みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、わくわく英語を学んで、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

生活防衛資金の預け先は、昔のメインバンクのあの銀行

5月は自分の投資方針を整理して、生活防衛資金を決めなおした。

www.mitove2.com

投資はSBI証券とSBI銀行がメインなので、投資資金もハイブリッド預金に置いている。

でも投資口座に生活防衛資金を置いていると、うっかり投資に使いそうだし、投資の損益の集計からも除外したい

生活防衛資金の預け先はどこがいいか?

生活防衛資金は投資で損失が出た時の精神安定剤の役目に加えて、入院や失業、自然災害なども生活の安全のための資金でもある。

いざという時に駆け込めない、リアルの店舗がないネット専用銀行は、生活防衛資金の預け先には相応しくないと思う。

地元の給与口座の地方銀行は、大きなお金が置いてあると支出や入金がよくわからなくなるので、やはり生活防衛資金の預け先には相応しくないと思う。

  • 投資口座と連携していない=簡単に投資に使えない
  • ネット専用銀行でない=リアルに店舗があって、ネットがなくてもアクセスできる
  • 給与口座の地方銀行でない=日常の収入と支出の管理に邪魔にならない

この3つを考えたら、地方銀行の貯蓄口座を新しく作るゆうちょ銀行新生銀行に候補がしぼられた。

地方銀行の貯蓄口座は、保管にはいいけど、いざ資金を他に移動するとき、不便。

ゆうちょ銀行は、今はほとんど使っていないので休眠口座になっている。いざって時に使い慣れていないと不安。

新生銀行はリアルの店舗に行ったこともある。セブンイレブンで引き出せる。資金移動も簡単にできる。

そんなふうに考えて、生活防衛資金は新生銀行の口座に預けることにした。

ただし、給与口座には、すぐ何かあった時に使えるように、いつも100万ぐらいはキープしているので、新生銀行には700万円を生活防衛資金として預けることにした。

新生銀行との付き合いは10年以上

初めて外貨定期預金や劣後債を買ったのが新生銀行。債券を買うときは連携している新生証券も開設する。

銀行にしては勧誘が多く仕組み預金など複雑な商品も取り扱っているので、わからない商品には手を出さないほうがいい

顧客への対応も預金額により差があるので、地元の地方銀行しか使ったことがない人は、銀行としての方針が違うので、ちょっと注意したほうがいい。

新生銀行から日中に電話が来ることもある。「日中の電話不可」と希望することもできるようなので、今度、言ってみようと思う。

新生銀行ステップアッププログラム

低い方からスタンダード、ゴールド、プラチナの3ランクあって、条件は時々かわる。

ステージの条件とは? - 新生ステップアッププログラム | 新生銀行

新生銀行はセブンイレブンで24時間、365日、ATMの手数料が無料だった。

しかし、2018年10月7日から改定され、新生スタンダードだけ有料になる、1回の引出で手数料が108円

f:id:mitove2:20180524091948p:plain

新生ステップアッププログラムの一部サービス改定のお知らせ | 新生銀行

日本円で預金額が200万円以上なら新生ゴールドなので、ATMの出金手数料は無料のままになる。他にも新生ゴールドの条件はたくさんある。

個人的に、新生銀行はアメとムチを上手に使って、商品への勧誘も積極的に行っている銀行というイメージなので、必要のないものは断り、あまり受け身でいないほうがいい。