みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

非生産的で役に立たなくても、興味があればやってみればいいじゃない

f:id:mitove2:20180427161801j:plain

高校生のころ「高校を卒業したら働く」と言ったら、「高卒では後々たいへん、大学に行け」と親から真剣に言われた。今から思えばほんとに親は偉い。

けっこう驚いた、親戚のいとこ達はみんな地元の工場とか会社に高卒で働いていた。

実家は質素(ようするに貧乏)で、「かなりがんばって稼がないと、食べていけないぞ、路頭に迷うぞ」という現実をダイレクトに肌身で感じていた。

共働きで親が学費を貯めてくれたおかげで、大学に行くことになり「取得が難しくて、ホルダーの人数が少ない、需要がある資格が取れる」「仕事に使える技術を学べる」という、稼ぐための基準で理系の学部の大学を選んだ。

「稼ぐため」以外の選択肢は。まったく思い浮かばなかった。

いかに生産的であるか、役に立ちそうか、稼ぐためのルールに乗っかって大学に行き、仕事もやってきた。

非生産的でも興味があればやってみる

役に立つ=稼げるお金になる、というルールは大切だ。

おかげでなんとか、30代後半、生活に困ることなく、家族を養えて、貯金もそこそこ増えた。

だけど、役に立つ(と自分が判断した)、生産的なものだけやっていると、どうしても窮屈になる。

興味はあるけど、自分にとって生産的でないものは、イラスト、文章、語学、ゲームだ。

自分にとって生産的でない、というのは、生活できるレベルの稼ぎにするには自分の気構え(根性?)や才能が足りない、という意味になる。

子どもの頃は、ストリートファイターⅡとか虫取りとか工作とか、役に立たないことのほうが楽しかった。

大人になって小銭を稼いだ今だから、稼ぐという意味で役に立たないかもしれない、非生産的なことでも、自分が興味があるならやってみたい。

失敗したって、途中で止めたって、なんの役に立たなくても、興味があるなら、やってみればいいじゃないか。