みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

一般NISA&つみたてNISAで保有している投資信託は定期売却サービスの対象外

投資信託の定期売却サービス

SBI証券では金額で買い付けた投資信託の定期売却サービスがある。例えば、毎月一定額の投資信託を自動で売却して現金化すると、年金のように受け取れて、かつ、受取の評価額を平均化できる。

f:id:mitove2:20171205050138p:plain

SBI証券 投資信託 定期売却サービス

もちろん一度に全ての投資信託を売ったり、手動で数回にわけて売ることはできるが、「売る時の基準価格が高いのか低いのか悩まなくていい(タイミングに悩まない)」「定期的に自動で現金化して年金のように受け取れる」と、積み立てる時と反対の、売るときのドルコスト平均法となる。

将来、積み立てた投資信託の出口戦略、売り方として、この定期売却サービスが気になっていた。一般NISAで保有している投資信託を定期売却してみようとした。

しかし、解約→定期売却の画面で、課税口座で積立している投資信託は表示されるが、一般NISA口座で保有している投資信託は表示されない。

まさか、これは‥と思って、SBI証券に問い合わせた。

回答

誠に恐れ入りますが、投資信託定期売却サービスは、NISA口座やつみたてNISA口座で買い付けたNISA預り銘柄は対象外となります。何卒ご了承ください。

 

理由はわからないが、一般NISA&つみたてNISAは運用期間が決まっているためなのか?、定期売却サービスの対象外との回答だった。

仮に55歳でつみたてNISAで買った投資信託は、20年間運用されて75歳には課税口座に移管される。課税口座なら定期売却はできる。

しかし、75歳まで資産運用をしているか?というと、年も年なので75歳になる前に投資信託を売って現金化したいと思う可能性も大きい。

そして、頭もよぼよぼしてくるかもしれないので、自動で現金化してくれる定期売却サービスはいいなと思っていた。

運用期間が長いつみたてNISAだからそこ、定期売却サービスの対象にしてほしい、今後の対応をすごくお願いしたい。

f:id:mitove2:20171205045720p:plain

投資信託の定期売却の特徴

一般NISA口座の投資信託を数回に分けて売却

しかたがないので、210万ぐらいある世界経済インデックスファンドは50万円ずつ数日置きに手動で売ることにした。日経平均のインデックスファンドも売る予定。一般NISA口座には外国債券クラスのみ残すことになる。

f:id:mitove2:20171205050134p:plain

20171204 NISA口座での保有と評価額

2014年から2017年の4年間、NISAを使ってみた。運用期間が5年なのは悩みのタネだが、バランスファンドやクラス別のインデックスファンドの積み立て、個別株の売買など、やってみて本当にいい経験になった。

投資は自分のリスクの許容範囲で、実際にやってみて初めて、その実体がわかる。