みとべのできるかな

リーマンショックで冬眠するも復活。共働きでインデックス投資(株も)を続けてます。最近は子供たちの教育と自分のスキルアップに悩んでます。

【国内株の売買と損益のまとめ】インデックス投資とは比べないで、自分の気が済めばオッケー

 【2020年2月更新】

インデックス投資がメインですが、趣味で国内の個別株もやってます。サテライトってほどでもない、銘柄の分析も得意じゃないし、雰囲気で投資してます。

どうして売買記録をつける?

個別株は、売り買いしてみたい興味とか、その企業の行く末とか、好奇心からやってます。インデックス投資だけだと、どうしても投資に興味が薄れがちだから(正しい)。

ヒトは自分の都合のいいように思い出を作り、脳内では儲かったイメージだけが強く残るので、後で客観的に振り返れるように売買の記録をまとめてます

買った日から売った日まで何ヵ月保有したかもメモってます、なるべく長期保有できるような銘柄を選べるようになりたいので。

売買記録なんて付けないほうが良い、という意見もあるので、その辺は個人の自由です。

2013年から現在の損益のまとめ

表にあるのは全部売って確定した損益なので、保有中のものは入っていません。1行100株です。まさに少額投資。

特定口座も一般NISAもまざってます。源泉徴収、還付金も入ってます。優待クロスは含めてません、目的が違うから。

f:id:mitove2:20200224053850p:plain

損益は83万円、投資した元本に対する利益は24.5%、2013年8月から現在までの投資期間は78か月。利益を投資期間で単純に割って、12か月分の利益を計算した年率(12か月分の損益率)は6.1%でした。

これまでの取り引き感想

初めのころは損切が多かったです。でも最初のころに損切に慣れおいたほうがいいと思います。2017年12月に全ての株を売っており、初めのころに買ったダメ株も含めて仕切り直しができました。

個別株の場合は、買うのも難しいけど、売るのはもっと難しい、損切や利益確定は重要だと思います。

インデックス投資と比べる意味はないかも

2013年から2020年まで、国内株に投資していない時期もあるので、その時、その時の利益は国内のTOPIXを上回っていますが、期間全体でならすと1年で6.1%なので、年率5%の期待リターンと大きな差はないです

つまり、個別株やっても、インデックス(平均)程度で、すごい好成績ってわけじゃない。ここ数年のインデックス投資は年5%以下なので、それよりは少し上回るぐらい。

個別株持っていると、わりと成績良いって思っちゃうんですけど、私の場合は脳内の過大評価ですね。それがわかると、過度に期待しなくていいのでむしろ気楽です。

そもそもインデックス投資とは投資額が違うし、投資を始めてから現在までの78か月で利益を割っちゃうのもおおざっぱ過ぎる気がします。

個人的にはインデックス投資と個別株の売買を比べる必要はなく(意味がない)、自分が気が済むパフォーマンスであればそれでいいかなと思っています。いつか、カッコよく企業分析とかしてみたいな。