みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

個人年金その2、iDeCoの手数料はゼロじゃないし専業主婦にはおススメしない

2017年から誰でも加入できるようなったiDeCo(個人型確定拠出年金)。

だけど実際には、仕事の収入が続くか?、60歳までに使うお金の準備はできているか?、など、いくつかポイントがあり、誰でも入ればいいと言うわけじゃない。

 

特に、女子は結婚・出産・子育てなど、仕事と両立できるかどうか難しいイベントがたくさんあるので、60歳まで仕事をして収入が続くのか不安になる。

そこで、来年は無収入かもしれない自分や、専業主婦や、103万円以下の所得税がかからない人など、所得税の控除メリットがほとんどないかもしれない人に、iDeCoがお得かどうか考えてみた。

 

SBI証券でiDeCoの手数料を見てみる

iDeCoの運営管理手数料が無料になったSBI証券。

だけど、iDeCoは手数料ゼロじゃないから、これ大事。

f:id:mitove2:20170528075337p:plain

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

 

国民年金基金連合会:103円と、事務委託先金融機関:64円。

iDeCoにお金を入れて貯める、つまり加入者が掛け金を抽出している時には、月あたり167円、1年で2004円の手数料を払う。

iDeCoには新しくお金を入れないけど、それまでiDeCoに入れて貯めたお金を管理・運用する人、つまり運用指図者(へんな言葉)の時は、月あたり64円、1年で768円の手数料を払う。

手数料に消費税が含まれるから、将来的には値上げするかもしれない。

 

SBI証券と同じく運営管理手数料がゼロな楽天証券も、同じ手数料を払う。 

手数料 | 個人型確定拠出年金(iDeCo) | 楽天証券

 

細かい話は置いといて、iDeCoに加入したら、上記のような手数料は、iDeCoに貯めたお金を60歳すぎて受け取るまで毎年、ずっと払い続ける。

ちなみに、60歳すぎて受け取る時には1回あたり432円の手数料が発生する。

 

iDeCoの3つのメリット(60歳まで10年以上ある20-40代)

  1. 収入がある人は所得税・住民税が節税できる(すごいメリット)
    年間収入が550万円の会社員が毎月23,000円を積立する場合、iDeCoに入れたお金(掛け金)の全てが所得から控除されるので年間55,200円の節税(所得税・住民税あわせて)、20年で1,104,000円の節税になる(これはすごいこと)

  2. iDeCo口座の利息や運用益は税金がかからない(非課税)
    掛け金を運用して利益がでた場合、所得税(20.135%)を控除。

  3. 60歳すぎて受け取りの時にかかる税金が安くなる
    年金として定期的に受け取る時は、公的年金等控除、一括で受け取る時は、退職所得控除が使える。

(50代は運用期間が短く、60歳では受け取れないので、分けて考える)

みずほ銀行 : 個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)とは

 

会社員などの収入がある人は年間数千円の手数料よりも①の所得控除のメリットがとても大きいから、すごいお得。

 

反対に、収入がない専業主婦や103万円以下の所得税がかからない人は①のメリットがない、iDeCoに入るメリットはになる。

つまり、非課税の投資枠を使って、損をしないで運用利益をだして、60歳まで長期運用する投資スタイルをもっている人しか、メリットはない。

 

収入なしor103万円以下の人がiDeCoに入った方がいいのか?3つのポイント

  1. 60歳までの大きな支出、例えば自宅、教育資金、車などの貯金が準備できてるか?
  2. 夫の企業型の確定抽出年金(DC)、個人型の確定抽出年金(iDeCo)、NISA(少額投資非課税制度)枠を全て使っているか?
  3. 妻のNISA枠を全て使って、かつ、運用益がちょっと出るぐらいに、投資に慣れているか?

この3つにすべて「はい」なら、専業主婦でも103万以下の収入でもiDeCoに入るメリットはあると思う。

 

f:id:mitove2:20170529045015p:plain

つまり住宅ローン返済のめどがついて、けっこう貯金があり、夫の確定抽出年金(DCとiDeCo)とNISA、自分のNISAを全て使って、投資に慣れていて、資産運用の非課税枠が自分のiDeCoしか残っていないので、しかたないからiDeCoに入る専業主婦。

間違いなく鬼レベル。

 

つまり、ふつうの専業主婦や103万円以下で働いている人はiDeCoに入らない方がいい。

投資に興味があるならNISA(少額投資非課税制度)を調べて、やってみよう。インデックスファンドの積立が、初めはおススメ。

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

 

収入が続くのか不安な人

これからも働き続けるか、先がわからずに不安な自分。未来なんて誰にもわからない。でも、あらためて考えると、仮に来年退職しても、自分はそのうちどっかに再就職するような気がする。しないかもしれないけど。

それに長期の資産運用は自分のスタイルとピッタリあっている。

だから、今は収入があるんだし、自分はiDeCoに入ったほうがいいんだ。

ちょっとすっきりした。

 

追記:妻が自分名義の年金を積み立てるメリット

専業主婦も「自分名義の年金を積み立てたい」という思いがある場合は、夫のことは脇に置いておこう。

世帯としてDCによる所得控除やNISAの非課税枠のメリットを最大まで利用する、という話しとは別と考えて、自分の名義であるということが大切だからだ。