みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

新生銀行からの着信にひるまず、個人向け国債へチェンジ

新生銀行のハッピーバースデー3ヶ月定期預金がめでたく満期になった。

満期前には新生銀行からたくさんの着信があった。

ああそうだ、忘れてたけど満期には着信攻撃ががあるんだった、ああ嫌だ。

 

f:id:mitove2:20170912064144p:plain

 

定期預金から低リスクの国債にチェンジ

低リスク資産と言えば個人向け国債(変動10年)。

利率は定期預金より低い時もあるけど、個人向け国債(変動10年)には、買った金額にあわせて現金のプレゼントキャンペーンがある。

この現金は、財務省が銀行や証券会社(金融機関)に支払う「個人向け国債手数料」を、銀行や証券会社が財務省から受け取った後、国債を買う個人に向けてプレゼントしているものになる。

2017年の春から、この財務省からの手数料が減ったので、個人にプレゼントされる現金も減った。

だけど、まとまった資金で国債を買うと、1000万円あたり4万円の現金がキャッシュバックされる。1年経過すると解約もできる。

ここ数年は、SMBC日興証券、大和証券で国債(変動10年)を申し込んでいる。

野村証券はキャンペーンがあったりなかったりする。

 

毎月購入できるけど、例えば10月の国債は、9月の末までに銀行や証券会社に資金を振り込んで申し込まないといけない。

あまり金額が大きくない時はネット証券で国債を購入してもいい。

低リスク商品として、まとまった資金を投げ込む先には個人向け国債はちょうどいいい。