みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

【初めての投資②】投資未経験者の夫に証券口座を初めて開設する

2018年から始まったつみたてNISA、夫にも始めて欲しいので、「つみたてNISA早わかりガイドブック」と「庶民のためのズボラ投資」の本を渡して少し説明した。

  • 今年から金融庁が推す「つみたてNISA」が始まる
  • 世界分散&長期に投資信託を積立て資産形成をする
  • 運用益は夫が通勤に使う車の購入用(本人がやる気を出すため)
  • 年間40万円の費用は、世帯の貯金口座から入金(夫に負担はない)

のんびりスマフォでゲームをしていた夫は、特に反対せず、「はあ‥」という感じで資料は後で見る、と横に置かれる。

f:id:mitove2:20180112054803p:plain

スマフォで音ゲー

去年、夫は会社でiDeCoの説明を受けたので、それと似ていると思ったのかもしれない。

それにしても、どんだけ興味ないねん。これが過半数の「投資に興味ない or 怖そうだからしない」派か。

証券口座の開設とつみたてNISAの申し込みを同時にする

「つみたてNISA」のために、夫の初めての証券口座を開設する、なぜか緊張。

自分のメインはSBI証券、だけど楽天スーパーポイントで投資信託が買える楽天証券も魅力的、ああ、マネックス証券もいいかも。

資産を分散するために、あえてSBI証券とは違うところにするのはどうか?、夫は楽天証券にしようかな?と迷った。でも、結局は「SBI銀行&SBI証券を夫婦でそろえて管理がしやすいように」という理由で、夫のつみたてNISAもSBI証券にした。

SBI証券ホーム画面の右上にある「NISAつみたてNISA」をクリックして、赤いボタン「つみたてNISAに申し込む」の下にある「証券口座をお持ちでない方はこちら」のリンクを開く。

f:id:mitove2:20180112051600p:plain

SBI証券 つみたてNISAと証券口座の開設を同時に申し込む

口座開設に必要な個人情報書類をWeb、Eメール、郵送で提出できる。
早くて簡単なのはWebでの申し込み。顔写真付きのマイナンバー個人番号カードがあれば、それだけで口座開設できる。
しかし、個人番号カードは持っていない。なので、Webで通知カードと運転免許書で口座開設をした。

f:id:mitove2:20180112051547p:plain

SBI証券 口座開設のための個人情報書類を提出

マイナンバー通知カード:今の家に引っ越したので、通知カードの裏に住所変更が赤字で書かれている。アップロードできる画像は1つで、裏面が必要かどうかわからなかった。念のために、表裏の両面を1つの画像にしてアップロード。

運転免許書はもとから裏と表を別々にアップロードするようになっている。裏には住所変更が赤字で書かれている。

氏名、生年月日、電話番号、Eメールアドレス、住所、居住地国、特定口座(源泉徴収ありで開設)、つみたてNISAを申込む、SBI銀行の口座を開設するかのチェック(夫はすでに開設済み)をする。口座開設の流れ↓

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

個人情報管理などの文章をWebで確認した後、SBI証券が自動で設定する初期IDと初期ログインパスワードの画面がでるので、必ず保存する。

Webで口座開設を申し込むと、口座開設が完了し、初期IDと初期ログインパスワードの画面がでるまで15分程度の作業だった

Webで口座開設が完了した後

登録したEメールアドレスに、口座開設完了のお知らせと、IDやパスワードなどの情報が含まれた書類が「転送不可の本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」で1、2日で届く」とお知らせがきた。

また、このメールに初回ログインのリンクがあって、SBI証券にログインすると、取引に必要な職業、年収、投資歴などの入力ができる。 ログインできるが、まったく取引はできない。

f:id:mitove2:20180112051543p:plain

SBI証券 口座開設完了とNISAの申し込み書類が届く

「転送不可の本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」が登録した住所に届くので、Webで書類提出が終わっている場合は、SBI証券から書類を受け取れば、当日から取引が始められる。

つみたてNISAの申し込みと設定は、この書類が届いてから始めることができる。
夫のつみたてNISAデビュー間近。