みとべのできるかな

共働きで子育てしながらインデックス投資してます。ほったらかし投資を目指すはずが脱線だらけ?

2018年8月9月の家計簿 余韻ゼロで育休が終わる、9月から仕事に復帰しました。

f:id:mitove2:20180427161801j:plain

ブログの家計簿は自分(妻)の支出のみをまとめてます。

月々の支出を記録することで、今月は使いすぎたら、次の月はなるべく節約したいなと思っています。

ブログで公開しているのは自分(妻)の支出で、毎月変動する私のお昼や週末の外食費や仕事の交通費、子どものおむつなどの日用品や旅行などをまとめています。

www.mitove2.com

8月は育休の最後の月でした。

9月は第2週から仕事に復帰した月でした。

育休中と仕事する月の支出の目標金額はこんな感じです。

  仕事 産休育休
食費 20000 10000
現金など 3000 3000
交通費 20000 5000
趣味・娯楽 3000 3000
日用品 10000 10000
衣服・美容 15000 15000
特別な支出 10000 5000
交際費 4000 4000
教養・教育 2000 2000
通信費 2000 2000
旅行 25000 25000
合計 114000 84000

 

今回は、8月9月の2か月分、支出をまとめてみました。

8月の支出まとめ(育休中)

食費 21,230円
日用品 13,569円
趣味・娯楽 33,935円
交際費 66,080円
交通費 9,760円
衣服・美容 5,004円
教養・教育 0円
特別な支出 0円
現金 0円
通信費 2,308円
住宅 0円
旅行 74,554円
(保険・税金・医療費・保育料を除く)

合計 226,440円(妻の生活費と育児用品、旅行、ご祝儀など)

旅行の費用とご祝儀を除くと、101,886円

8月は、育休中なので、1か月の支出を5万円9千円旅行費の積み立て2万円5千円合計8万4千円ぐらいを目安にしています。

予算オーバー、赤字です。

外出やイベントが多かったので、赤字だろうと思っていました、が、思ったより使っていて、本人もビックリです。

すぐ節約モードになるかは別にしても、数字で出費をはっきり確認するのは大事ですね。

結婚式や夏休みのイベントなど

20代の従妹の結婚式

むかしは田舎のヤンキーだった20代の従妹がめでたく結婚しました。

旦那さんへの会話にたまにやんちゃな地がでるのが微笑ましい。

交際費のほとんどはご祝儀です。

私はアラフォーなので知人友人の結婚ラッシュはとっくに終わり、出産ラッシュも終わりかけていて、ちょっと寂しいです。

夏休み外遊びと花火と旅行

育休中なので、上の子も保育園を休んで一緒に夏休みを過ごしました。

近場ですが泊まりで旅行にも行きました。

8月は仕事復帰に向けて体力づくりのため、赤子を抱っこして歩き回りました。

勝手にライザップで母ちゃんムキムキ計画

仕事復帰まで最後の1か月

9月から仕事かと思うと、毎日ゆうつな気分で過ごすのかと思いきや、慌ただしすぎて、わー、旅行がー、結婚式がー、保育園の準備がーと言っている間に8月が終わってしまいました。

余韻ゼロ

育休、完

さよらな、セミリタイア気分

9月の支出まとめ(仕事に復帰)

食費 20,075円
日用品 23,218円
趣味・娯楽 1,220円
交際費 0円
交通費 14,620円
衣服・美容 27,700円
教養・教育 1,608円
特別な支出 0円
現金 0円
通信費 2,308円
住宅 0円
旅行 0円
(保険・税金・医療費・保育料を除く)

合計 90,749円(妻の生活費と育児用品)

9月は、仕事に復帰したので、1か月の支出を8万円9千円旅行費の積み立て2万円5千円合計11万4千円ぐらいを目安にしています。

連続で予算オーバー、赤字です。

仕事の靴がボロボロだったので、買い替えました。仕事の必要経費ってことで。

9月は第2週から仕事復帰しましたが、赤子が感染症に罹って仕事を休んだり、早退したり、バタバタでした。

仕事に復帰することで増えた支出は、まださほどではない、少ない感じです。

支出が増えるのは10月からかな?と思います。

子と母の健康>>>仕事>生活>家計管理、投資、その他

今はこんな気持ちです、支出は緩くても健康第一で生き残りたいと思います。