みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

ママにも新発見あり【ヨチヨチ父】 子供は大人を変身させる

子供ができて育児マンガやコラムのブログを見るようになった。

よその家族の生活やイベントに、あるあると共感したり新鮮だったり楽しい。

本屋でおもしろい本はないかとウロウロしていると、「もうぬげない」や「りんごかもしれない」で有名な絵本作家のヨシタケシンスケさんのイラスト本があった。

 

その名は「ヨチヨチ父 とまどう日々」

育児系雑誌に連載していたイラストコラムで、パパが感じた育児と、パパの成長?をのほほんと書いている。

ママから見た育児マンガはたくさんあるけど、パパから見た育児の話は珍しかったので、買ってみた。

 

数日後に、牧場に遊びに行ったとき、夫と子供が小山にハイキングに行くのを見送って、日陰のベンチに座ってこの本をゆっくり読んだ。

個人のブログやエッセイが好きなのは、「こうあるべき」「これしなきゃダメ」というルールの押し付けが少なく、日常の出来事や、家族がそのまま思ったことを見れるところだ。

 

はじめのページで、パパは妻の出産シーンに気を遅れして、生まれたわが子の色白さとへその緒に、ちょっと驚いて引いてしまう。

パパの最初の仕事は「正直な感想を胸の奥にしまって、赤ちゃんがかわいいと言うこと」かもしれない、と書かれてこの本は始まる。ああ、なるほど。

 

いざ育児をすると、聞いてた事と違うあるあるとして、

「かわいい我が子の寝顔を見ると、疲れもすべて吹っ飛ぶ」と言われているが、実際はちょっと軽減される程度。

 

また、父になって視野が広まることについて。

父になって一番びっくりするのは「身近な人々の事情が想像以上にちがう」ということですよね。

 

自分のお気に入りは「44 人生のピーク」、内容は本を見てのお楽しみ。

 

うちの夫とタイプは違うけど、男の人はこんな風に思ったりするのかと、ママにも新しい発見や驚きがあると思う。イラストもあいかわらず素敵すぎる。こんなイラストが描けたらいいなー(無理)。

 

生まれたてほやほやの赤ちゃんを世話している睡眠不足のママがこの本を読むと、ちょっとイラッとするかもしれない(しかたない)。

でも、これからパパ・ママになる人や、子供がちょっと成長して、自分の時間が少しできて、やれやれと思ったパパ・ママは楽しめると思う。

 

子供は大人を変身させるすごい存在

自分は生きてきて、寝ても食べても遊んでも仕事しても投資しても結婚しても、まあそれなりに楽しいけど「幸せだ」と感じることがほぼなくて、なんでだろうと思っていた。こんな人生がつまらないなら、子孫を残す意味もないと思っていた。

 

だけど子供ができて、初めて「幸せだ」と思うことができた。DNAの本能のなせる業だと思うけど、こんな感覚になるとは思っていなかった。脳から出るホルモンの作用はすごい。

 

f:id:mitove2:20170802055530p:plain

 

赤ちゃんはいるだけで、親の感覚を変えて、何気ないちょっとの幸せでも(ずっと毎日幸せの人もいるとは思う)、つられてがんばって世話しちゃう人に、親を変身させる。

 

f:id:mitove2:20170802052412p:plain

本を読み終わる頃、ハイキングから帰ってきた子供が、牧場の広場をこちらに向かって元気に走ってくる。それだけで、ああ今日も幸せだな、と思う。