みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、わくわく英語を学んで、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

バチェラー・ジャパンでストレス発散、女子大生の頃、極小バチェラーから勝手にフラれた話

f:id:mitove2:20180720105131j:plain

バチェラー・ジャパン シーズン2をアマゾンプライムで見ました。

Amazonプライム・ビデオより独占配信中の「バチェラー・ジャパン」特集ページ

何気なく見始めたのに、はまってしまって最後まで見続けました。

恋愛力ゼロなのに、こんなに楽しめるとは驚きです。

バブリーなデートやバチェラーの王子様っぷりが、現実逃避にもってこいです。

豪華な設定が私の庶民な暮らしとはかけ離れすぎていて、日常の悩みやストレスが発散できます。

女性人のケンカや、あんな人たちと共同生活するストレスに比べれば、私の悩みなんて些細なことだわ。

バチェラー・ジャパン シーズン2の王子

全世界で大人気のリアリティ・ショー。一人の完璧な独身男性を20名の女性が奪い合う「婚活サバイバル

『バチェラー・ジャパン』新シーズンとなるシーズン2のバチェラーは小柳津 林太郎 (おやいづ りんたろう)さんです、

1981年 京都府生まれ。6歳から14歳までニューヨークで過ごす。慶応大学経済学部卒

2006年 IT企業 入社

2008年 子会社を立ち上げ、代表取締役就任

2012年 米国子会社立ち上げ

2015年より 本社にてエンターテイメント事業の本部長を務める

サイバーエージェントの幹部らしいです、年収2000万円+手当が数千万円?、もっと?

現代の王子様を目撃できる

バチェラーは35歳にしてイケメン、高収入、将来性無限大の男性。

しかも誠実そう、頭良さそう、でも少年のようなギャップもあります。

まさに婚活女子たちのシンデレラストーリーにふさわしい現代の王子様です。 

ちょくちょく入るインタビューで、本人が語る、内面の表現の仕方が上手です。

真摯に、恋愛の考え方、女性に感じた事を語ってくれます。

シナリオがありそうですが、演技は素人なので、ほぼ素のはず?

恋愛の強者の思考回路が見える

パーティーやデートなどのイベントの合間、合間に、バチェラーや女性人が「その時どう思ったか」「どうしてあんな行動をしたか」本人たちの短いインタビューが入ります。

このインタビューで、恋愛力がフルパワーの人たちの思考回路や超ポジティブ姿勢を観察できます。

女性人はケンカしても、デートに誘われなくても、好きな男(バチェラー)が他の女とイチャついても「一番、バチェラーを愛して、愛されてるのはこの私」と鉄壁のハートで戦います。

回を追うごとに女性人が絞られ、女性人の本気度も増して行く中で、不安や嫉妬と言った負の感情も渦巻きます。

あきんこさんの感想も面白いです。

お金も地位も手に入れた「バチェラー」は、人間の嫉妬・妬み・悲しみ・喜びなどの感情が表現された作品。恋愛だけでなく仕事にも役立つ3つの学び! | あきんこの人生を楽しく過ごすためのお金ブログ

極小バチェラーから勝手にフラれた話

バチェラー・ジャパンを見て、些細な出来事ですが、大学の頃、極小バチェラーに他の女の子と比べられた事を思い出しました。

大学の頃、3つ隣の研究室の先輩が、ある日、海外留学から戻ってきました。

その先輩は自分の帰国パーティーを自ら主宰して、15人ほど女の子を集めて飲み会をしました。

男1人と女の子15人って、すごい飲み会だなと思っていたら、その先輩は「これから色々な女の子と会ってみて彼女を作りたい、この場の全員とデートしたい」と直球で宣言しました

この先輩は極小バチェラーをやるつもりなんですね、しかも勝手に(笑)

「勝手に集めて全員とデートなんてふざけている」と怒った子もいましたが、私は変わった人で面白そう、食事は奢ってくれるし(重要)、と、その先輩と食事に行きました。(大学の頃はお金がなくて、お腹が空いていました)

デートでは、先輩に好意はなかったですが、楽しんでもらおうと、飲み過ぎて失敗した話、バイトで冷凍庫に閉じ込められた話など、自分なりに面白話を披露しました。

私なりの面白話でしたが、先輩は分かりやすく「うわっ」と、どん引きした顔をしていました。

その全員デートから数か月してから、誰を選んだのかな?と思っていたら、先輩は、才色兼備で有名な女の子を略奪して彼女にしていました。

美人の彼女を連れている先輩を見て、驚いたことに、私はもやっとしました

気のない相手でも比べられて、優越をつけられ、落とされるのは、やっぱり嫌なもんなんですね。

これが、本当に好きな相手から他の女子と比べられて、優越をつけられたら、ものすごい辛いでしょう。

そう思うと、バチェラーの女性人たちの戦いに拍手です。

みなさんも、婚活サバイバルを観戦してみませんか?