い」という記事を見つけて、
あれ?何か間違ってたの?と立ち止まった。

media.rakuten-sec.net

投資家が論理的に期待すべきなのは、投資対象の成長率ではなく、資産価格形成に含まれるリスクプレミアムなのである。株価が正しく形成されているとすると、成長率の低い国の株式に投資することもなんら不利ではない。「信じる」、より正しくは「期待する」とすれば、経済成長・利益成長ではなく、マーケット(の価格形成)のほうだ。

 

自分になりにまとめると、

  • 個人が投資できる期間は100年もない、長期投資を20年とすると、その短い期間で経済成長に期待するのは楽観すぎる。
  • 経済成長に期待するのではなく、マーケットの価格形成に期待しよう。

投資のリターンの源泉は資産価格の形成の過程にある。
つまり、高成長の企業なら株価が高く上がる過程がリターンで、低成長の企業でもそこそこ株価が上がる過程がリターンということらしい。

経済の難しくて詳しいことはわかりませんが(すみません)、何に期待するか?=気持ちの持ちよう、のことを書いており、別に長期投資をするな、止めよ、とは書いていない。

じゃあ、自分の投資にどうやって役立てるかと考えると、

「長期投資をすることに変わりないけど、20年間ぐらいじゃ、成長しない可能性があるから、気を付けよう」という心づもりを持つことかな?と思う。

実際、20年の長期投資でも、必ず利益がでるとは限らない、損をする可能性はある。

投資に必ず、絶対はない、いつもそう思ってる。

あと、記事の内容とは違うけど、
自分のリスク許容度に収まるように資産配分を考えて、リスクコントロールした上で楽観するのは、長期に投資するには精神的にメリットだと思うので、経済成長に期待する」楽天家でいたいと思った。

f:id:mitove2:20180121101725p:plain

悲観しても楽観しても、インデックス投資はだいたいやることは同じなので、将来のことを心配しすぎても、リターンがよくなるわけじゃないから。

何十年も先の将来のことなんて、専門の経済評論家やすごい偉い学者だってわからない、誰にもわからないのだ。