みとべのできるかな

共働きで子育てしながらインデックス投資してます。ほったらかし投資を目指すはずが脱線だらけ?

【2019年5月の家計簿】レンゴランドで巨大レゴの造形美にビックリ、ホテルに2段ベッド付き子ども部屋がある

f:id:mitove2:20180427161801j:plain

毎年、5月のGW明けに家族旅行に行ってます。今年は名古屋のレゴランドに行きました。

5月の支出まとめ(生活費)

ブログの家計簿は私(妻)の収入からの支出をまとめています。5月はGWや旅行のイベントが続くと散財しますね。

食費 20,774円
日用品 38,561円
趣味・娯楽 31,000円
交際費 0円
交通費 18,350円
衣服・美容 13,272円
教養・教育 702円
特別な支出 0円
現金・カード 0円
通信費 1,334円
旅行 93,820円
(保険・税金・医療費・保育料を除く)

合計 217,813円、旅行の9万円を除くと、5月の生活費は123,993円でした。

1か月の生活費の予算は102,000円なので、赤字、予算オーバーですね。

日用品は旅行の準備で子供服や長靴を買いました。雨降らなかったけどね。趣味は「はてなブログpro」の2年間の利用料14400円と、GWのお出かけなど。

毎年5月は独自ドメインの更新料、はてなブログproが2年毎に利用料がかかります。

保育園児、レゴランドを楽しむ

旅行先は子どもと相談して決めます。名古屋のレゴランドとレゴランドホテルに泊まってきました。

保育園の年長の子が気に入ったアトラクションは

  • レゴの製造工場ツアー
  • 小さいカートを自分で運転するドライビングスクール
  • 親子で消防車に乗って消火活動するアトラクション
  • 船をレゴで作って、プールの川に流して遊ぶ
  • エジプト?ゾーンにあるアスレチック
  • 海賊船に乗って、水大砲で水を掛け合うアトラクション
  • 東京スカイツリーとか日本の景色を再現したレゴミニュチュア

GW明けに行ったので、人気のアトラクションも数分の待ち時間ですぐに乗れました。

保育園児だと、ジェットコースターとか身長制限があるアトラクションには乗れません、そして本人も怖い物には乗りたがらない。

1歳の下の子は、小さい子用のレゴの広場でちょっと遊んだ後は寝てました。

レゴホテルの忍者部屋

レゴホテルは忍者の部屋で泊まりました。

いいなと思ったのは、

  • 子ども部屋の小スペースがあって、2段ベッドやレゴの隠し金庫、部屋置きのレゴブロック(デュプロ)があって遊べる
  • レゴホテルから隣のレゴランドの壁のレゴキャラがゆっくり見れる
  • ホテル内にもアスレチックがあって、親はレストランで食べながら、遊んでる子どもが見えるので安心
  • エントランスにはレゴで遊べるスペースと、踏むとオナラの音の出る床があったり、いろいろ工夫がある

各階で部屋のタイプが違って、アドベンチャー、レゴニンジャゴー、パイレーツ、キングダム、レゴフレンズの5つテーマがあります。レゴフレンズに泊まってみたい。

イマイチ感は色々ある

  • レゴランド内、レゴランドホテルの食事はソコソコ
  • アトラクションの案内キャストのおじさんが滑舌悪すぎて、近くで聞いても何を喋ってるのか、よくわからなかった
  • 軽食ワゴン少ない、ポップコーンとか探し回りました
  • レゴブロックは限定品があるから楽しいけど、ブロック以外のお菓子とかグッズとかお土産が微妙

食べ物はレゴランド入場口の手前にある名古屋関係の飲食店街の方が美味しかったです。キャスト、食べ物、お土産、などレゴブロック以外でイマイチ感があります。ディズニ―リゾートの凄さを再確認。

レゴブロックの造形美にビックリ

膨大な数のレゴブロックで作る、大きくて多彩な作品は造形美の迫力がありますレゴの作品を生でゆっくり見るのが初めてだったので、眺めてるだけで楽しかったです。

ドラゴンのキャラやお城の門で横になってる衛兵、京都の街並みのレゴミニチュアなど、色と形で立体的に陰影も計算されていて感動しました。

願望を書くと、レゴビルダーの作品がずらっと並んだ大人も楽しめる「レゴ美術館」みたいなゾーンがあったらいいのにと思いました。子どもも作品見るの好きなタイプはいると思うんですよね。

忍者ゾーンが2019年の夏に新しくオープンするので、混んでない時に子供の希望があれば、また行きたいです。