みとべのできるかな

インデックス投資(株も)やってます。

ソニー銀行のキャッシュバック2%は鬼レベル

ソニー銀行のキャッシュバック2%の優遇プログラムを知って気になりました。狙うならランク3のゴールドかなと思いますが、鬼レベルのハードルの高さなので、すぐに使うことはなさそうです。

デビットカードのキャッシュバック

ソニー銀行のデビットカードが「Sony Bank WALLET」らしいです。

ソニー銀行に預ける資産の大きさによって、優遇ランクが4種類あります。ランク3のゴールドとランク4のプラチナ、ハードルは高いけど、デビットカードで買い物をすると、キャッシュバックがゴールドで1.5%、プラチナで2%だから、一般的なクレジットカードのポイント還元より高いです。

優遇プログラム Club S

Sony Bank WALLET(デビットカード)のキャッシュバック率とステージ条件

ランク1 ステージなし:0.5%

ランク2 シルバー:1.0%:円預金(定期)+外貨預金+投資信託保有額を円換算で300万円以上、または、外貨か投資信託の毎月積立3万円以上

ランク3 ゴールド :1.5%:外貨預金+投資信託保有額を円換算で500万円以上(円預金(定期)は対象外)

ランク4 プラチナ:2.0%:外貨預金+投資信託保有額を円換算で1000万円以上(円預金(定期)は対象外)                   

moneykit.net

ランクダウン判定は年2回だけ

シルバーは円預金も入れて300万円以上か、毎月積立3万円だけでもいいので、1%のキャッシュバックは手が届く人もいるでしょう。でも、1%ポイント還元は楽天でも同じなので、特別なお得感はありません。 

その上の、ゴールドとプラチナは、ステージの条件になる資産額に円預金(円定期)が含まれない(対象外)なので、かなりハードルが高いです。外貨預金か投資信託で500万円以上です。鬼レベルですね。

ただし、ランクダウン判定は年2回の3月と9月のみ、つまり、外貨預金や投信を3月と9月だけ買って、ランク確定したら売っちゃう手はあります。だけど、数日でも値動きがあるのであんまりお勧めしません。

判定の流れとステージサポート|優遇プログラム Club S|MONEYKit - ソニー銀行

投資信託は何を買う

優遇プログラムのゴールド以上を狙って、投資信託を買うとしたら何を買うか。

インデックス投資で、株が半分、残り半分は債券or現金でやってるので、自分なら低リスクの資産を買います。ニッセイの国内債券(信託報酬0.132%)を買うでしょう。〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ 国内債券インデックスファンド

eMAXIS シリーズはあるけど、さらに低コストなeMAXIS Slimシリーズはありません。

ニッセイの4資産、ニッセイ外国株、ニッセイ外国債券、楽天VT(全世界株)も、資産配分に合ってるなら買うかも。

ファンド一覧・検索|投資信託|MONEYKit - ソニー銀行

アクティブファンドのひふみや投資のソムリエもおもしろそうだけど、たくさん買う気がないので、候補からは外れます。

外貨預金はやらない

外貨預金の金利よりも為替リスクのほうが嫌なので、外貨預金はやらないでしょう。

米ドル為替手数料は15銭から4銭で、中ぐらいの安さです。でもSBI銀行は米ドルの為替手数料は片道2銭なので、為替コストはSBI銀行のほうが安い。

ゴールドでは海外送金1回無料(通常3000円)なのはいいですね。海外ATM使うとか、海外とのやり取りが多い人にはメリットありそう。

f:id:mitove2:20190315053136p:plain

キャッシュバックは得か?

デビッドカードで1年で100万円使うなら

  • ゴールド:1.5万円キャッシュバック、つまり、500万円以上の外貨or投信に対して1.5万円がもらえるので、0.3%還元、+投資リスク
  • プラチナ:2万円キャッシュバック、つまり、1000万円の外貨or投信に対して2万円がもらえるので、0.2%の還元、+投資リスク

デビッドカードで1年で200万円使うなら

  • ゴールド:3万円キャッシュバック、つまり、500万円以上の外貨or投信に対して3万円もらえるので、0.6%還元、+投資リスク
  • プラチナ:4万円キャッシュバック、つまり、1000万円の外貨or投信に対して4万円もらえるので、0.4%の還元、+投資リスク

(比較)あおぞら銀行BANK支店普通預金0.2%、現金ですぐに使えて、投資リスクなし

デビットカードで100万や200万使う人なら、ゴールドランクがお勧め、あおぞら銀行BANKの0.2%よりお得、だけど、投資リスクがあるので注意。

鬼レベルのハードル

優遇プログラムは、つまり「お金持ち」優遇プログラムです。

  • 資金があり、外貨預金や投信を大きく買える
  • デビットカードで買い物が多い、年間100万~200万円以上は使う

この2つに当てはまる人はソニー人銀行の優遇プログラムに向いてます。

しかし、外貨預金or投資信託を500万円以上からのゴールドやプラチナは鬼レベルの条件です。ランクダウン判定は3月と9月のみなので、3月と9月だけ投信を買って、すぐに売る手はあります。だけど、数日でも値動きがあるのであんまりお勧めしません。

個人的には、優待プログラムのランクアップを最優先にして、投資信託を買うのはお勧めしません。そもそも年間のカード支出額が少ないとメリットはありません。

キャッシュバックもあくまでサービスなので、ルールが変わるのはよくあることです。投資は、無理せず、自分の投資ルール(資産配分とか)を1番に考えて、おまけのサービスは2の次です。

ということで、ソニー銀行の優遇プログラムはすぐに使うことはなさそう

プラチナのキャッシュバック2%は鬼レベルすぎるので、やるならゴールドランク狙いで、ニッセイの国内債券500万円を買うでしょう、しかし、投資リスクに注意、無理は止めましょう。一般的には、あおぞら銀行BANKの普通預金0.2%のほうが無難だと思います。