みとべのできるかな

リーマンショックで冬眠するも復活。共働きでインデックス投資(株も)を続けてます。最近は子供たちの教育と自分のスキルアップに悩んでます。

【2020年4月の家計簿】自粛生活とスマフォと小学校

4月はギリギリ小学校入学式(分散して小規模)がありました。一週間ぐらい登校して、その後、新型コロナウイルス感染対策のために、5月中旬の現在までずっと休校しています。

この家計簿は私(妻)の収入からの支出をメモしてます。夫や義父母の財布がどうなってるかは知りません。

3世代完全同居、子世帯共働きで子ども2人、6人家族の家計分担 - みとべのできるかな

4月の支出まとめ(生活費+スマフォや小学校)

食費 25,587円(平日のお昼と給食の材料、週末のデリバリーとか)
日用品 25,765円(おむつ、育児用品)
趣味・娯楽 1,521円
交際費 2,288円
交通費 17,660円(電車とかタクシー)
衣服・美容 0円
自動車 12,650円(ガソリン代)
教養・教育 30,676円(小学校教材6千円、習い事2万8千円)
特別な支出 600円
現金・カード 0円
通信費 61,788円(スマフォ2台、事務手数料3千円など)
旅行 0円
(保険・税金・医療費・保育料を除く)

合計 178,535円

予算オーバーの赤字なのですが、生活費は86,071円なのでまあ良いとして、生活費じゃない項目が大きかったです。

スマフォを2台買いましたが、スマフォに乗り換えるための必要経費かなと思います。

楽天モバイルでスマフォを買ってみた記事はコチラです↓

【3万円で平均以上】浦島花子、AQUOS sense3 lite の指紋認証に感動する - みとべのできるかな

小学校で必ず購入する指定教材、4月から始めた習い事もこれから子供の興味を増やすために必要な出費かなと思います。

予算内に収まってなくて悲しいけど、淡々と実際使った金額を記録したいと思います。

新1年生習い事スタート

習い事は、見学に行く前は嫌だの行きたくないだのと文句を言ってましたが、行ってみると楽しくて気に入り、その場で子供本人が通うことを決めました。体を動かす軽い運動系です。

入会費と月謝と管理費とユニホームを含めて、キャンペーンで割安になってますが、その代わり10月まで止めれません。(止めてもいいけど月謝が戻ってこない)

でも4月下旬からコロナ対策でお休みになっちゃいました。月謝を払った分は、翌月に繰り越しか、振替の時間をもらえるらしいですが、全員分の枠を振替できるのか、なぞ。

親子で運動と課題を楽しむ

偉そうなことは何もできませんが、学校に行けない分、私も早退して親子で学校からの課題、通信教育(元からやってた)をして、夕方、子供二人と近くの小川を散歩して公園を回って帰ってきます。

f:id:mitove2:20190409051450p:plain

自粛生活が始まって子供と過ごす時間がとても増えました。外出ができないのは嫌だけど、子供と一緒に過ごせるのは嬉しいです。

上の子が鉛筆を握ってひらがなを書いたり、下の子がスッタカタッターと小走りするのを見ると、本当に大きくなったなとしんみり感動(親ばか)。

4月の中旬から長期戦を覚悟して、肩の力をぬいて、子供と相談しながら、ながれにまかせて自粛生活を続けています。

親ばかを発揮しながら、早く日常が戻ってくることを願ってます。