みとべのできるかな

共働きで子育てしながらインデックス投資してます。ほったらかし投資を目指すはずが脱線だらけ?

【2019年10月の家計簿】高級旅館に連泊して親子共にテンション上がる

涼しくなった10月は秋の家族旅行に行きました。

春秋の年2回の家族旅行のうち、秋は近場の小旅行が恒例でしたが、

今年は遠方に3泊4日と、春より盛大な旅行になって大出費です。

10月の支出まとめ(生活費+家族旅行)

食費 27,246円(平日のお昼と週末の外食)
日用品 12,109円(おむつ、育児用品)
趣味・娯楽 12079円(週末のレジャー)
交際費 2,890円
交通費 35,660円(電車とかタクシー)
衣服・美容 9,130円(美容院、服とか)
自動車 3,160円(ガソリン代)
教養・教育 0円
特別な支出 0円
現金・カード 3,172円
通信費 1,335円
旅行 215,761円(ホテル、交通費、食事、お土産等)
(保険・税金・医療費・保育料を除く)

合計 322,542円

補足:上記は私の給与から使った支出をまとめた家計簿です。夫と義父母の分を含む家族全体の支出はわかりません。手が回らないので情報は断裂しております。

 

旅行の21万円を除くと、 

10月の生活費は106,718円、1か月の生活費の予算は102,000円なので、ギリギリ予算オーバーです。

それよりも、旅行代が21万円5千円と予定以上に高くつきました。

しかし後悔なし、行って悔いなし、旅行すごいよかったです。

いつもはお手頃ホテルでバイキング

1年に2回、夫婦と子供2人、たまに義父母も一緒に家族で旅行にいきます。

家族旅行で泊まるのはお手頃のホテルがほんど、大人一泊1万5千円以下、できれば1万円前後ぐらい(オフシーズン)が目安。

食事は大きな広間のバイキング形式が気楽で好きです。他の子連れ家族もいるし、騒いだりこぼしたり残しても大目にみてね、という気持ち。

ついでに、上の子に食物アレルギーがあって、高い安い、値段に関係なく、旅先のご飯は除去食でも食べないことがあります(警戒心や味が嫌)。確実に食べるのは子供用カレーとから揚げ。

下の子は1歳なので、食べる量も内容もそんなに多くない。

1時間、静かに座って大人しく食べる、なんてことはありません、騒ぎます。

大人が会話をゆっくり楽しむ落ち着いたレストランに、旅先で小さな子供を連れていくは親も子も大変。

高級旅館に連泊

今回はいつもより高級な旅館に泊まってみました。

大人1泊2万円以上、我が家にとっては超高級です。ご飯美味しい、ご飯美味しい。

(上の子は宿泊費半額、下の子は無料)

夜の食事は部屋で和食系か、レストランで洋食系。連泊したので両方食べました。

上の子のアレルギー食も工夫したオリジナルの美味しそうなお子様セットがでました。

グラタン風、ハンバーグ、ムニエル風、大人が食べても美味しかったです。

だがしかし、上の子、半分ぐらいしか食べず!!!

親も頑張って食べさせたんですが、これが中々難しい、詳しくは省略。

レストランより部屋食のほうがまし

レストランは、大人のみのテーブルから離れて、間に壁もありました。

しかし、レストランで騒げば他の人に声は聞こえます。

しかも、親も黙ってるわけにいかない、上の子に食べるように言ったり、下の子の催促に答えたり。気を使う事、この上なし。

食事は美味しかったです。でも落ち着かない。

子ども2人とも、旅先でテンションがいつもより上がってます。

f:id:mitove2:20190315053206p:plain

部屋食は、まだレストランより他人がいないのでましでした。

30分すると子供はあきるので、テーブルの回りをウロウロしますが、部屋内なら大丈夫。

大人の料理には小鍋+火(修学旅行でよくみるアレ)やお酒があるので、子供が触らないように注意しつつ、楽しむことができました。

もったいない感があるよね

場所や雰囲気が違うので、子供達もいつも以上にテンションンの上下がはげしい。

下の子、食器や食べ物をぶん投げる、イヤイヤが旅行で高まり、親は困惑。

予想外に上の子は、わがまま言ったり騒いだりするものの、前よりも言動が落ち着いて、成長を感じました。家では甘えん坊なのに。

小さい子連れの旅行は大変ですが、ご飯美味しかったし、子供のイヤイヤに参ったり、成長を感じたり、いい思い出になりました。

しかし、高級旅館は費用対効果を考えると、子供が小さいともったいない感があります。

子供にとっては、好きな食べ物があって、部屋でウロウロできれば、何でもいいのです。

親子とも気楽が好きなので、次回からはお手頃ホテルでバイキングに戻るでしょう。