みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

1年の途中からつみたてNISAを始めたら上限の年間40万円を積み立てできる?

2017年の12月上旬に一般NISAから「つみたてNISA」に移行した。夫もつみたてNISAを始められるようにしようと思うが、師走で慌ただしく、まだ何もしてない。

ふと、来年の途中から「つみたてNISA」を始める人は、年間の40万円積み立てるられるのか、気になった。

  • 12月は忙しすぎてつみたてNISAの申し込みをする時間がない
  • つみたてNISAがスタートしてから数ヶ月後に、その様子を見て始めるかどうか考えたい
  • まだ一般NISAかつみたてNISAか迷っている(併用はできない)

そんな、来年の途中から参加する人もいるだろう。

まずは、年初の1月から積立を初めて最大の非課税枠の年間40万円を積み立てる方法のおさらい。

毎月、毎週、毎日積立コースの上限金額

SBI証券では年間の非課税枠40万円を超えないように、毎月、毎週、毎日の積立コースで、上限金額を設定している。

f:id:mitove2:20171212063717p:plain

SBI証券 積立コースの設定上限金額

毎月コースだと、12か月で合計の積み立て金額は39,9996円で、40万円に4円足りない。
つみたてNISAでは40万円を1円たりとも超えてはいけないので、上限金額で設定しても、ちょっとだけ、4円とか、年間40万円の積立に足らない。

でも数円なので、気にしない人のほうが多いと思う。

ぴったり年間40万円を積み立てる方法

つみたてNISAで年間最大40万円を積み立てるには、ボーナス月の増額設定と、NISA枠ぎりぎり注文を使う。

投資信託の積立を設定する画面の、取引パスワードの上のところにボーナス月は積立金額を増やす設定ができる。これはつみたてNISAでも使える予定とSBI証券に確認した。

f:id:mitove2:20171212064906p:plain

SBI証券 ボーナス月コース

例えば、毎月積立コースで3万2-3千円を設定すると、年間40万円まで残り数千円である。ボーナス月を1万円ぐらいで適当に増額して、次はNISA枠ぎりぎり注文設定を行う。

f:id:mitove2:20171201063330p:plain

SBI証券 NISA枠ぎりぎり注文

これで、年間の積立額の上限である40万円ピッタリ使うことができる。「毎月、同じ金額を積み立てる」という話しからちょっと外れるが、数千円なので大目にみてほしい。

1年の途中からつみたてNISAを始める

1年の途中から「つみたてNISA」を始める時に上限の40万円を積み立てできるか?について

  • 積立金額の設定をMAXの上限にする。(毎月コースなら33,333円)
  • 毎月積立を12月まで行っても、40万円に満たない金額以上をボーナス月に増額して設定する。例えば、3月に開始したら、1月、2月の2ヶ月分が足らないので、7万円ぐらいをボーナス月に増やして設定する。
  • NISA枠ぎりぎり注文をする

これで、1年の途中からつみたてNISAを始めても40万円積立られるはず。でもSBI証券が正式なつみたてNISAの設定画面をリリースする前なので、まだ、確実にできるかわからない。
ボーナス月設定にも上限金額があるかもしれないし、投資信託によってはボーナス月設定ができないかもしれない。

つみたてNISAの設定受付は12月17日(日)からスタートなので、そのうち答えはわかるはず。
途中からでも上限の40万円積立られるといいなー#

2018年1月6日の追記:リリースされたつみたてNISAの設定では、ボーナス月設定は40万円未満ならどんな金額でも設定することができて、かつ、年2回のボーナス月設定ができる。

なので、始めた月から3万円ぐらいを毎月積立して、残りをボーナス月設定にする。または、毎月積立を100円とかの少額にして、ボーナス月にまとめた金額で投資信託を買うこともできる。

新しくリリースされたつみたてNISAの設定画面はこちら↓

www.mitove2.com

つみたてNISAの積立投資とはちょっとはずれるけど、40万円を一括投資してみた記事はこちら↓

www.mitove2.com

毎月、完全に同じ金額を積み立てることにはならないが、その年の途中からつみたてNISAを始めても、年間上限の40万円を使い切ることはできる、よかった。