みとべのできるかな

自分と家族を大事にしつつ、そこそこ仕事しながら、たまにもやっとして、あまった時間で貯金と投資するブログ

個人年金の初めの一歩、iDeCoの宝箱で夢を貯めよう

我が家はギリギリ30代のアラフォー夫婦で、夫は正社員だが退職金がほとんどない。

今の会社で定年まで勤めるはずなので、個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入してほしいと思っていた。

2017年から制度が変わったせいか、夫の会社でも企業型の確定拠出年金(DC)の説明会があったらしい。

 

30代の会社員にiDeCoは宝箱

f:id:mitove2:20170527191700p:plain

 

国民年金基金連合会のサイトに、マンガでわかるイデコガイドがある。

www.ideco-guide.jp

 

自分と投資系ブログではだいぶ前から流行っているiDeCoだけど、知っている人は10人のうち2人ぐらい。

みんな「iDeCo」ほとんど知らない、もったいない。

f:id:mitove2:20170527073823p:plain

宝箱に貯めるお金も、自分で運用して増えたお金も、60歳すぎて取り出すお金も、ほとんどが税金がかからない。貯めたお金を使えるのは60歳すぎてからだけど、60歳まで待てば、合法的に税金を払わなくていいですよと国が言っている。

60歳なんて、まだまだ遊んでお金いるし、どうせ老後の蓄えは必要だから、銀行に貯めるぐらいなら、iDeCoで貯めようよ。

という自分のイメージ。

ただし、今の生活でカツカツで、全く余裕がない家庭は、家計の見直しが先になる。

iDeCoに貯めたお金は60歳、制度が変われば65歳とかに延長されるかもしれないので、その年になるまでに使う予定のお金、例えば教育資金とか、はiDeCoに入れないで手元に残しておこう。

 

そのうち無収入になるかもしれない自分はどうか?

夫のようにずっと働くと思う会社員はメリットだらけ。

だけど、自分はそのうち仕事クビ(泣)になって、無収入になるかもしれないし、転職もあるだろうし、そんな長生きしないと思うし(不吉)、そんな後ろ向きな自分にはiDeCoに入るメリットがあるのか?。

収入がないと、所得からの節税のメリットがなくなってしまうのだ。

たまに思い出しては悩むけど、手続きもめんどくさいし、iDeCoには入っていなかった。

そんな時、いつも参考にしているNightWalkerさんのブログで、女性iDeCo専用サイトオープンのお知らせが来た。

 

nightwalker.cocolog-nifty.com

 

なんかiDeCoに呼ばれてる気がする。

iDeCoの宝箱で夢を貯めて、老後不安なんて丸めてポイッと捨てられるように、イデコ加入にむけて発進ゴー!!