みとべのできるかな

共働きで子育てしながらインデックス投資してます。ほったらかし投資を目指すはずが脱線だらけ?

投資も節約も飽きてきたけど、親切な世界中の人が勝手に利益をくれるから問題なし

仕事が嫌になって投資に気持ちが向くようになってからの数年間、私にしてはかなり投資のことを考えたなと思います。

2018年は年間を通して相場の上げ下げがあり、インデックス投資や資産運用の方針を整理したり、よくやったなと思います。

インデックス(指数)に寄り添う

インデックス投資では国内(TOPIXや日経平均)や先進国(MSCI・コクサイなど)などの指数に連動する投資信託を保有しますので、上昇するときも下落する時も、その動きに寄り添います。

上がる時(幸せな時)も下がる時(悩める時)も、常に指数と共にある、それがインデックス投資。

基本は買ったらバイ&ホールドです。

ほったらかし、とたまにリバランス。

全体的には飽きてきた

投資の方針とか投資信託それとも海外ETF?とか色々考えたり悩んだり、それも楽しいんですが、めんどくさがりで飽き性の私は、投資にも節約にも最近飽きてきました

もっと他の楽しいことがしたい。

楽しいことが空から降ってきたらいいのに。

f:id:mitove2:20180204113413p:plain

世界中の人が勝手に利益をくれる

インデックス投資信託をメインに資産運用しているのですが、私が何もしなくても、証券口座へのログインもボタン1つも押すことも不要で、投資が続けられるような仕組みになっています。

  • 毎月の給料が地方銀行の口座に振り込まれる。
  • SBI証券が勝手に銀行引落サービスでSBI証券のハイブリッド口座に入金してくれる。
  • SBI証券が勝手に毎月つみたてNISAと特定口座で投資信託を積立してくれる。
  • 全世界株式の投資信託を積立しているので、勝手に国内と先進国と新興国の比率を調整してくれる。
  • 全世界の会社ががんばって利益を上げて、コスト分引かれて、投資信託の基準価額に反映される。
  • 配当があっても自動で再投資される。
  • まとめると、世界中の人が勝手に利益をくれる仕組みになっている。

 

私がやったほうがいいことは、(やらなくても投資は続く)
1年ぐらいに1回、投資信託(主に株式)と個人向け国債と現金の比率を確認して、必要ならリバランス。

以上、終わり。

やることはほとんどなくてもリスクコントロールは大切ですから、自分の投資のルールを忘れないようにメモしておきましょう。

全体的にはインデックス投資でやることは本当に少ないです、手間いらず。

個別株は大きな調整の時だけでいい

国内の個別株もちょっと持っていますが、ふだんは別に何もしなくてもいいや、と思うようになりました。

ニュースや新聞で「日経平均の暴落」とか連呼されて、投資しない一般の人が「あれ?株暴落してるの?」と気が付くレベルまで何もしないほうがいいように思います。

一般の人が気が付くレベルの大暴落で買えばいいや、ふだんは地味株達をホールドしておこうと思います。(これは銘柄にもよりますので注意)

節約はほどほど意識

家計管理もマネーフォワードで楽々です。
クレジットカードで支払う分は自動で反映されます。

手持ちの現金から支払った時は入力が必要です。
手入力がめんどいのでキャッシュレス生活を進めようと思います。

毎日、お金を使う場面で必要か?トキメクか?とちょっと意識します。

そうするとちょっと節約。

これでも投資よりはやること多いなと思います。

まとめ 飽きても大丈夫なような仕組みがいい

こんな飽き性な私なのでインデックス投資信託を自動で積立るほったらかし投資でよかったと思います。

海外ETFでの資産運用すら、今の私にはめんどくさい。

人間誰しも飽きるってことありますよね。

飽きても大丈夫なような仕組み作りをしておいたほうがいいです。

仕事も飽きてきました、楽しい事が空から振ってこないかしら。