みとべのできるかな

インデックス投資(株も)やってます。

2018-06-01から1ヶ月間の記事一覧

【オンライン英会話】カランメソッドステージ3をクリア、お気に入りの講師を選ぶ

オンライン英会話をネイティブキャンプで4月末から初めた。カランメソッドに慣れてきたと思います。 カランメソッドステージ3をクリア 予習復習はしない 楽しくレッスンできるお気に入りの講師を選ぶ カランメソッドステージ3をクリア 5月の末から6月の末ま…

2018年7月11日申込開始 個人向けマネックス債(マネックスグループ株式会社保証付)は3年満期で利率0.58%

個人向けマネックス債(マネックスグループ株式会社保証付 マネックスファイナンス株式会社 2021年7月26日満期円建社債)が2018年7月11日10時から先着順で販売開始になります。 【予告】「個人向けマネックス債」を販売 | 最新情報 | マネックス証券 満期3年…

【外貨の米ドルから円への両替の方法】 SBI証券から住信SBIネット銀行へ外貨出金

【2022年6月更新】 外国株や海外ETFや米国株を米ドルで買いたい時は、円からドルに両替して、外貨決済に使います。 でもその反対、米ドルから円に両替して戻す時はどうするんだろう? SBI証券で海外ETFを売るとき、外国株式取引で利益確定すると、売った分だ…

新生銀行第6回期限前償還条項付無担保社債はクリスマスに早期償還されて欲しい

2018年の6月に株式会社新生銀行第6回期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)の利子が振り込まれました。 そう言えばこの社債は10年ものだけど、5年で終わる(早期償還)ことがお約束なので、2018年のクリスマスには現金になる予定です。 社債って何だっ…

【2018年の寄付】住信SBIネット銀行は手数料無料で寄付できる

去年の2017年は個別株や一般NISA口座の投資信託を売ったので利益がでました。利益の一部をどこかに寄付しようと思って寄付先を探してみました。昔、地元で進学支援をもらってたので、なんとなく少額でもいいからやってみようという感じです。 寄付先はどうし…

ラッキーバンクで返済遅延が発生してから1か月、分配金は0円、進捗なし

ソーシャルレンディング業者の一つであるラッキーバンクで出資した「第226号ローンファンド 東京都世田谷区×東京都中央区」で返済遅延が発生しました。 もしかしたら、貸し倒れ(デフォルト)になるかもしれません。(他のファンドも返済遅延してます) www.…

投資の本【お金は寝かせて増やしなさい】インデックス投資を長期で実践する心構えを学ぶ

インデックス投資を長年実践されている、水瀬ケンイチさんの著書「お金は寝かせて増やしなさい」(Kindle版)を読みました。 私は20代の頃から投資に興味があって、水瀬さんの投資ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)」を読…

【リーマン・ショックの体験】大暴落で投資から逃避、無職が辛い!!

10年以上前、20代の後半で初めて楽天証券で口座を開きました。 投資ブログから知識を得て、インデックス投資をやってみたいと、株式よりリスクが低いと思った債券クラスの投資信託、PRU海外債券マーケット・パフォーマーを手動で7万円ほど購入しました。…

へっぽこ20年の投資歴と現在の投資

【2024年4月更新】 新社会人のとき、超激務だけど給与はそこそこもらえて、お金を使う時間がなく、貯金が増えたので、20代から投資をかじり始めました。寄り道、回り道しながら40代半ばまできました。 リーマンショックで冬眠(現実逃避)しましたが、投資歴…

投資の本【世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました】普通の人が実践できる投資のコツがいっぱい

インデックス投資でも投資ブロガーとしても大先輩のNightWalker(ナイトウォーカー)さんが本を出版されました。 タイトルは 「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」、表紙は白地にイラストが描かれたシンプルなデザインで、投資本の「…

【住信SBIネット銀行】外貨積立の為替手数料は最安、円から米ドルへの両替をやってみる

【2022年6月更新】 2018年からSBI証券でETF(上場投資信託)の定期買付サービスがスタートして、売買の手間をかなり省くことができるようになりました。 ETFには東証に上場している国内ETFと、外国株式扱いの海外ETFの2種類があります。 海外ETFは日本円で…

証券口座の解約は電話したら直ぐに対応してくれる、電話口で解約が完了することもある

【2018年12月29日更新】 マイナンバーの証券口座への提出期限が3年、延長されました(経過措置期限の延長)。提出率が低いので、2022年1月1日まで提出期限を延長するから、出してね、ということです。詳しくは、平成31年度の税制改正のスライドを見てくださ…