みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

大学で奨学金とスロットとドーナッツに助けられた

奨学金(借金)は借り過ぎるな

祖父が貧乏で親が質素だったが大学に行くことになった。

子供の金銭感覚が心配になって、自分の貧乏体験を思い出した - みとべのできるかな

将来、食いっぱぐれないように理系の資格職を目指したので、遠方の大学で一人暮らしが決まった。

親は学費は何とか出してくれたが、生活費は滞りがちだった。地元の進学補助(質素家庭に月5千円くれる)はありがたかった。

 

大学入学時に「奨学金申し込もうと思う」と親に言うと、「お金借りるのはいかん」と反対され、自分はよくわからないので「そうか、ふーん」とあっさりあきらめた。

親はたぶん、奨学金には詳しくないが、祖父の件で何か金銭トラブルがあったらしく、「他所からお金を借りる」ことをとても恐れていた。

じいちゃん‥

 

生活費が足りないのでバイトを掛け持ちする。サークルにも入ったので、大学の前半はバイトとサークルの記憶しかない。

サークルの卒業生が「奨学金は毎月もらっても極力使わず、卒業する時にそのまま突っ返してやったわ」と自慢しており、やっぱり自分はよくわからないので「もらったら使えばいいやん」と思った。

 

そんな感じで「奨学金は借り過ぎるな」という最低限のメッセージは伝わり、バイトで何とか食いつないだ。アパート、というか間借りの部屋も最安値で10,000円/月の所を見つけたり、地方だったので生活費を抑えることができた。

 

ギャンブル依存に頭の良し悪しは関係ない

サークルで「お金ない、お腹減った」とよく言っていたので、バイトをたまに紹介された。

ある日、先輩から「朝、1、2時間並んで5千円」というパチンコ&パチスロ屋の開店行列に並ぶバイトを頼まれた。

新装開店とかイベント日の開店時間には客寄せとして「勝てる確率が高い」台が出るらしく、先輩は開店を掛け持ちするか、朝まで飲み会かで、代わりに開店の行列に並ぶ役を頼まれた。

先輩が開店時間に間に合わない日は、代わりにスロット台に座って回しながら待つ。台の選び方は色々教えてくれたが、もう忘れた。

先輩は数万円勝つ日もあれば、全く当たらず早々に諦める日もあった。勝てない日は、意外と諦めるのが早かった。

勉強も行動も適当なように見えて、その辺はしっかりしていた。

反対に、頭も成績も良かった別の先輩は、パチスロに入り浸るようになった。一心不乱に毎日スロットを追っていた。

f:id:mitove2:20171103074311j:plain

スロット

ギャンブルには依存性がある。嵌るか、嵌らないかは、頭の良し悪しに関係なく、何かそういう「嵌りやすいタイプ」があるらしい。

自分は嵌りやすいタイプじゃないが、将来はどうかわからない、依存症は他人事じゃない。

回るスロットを見ながらそう思った。

 

ドーナッツありがとう

「お金ない、お腹減った」と言っていたら、友達がバイト先のミスドからドーナツを箱でよく持ち帰ってくれた。

10年以上前だし地方だから管理がゆるいのか、売れ残りは持ち帰り自由だった。ポンデリングはまだない。

ひき肉のパイやソーセッジ巻いたやつ、オールドファッションにとてもお世話になった。友よありがとう。

バイトの持ち帰り品や食料を持ち寄って鍋にしたり、お腹が空いたらみんな友達である。

 

バイトと無料の食べ物と助け合いで何とか大学2年まで生活していたが、学年が上がると忙しくなり、バイトの時間が少なくなった。

いよいよ親に「飢えるか、退学するか」という話をしたら、さすがに奨学金を申し込むことになった。成績は良くなかったので、もちろん有利子の奨学金である。

大学の後半だけもらって、使わない月もあったので、返済額は抑えることができた。

 

奨学金は借りすぎ注意