みとべのできるかな

リーマンショックで冬眠するも復活。共働きでインデックス投資(株も)を続けてます。最近は子供たちの教育と自分のスキルアップに悩んでます。

米ドル外貨預金の8年間の利益は円定期預金と大差ない

8年前、2006年当時の為替では1ドルは119円でした。新生銀行の外貨預金に知識もないまま安易に申し込み、その後に1ドルが75円へ円高となり、まあすごい含み損になりました。

2016年で8年目の外貨預金

2016年の現在、1ドルは119円へ円安となりました。8年かけて円安から円高、また円安とサイクルがめぐって来たんですね。

現在の円換算した損益は元本からトータル11.1%(外貨定期の利率3年3%の上乗せを含む)です。1年間の利回りに換算すると1.37%になります。

8年間も長期に保有したので為替リスクを乗り越えられたようです。しかし、利益は円定期とさほど変わらない状況。

むしろ当時は円建ての定期預金が2%のものがあったので、円定期の方が利益がよかったことになります。

外国債券不要論

有名な経済評論家の山崎元さん曰く

「債券の期待リターンは、円貨・外貨どちらが高いともいえない微妙なもの」、個人は「外国債券はポートフォリオに組み入れなくてもいい」。

外貨預金の状況から感覚的にはなるほどと納得しています。

これからさらに円安に進むようなので、まだしばらくはドル外貨預金のままにしておく予定。