みとべのできるかな

リーマンショックで冬眠するも復活。共働きでインデックス投資(株も)を続けてます。最近は子供たちの教育と自分のスキルアップに悩んでます。

Kyashリアルカード使い始めてすぐ0.5%ポイント還元ダウンで半泣き

Kyashリアルカードを使い始めてまだ2週間ぐらいです。なんかペラペラだし使うの慣れてないので緊張します。そんな中、2020年5月から、Kyashリアルカードが0.5%ポイント還元にいきなりダウンします。なんてこったい半泣きです。

Kyashリアルカード使ってみた

磁気ストライプの読み込みで使えます。下向き、表を内側に向けて、手前にスライドします。ICチップと暗証番号には非対応。

使えたのは(たぶん使えそうな店も含む)、ココス、イオンのスーパー、イオンに入ってる店(本屋、mont-bell、無印良品)、イトーヨーカドー、蔦谷書店

店員さんによっては「?」と不思議そうにKyashカードを見るので、「VISAです」とクレジットカードと同じですと言ってます。

使えなかった店 

モスバーガー

→磁気スライド式だけどエラーになって使えなかった。店員さん曰く「対応できないカードです」の表示がでた。

スライド式で読み込めない時は、表を内側下向きでエラーが出ていたので、表を外側下向きにしたらよかったのかもしれない?

タクシーのお客が後部座席で自分で差し込むタイプの決済

→差し込み式(ICチップがいる)なので使えなかった

近所の和食レストラン・ハンバーグレストラン・ニトリ、地元のファミリースパ(温泉)、イオンに入っている専門店(イオン内でも使えるところと使えないところがあるかもしれない)

→差し込み式(ICチップがいる)or 暗証番号で使えなかった

f:id:mitove2:20200214052057p:plain

2020年4月から新登場Kyash Card

2020年4月から新登場Kyash Card(1%ポイント還元)が新たに登場です、展開が早い。ICチップ付き、暗証番号は対応。ほぼクレジットカードと同じ。

発行手数料900円(!!)

1回あたりの決済上限が30万円にアップ。

1ヵ月の決済上限100万円にアップ、ただし1ヵ月の還元対象上限は12万円で今までと同じです。

5年間有効で、累計使用額の上限100万円が撤廃、1ヵ月100万円までなので5年間で最大6000万円、そんなに使う人は稀なので、実質、使用額は無制限です。これは嬉しい。

support.kyash.co

ICチップ搭載で暗証番号(4桁)、VISAタッチに新しく対応

本人確認書類が必要になりました。

2020年4月からKyash Card Liteにランクダウン

2020年3月までKyashリアルカード(1%ポイント還元)だったのが、2020年4月からKyash Card Lite(0.5%ポイント還元)に名前も変わってポイント還元が半分になっちゃいます。

2020年4月以降はKyash Card Liteの発行手数料300円(!!)かかります。発行手数料無料の時に作っておいてよかったです。

Liteだから補助カード的なポジションに追いやられた感じですね。

2020年5月からどうする?

新登場Kyash Cardの発行手数料900円は、あらまあ高いと驚きましたが、年間じゃなくて発行だから、5年間で900円

計算してみると、1%ポイント還元としてKyash Card9万円使えば900ポイント還元で元が取れます。5年使えるので、1年で1万8千円、1か月で1500円ぐらい使えばいい

ハードルは低いぞ。

ネット決済ならバーチャルカード(発行手数料無料、0.5%ポイント還元)でいいわけで、外出で毎月1500円以上、快適に使えるかどうかですね。

ICチップ掲載で差し込み式OK、暗証番号OKでクレジットカードとほぼ同じ新しいKyash Cardは快適さ2倍の予感で期待大です。

これからどうするかは、新しいKyash Cardを使ってみた人の口コミ待ちです。Kyashリアルカード(Kyash Card Lite)で様子見中。こんな感じであいかわらず素早い人から私は周回遅れな日々です。