みとべのできるかな

共働きで子育てしながらインデックス投資してます。ほったらかし投資を目指すはずが脱線だらけ?

【2019年7月の家計簿】予算と現実の差がひどい、仕事が変則的になってストレス上昇中

2019年7月から仕事の時間が変則的になって、平日の夕方以降と土日の業務に対応しています。未就学児が2人もいるし、そんなに仕事したくない、ストレス上昇中。

7月の支出まとめ(生活費)

ブログの家計簿は私(妻)の収入からの支出をまとめています。

食費 37,908円
日用品 12,980円
趣味・娯楽 2,000円
交際費 0円
交通費 26,860円(電車とかタクシー)
衣服・美容 18,270円
自動車 77,942円(タイヤ、修理、ガソリン代)
教養・教育 0円
特別な支出 50,000円(出張費の立替)
現金・カード 0円
通信費 1,334円
旅行 0円
(保険・税金・医療費・保育料を除く)

合計 227,294円!!

f:id:mitove2:20170710060106p:plain

6月に続いて、保育料と保険料も入れると約30万円、給与口座(生活口座)から減りました。

仕事の立替代、車の修理代を除くと、105,914円。

7月の生活費は105,914円、1か月の生活費の予算は102,000円なので、予算オーバー、赤字です。

それよりも予算と現実の差がひどいです。予算の意味があるのか、不思議になってきました。

いきなり車の修理

6月からセカンドカーの軽自動車の維持費を出すことになり、7月、新しいタイヤが必要なので買いに行きました。

夫の知り合いの知り合い(また知人経由)で、安くタイヤを買えることに。

その車のタイヤ&パーツ屋さんに行ったら、「タイヤを付ける時にボルトが斜めになって固定された(ダメな付け方)ので、ボルトが曲がっている、とりあえず曲がったボルトを切断して、タイヤ交換するけど、修理が必要

と教えられました。

曲がったボルトを切断するので、タイヤ交換前後で写真を撮り、証拠と説明を書いてくれました。

軽自動車の整備は義父の知り合い経由のところに毎回、頼んでいます(また知人経由)。他のところにお願いしたことはなし。

義父がいつもの車の整備屋さんに事情を説明すると「うちではボルトを斜めに付けていない、言いがかり」と反論しかけたそうですが、(他の整備屋さんにお願いしたことはない)

タイヤ交換前後の写真と説明文を見せると、なんやかんやごにょごにょで(詳しくは義父が対応)、ボルトの修理、全てのボルトのチェック等をしてくれました。

タイヤとタイヤ交換とボルト修理で約7万円、相場よりは安い、はず。

車って車って、お金かかりますよね、ホント

仕事のストレスはお金で解決?

決まったから仕方ないけど、仕事が変則的になって、ストレス上昇しています。

義父母、夫にも助けてもらいまくりなので、外食を奢ったり、自分にご褒美でランチを好きに食べたり、食費(朝夕などの食費は含まれていない)だけで3万7千円。

出張も増えてきました、行きたくない。うっかり東京の帰宅ラッシュに巻き込まれたりしてます。

昔からある羽田空港第2のロールキャベツ(とコロッケ)の洋食屋さん、久しぶりに食べたら塩っぱいんですけど、味変わったのか?それとも私の味覚が退化したのか。

タクシー使用で、交通費もこれから高くなる予感、節約モードはしばらく無理。そんな余裕ありません。

何とか乗り越えるモードで、財布の紐はゆるめて、自分を甘やかしながら乗り越えます。