みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

後ろめたい結婚観を、みんな同じでしょ?で、ごまかしている場合じゃない

ネットで見かける結婚観、とくに専業主婦願望にもやっとしたので書いてみた。

 

結婚観~幸せになりたい、お金持ちになりたい、高スペックの夫を持ってセレブになりたい、仕事から逃げたい、いろんな結婚観をみかける

それは女子にとって、リアルから3段跳びをかまして、理想や夢の世界へ瞬間移動できる強力な魔法が結婚だからだと思っている。

 

リアルの管理職よりも高スペックの夫の妻という役職の方が大人気なのである。

ayanie.hateblo.jp

 

人はそれぞれの思いがあって、多様性こそが大切だと思っているので、他人がどんな結婚観を持ってもいいと思う。

「仕事を辞めるために結婚したい」という気持ちに「それは逃げだからダメ」という反論や、「結婚で相手のステータスに乗っかりたい」という気持ちに「それは自立してない(他力本願)からダメ」などの反論は意味がない。

なぜなら、反論する人は、相手のことを一生懸命に助けたいわけではなく、反論する理由は「自分の正しいと思っている考えと違って気に食わないから」という、ほぼ自分のポジショントークの意見だからだ。親ぐらいは例外になることもあるかもしれない。

 

ようするに親切心から他人に反論する人はほとんどいない。

自分を本当に幸せにできる方法を真剣に考えられるのは、自分しかいない。

もやっとするのは、「逃げたい」とか「相手のステータスに乗っかりたい」という、ちょっと公言しにくい理由の「結婚観」を持っているので、その結婚観が、世間のほとんどの女子に当てはまると説明して、自分のうしろめたさをごまかそうとしているところだ。

f:id:mitove2:20170519050530p:plain

 

経済的余裕のある専業主婦(夫)=つまり、仕事をリタイアした自由人、なので、これから結婚を考える20-30代の女子に限らず、老若男女憧れるに決まっている。仕事のプレッシャーや人間関係のストレスが嫌なのは正常なメンタルだ、高学歴かどうかは関係ない。それを女子の結婚観の本音だと、ごまかしてどうする。

www.kyodo.co.jp

 

だけど、高スペック(高ステータスと高収入)を持つ男(女も)はもちろん少数派なので、貧乏生活の専業主婦よりは、共働きしたがほうがましな生活ができるという、リアルなお金の算段が、「専業主婦を希望しない」という回答に含まれていると思う。

専業主婦世帯の収入二極化と貧困問題 - JILPT)

 

理想のイメージを予測すると「高スペックの夫を持って専業主婦になる」「さらに、WebやSNS、趣味で承認欲求を満たす、できれば自分がやりたい好きな事だけで稼ぐ(お金には困っていないので稼げなくてもいい)」だろうか。承認欲求があるのは当たり前で、子育てをいくらがんばっても「社会的に認められた」と感じにくいので仕方ない。

 

f:id:mitove2:20170519050103p:plain

その結婚観が自分を最大に幸せにする方法だと思っているなら、「これが皆の本音なんでしょ~」と、小賢しいごまかしは要らないと思う。そんなことでごまかしていたら、高スペックな男は捕まえられない。

仕事上、高スペックな男はまわりにかなりいるが、「結婚して専業主婦になって夫のステータスに乗っかりセレブになりたい」と思っている女と結婚したがっているようには思えない。結婚相手のスペックが頼みの綱になるのなら、したたかに作戦を練って早めに全力で戦う必要がある、かもしれない。この辺はやったことがないのでわからない。

とくに作戦もなく高スペックの夫をゲットできた人はおめでとう。

 

そんなふうに戦う高度な能力がない自分は、最後の最後に自分を幸せにできるのは自分だとシンプルに考えている。相手のスペックが頼みの綱になってしまったら、それは自分の幸せの運命が、結局は自分でコントロールできない相手の綱につながれることになるからだ。